« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004/02/29

2.29の晩ご飯

晩ご飯は、小松菜と合挽きの炒め物、ナンプラー風味。タマネギ入り入り卵。ごはん。味噌汁。お茶。
今日はベトナム料理の本をなぜか二冊も買ってしまったので、ちょっとエスニック。
宮前祥子・山原美和『タイ&ベトナムおいしい屋台料理』(文化出版局)
三浦行義・大野尚子『ベトナム家庭料理入門』(農文協)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャバモニの件

nikkansports.com > サッカーTOP > 日本代表&国際試合 > 日本代表&国際試合ニュース:久保ら代表7選手合宿抜け出しキャバクラ
んー、ジーコ解任派(と一括りにするが)が、この件を、国内組が1月から呼ばれて拘束され、お休みも娯楽もなかったこと、そのあげく、海外組が合流すれば海外組が優先されることが予想され、国内組がモチベーションを保つのが困難な状況であったこと、要はそもそもジーコの選手に対するメンタル・マネジメントが全くできていない状況であることに絡め、それみたことかとあげつらうのは、もちろんその通りなんだろうけれど。
そもそもジーコが素人さんなのは火中の栗を前歯で噛み割るより明らかなんで、だからこそ選手には自重して欲しかったとつくづく思います。特に茂庭。よそのチームの選手はどうでもいいが。
忘れて欲しくないけど、紅白戦で百万回も三都主の裏を取り、それでも使ってもらえず、それどころかベンチからも外された加地、東京の合宿に戻って来てからも、好調のようです。昨年、東京でも徳永にポジションを奪われ、ベンチにも入れなかった時期にも、腐らず自分に足りない部分を見直し、ひと一倍練習に励んでいた加地。石川も感銘を受けていたよね。その加地が、代表の合宿でもどこでも、規則正しい生活とバランスの取れた食事、身体にいいお水やお酢、お風呂でのストレッチに人知れず励み、監督がどうであれチームメイトがどうであれ、自分のペースで、いつ呼ばれてもいい準備をしていたであろうことは、東京サポーターなら想像にかたくない。おそらく夜の10時には、嫁さんにおやすみの電話をして寝ていたことでしょう。
誰でもできることではないかも知れない。誘われたら断れないこともあるかも知れない。でも、きちんと自己を保っていた国内組の選手が、もちろん加地以外にもいたわけだし。茂庭にも見習って欲しかったなあ。

まあ、もう日本代表のことは、あたしはあまり考えないようにします。ストレス溜まるだけだし。サラリーマンなら誰しも、どう考えてもうまくいかないであろう仕事を受けざるを得ない状況になったり、誰もが納得いかない人事を受け入れざるを得なかったりした体験がおありでしょうけれど、そういう日常抱えるストレスを、日本代表からも受けなくちゃいけないなんてたまったものではないからね。
愛するクラブチームの方は、健全な競争やわくわくする補強で、お楽しみがいっぱいだし。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

福田健二の活躍

スポーツナビ | ニュース | 福田が得点に絡む グアラニが快勝=パラグアイL
んー、モチベーション、なんだろうか。凄いね。東京でも仙台でもいまいちだったのにね。
元気で活躍していて欲しい。それにしても高地でサッカーはしんどそうだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/28

プレシーズンマッチ・京都パープルサンガvs.FC東京

結局鹿児島には行かないで、家で2ちゃんの実況スレ見てましたさ。実況して下さった方、本当にありがとう。
さて、2-2をどう見るか。うーん。
でもプレシーズンマッチだし、合宿の疲れもピークだろうし、ルーコンと阿部ちゃんの2トップが機能してくれただけでも、あたし的にはオッケーだ。開幕はケリーがいないかもしれないわけだしね。
あー、でも見たかったなあ、新アウェーユニ、ルーコンと阿部ちゃんの2トップ、右サイドを突破する戸田…。
これで今野ちゃんが入ってくれたらさぞかし…(涎)。
田原に入れられたのは、きっと何かの間違いだよ。鹿児島の人たちへのサービスか何かだよ。


※追記
オフィシャルで試合記録を見て来たけど、加地のシュート数2っていうのがいいな。アシストもいいけど、シュートもどんどん打ってるのがいい。ゴールへの意識が増してるのかも。
F.C.TOKYO:プレシーズンマッチ in 鹿児島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカーズで深川さんが

