« 1.15の晩ご飯 | トップページ | 1.16の晩ご飯 »

2004/01/16

「激スポ!」 石川選手

年末に足首を捻挫したののリハビリが順調なのが見れて、なんとなく安心。全治四週間の捻挫というのはやはり結構シリアスな怪我だったわけで。憂太もがんばってるね。よしよし。
「ラグーナ蒲郡」というリゾート施設、これ名前は知ってたけどよさそうなところでしたね。こういう施設で一ヶ月くらい上げ膳据え膳で美顔術とマッサージ三昧なんかできたら(よだれ)…。読むものがなくなって早々に帰ってきそうな気もするが。

|

« 1.15の晩ご飯 | トップページ | 1.16の晩ご飯 »

コメント

こんなところでラグーナ蒲郡の名前を見ようとは。
数年前、蒲郡に住んでいた身としては、懐かしいような悔しいような。というのも、住んでいた頃は、ラグーナの場所は広大な埋立地に過ぎず、だだっ広い荒地に重機類がぽつ、ぽつと小さく見えるだけだったのであります。横を通るたび「あんなバブリーな土地、何にするんだいったい」と思うような有様だったのですが。事実、周りにはバブルの頃に作ったと思われるような閑散としたマリーナとそれに付属するこれまた閑散とした食べ物屋くらいしかなかったのです。
引っ越してまもなくラグーナがオープンしたのですが、それからは行ったことがない。なかなか流行ってもいるらしいし、遊園地やショッピングモールなどもいいらしいので、今ならちっとは蒲郡市も潤って職員のお給料5%減もなくなっているのだろうか、と遠い目。どちみち近いところなので、また子どもが大きくなったら遊びにいこうと思っています。

>>読むものがなくなって早々に帰ってきそうな気もするが。
一応、市内に普通の本屋ならありますので(笑) 車なしだと、バスで行くしかないから大変だけど。

投稿: あずみ | 2004/01/17 15:25

あ、どうもどうも。
引っ越して自分がいなくなってから充実するというのは損をした気分ですね。仮設のバラック校舎で勉強して、卒業してから立派な校舎ができるとか。会社の近くの駅が長いこと駅ビル工事してたもんで不便して使っていて、会社が移転してその駅に縁がなくなってから立派な駅ビルや素敵なショッピングモールができるとか。

いやいや、蒲郡に本屋がないとバカにしたわけじゃないんですよ。あたしはどうも、温泉とか、そういう上げ膳据え膳のところに長期間滞在できる心の余裕がないみたいです。
毎日本屋に行きたいしね、スーパーで買い物もしたい、と。貧乏人のサガつーか。
でもラグーナ蒲郡は本当に素敵そうでした。石川選手も日記サイトで、帰るのがイヤ、もう少しここにいたい、と書いてましたよ。

投稿: おがん | 2004/01/17 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/105667

この記事へのトラックバック一覧です: 「激スポ!」 石川選手:

« 1.15の晩ご飯 | トップページ | 1.16の晩ご飯 »