『サッカーズ』のコラムで深川峻太郎さん(=江戸川春太郎さん)が、家に帰ったら嫁さんがロマニスタだったりしたらイヤ、でもラツィアーレとロマニスタは精神構造が似てるからあり得ないことではない、といった話から、Jでいえば浦和ファンとFC東京ファンの夫婦なんてどうよ、みたいなことを書いていた。
まあ、浦和ファンとFC東京ファンのメンタリティーが似てるかという問題についてはさておいて、実際に知ってる人ではないけど、こういう夫婦はいるよね。
昨年アウェーのガンバ戦で再会した山ちゃんが、知人の結婚式の二次会があるから東京にとんぼ返りをしなくてはいけない、花嫁はFC東京サポーターなんだけど花婿が何と浦和サポーター、という話をしたとき、おいら思わず、えー、それはちょっと、どうよ、と口に出していっていたのだった。何か身内の女性を蛮族に略奪された気がしたのだ。えー、誇張して事を荒立ててます、すいません。実は端的にいって、浦和に持って行かれるなんて、FC東京サポーターの男はいったい何をしていたんだ、とちょっと情けなかった。こういう気持ちになること自体、野蛮で原始的ではある。サポーターというのは蛮族である。
で、深川さんの話では、昨年12月に出たあの真っ赤っかの『サッカーズ』、FC東京ファンは買わないでコラムだけ立ち読みしていたらしい、って、それってあたしだよあたし。でも、ずいぶん売り上げはよかったらしい。出版界も、実は浦和サポーターだけ相手にしてても充分商売になるということに気がついてしまったようだ。ちっ。
実はあれ以来、『サッカーズ』買ってません。先月も今月も、あいかわらずコラムだけ立ち読みです。なんでこの記事も、立ち読みのうろ覚えで書いてます。深川さんごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茂庭、元気そうじゃないか

U-23の練習中に足を怪我したと伝えられたモニだが、軽症で、大事をとっただけのようだ。ひとの心配をよそに、ずいぶん元気そうじゃないか。
スポニチアネックス サッカー 記事:U―23日本“中東スペシャル”完成

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.27の晩ご飯

相方が会社の人とメシを喰って帰るというので、久々にひとりメシである。
ルミネの地下のパスタ屋でパスタとピラフとお惣菜の小さいお弁当、パン屋でぶどうパンとサラダを買って帰った。こないだの残りの赤ワイン(ジョルジュ・デュブッフのボジョレー)を呑みながら。
「ぶどうパンを喰う」というのは、「納豆を喰う」、「飛行機でどこかに行く」、「温泉につかる」に次いで、「相方といるとできないこと」のひとつである。ひとっていうのは(と、話を60億倍してみる)、我慢していないようでいて結構些細なことを我慢してるものである。相方も何か我慢しているかも知れない。

ワイン飲んでたら眠くなったので寝てしまい、相方が帰ったので起きた。相方は会社の人と吉祥寺の『パムッカレ』に行ったら、ビルが工事中でなくなっており、びっくりしたが、その近くに移転していたらしい。店の広さはずいぶん狭くなったとのこと。それではベリーダンスは無理だね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/02/27

2.26の今日買った本

森脇真末味『天使の顔写真』(ハヤカワ文庫)、桐野夏生『玉蘭』(朝日文庫)。
森脇真末味の未読が読めるとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/26

2.26の晩ご飯

相方とタイミングが合ったので新宿で晩ご飯。『老辺餃子』で餃子づくしコースだ。前菜三種類盛り合わせ、蒸し餃子が一人5せいろ10種類、鶏とカシューナッツ炒め、青梗菜とマッシュルーム炒め、デザートは杏仁豆腐。
蒸し餃子がどれもおいしかった。ナマコと白身魚と海老の入ったやつ(たぶん)が気に入った。相方が気に入ったのはいったい何が入ってるかよくわからない。「んまいっ。これナニ?」のヒロミ状態である。
あと、杏仁豆腐はただの杏仁じゃなくてココナッツミルクも入ってて濃厚。
あたしはエビスの生ビール、相方はジンジャーエール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケリーが、ケリーがぁあああ

F.C.TOKYO:ケリー選手の検査結果について
全治2~3週間だそうです。ありゃあ。ルーコンとケリーのホットラインはどうなるのよお。
全然関係ないけど昨年アウェイのガンバ戦だったか、ケリーが当たられてちょっと傷んだとき、「けりぃい。けぇりぃいいい」と見も世もなく泣き叫ぶ7歳くらいの女のお子さんがゴール裏にいらっしゃいました。あの時は、そないに泣かいでも、と思いましたが、今はあの子のように泣きたい気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/25

Sportiva Jリーグ名鑑

石川の寸評を見ましたか。『宝塚の薫りを感じさせる高貴なナオさま』ってナニ?男装の麗人?女になりたい発言?よくわからんなあ。去年の方がツボにはまる記述が多かったような気も。阿部ちゃんスーパーサブ扱いも気に入らん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.25の晩ご飯

晩ご飯は、サヤインゲンと牛肉のトマトソース煮込み。ごはん。味噌汁。黒オリーブのオイル漬け。ヴォルヴィック。サヤインゲンは、ふと見たら「オマーン産」と書いてあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無印良品の『梅グミ』

最近の小確幸(小さいけれど確かな幸せ。(C)村上春樹)は、無印良品の『梅グミ』である。グミなんだけど、中にゼリーが入っている。食べた時、グミからゼリーに感触が変わる、あの「ぐにゅるっ」という感じ、この体感が何というか、無抵抗な小動物がぐったりしているのに歯を立てるような(どんなんや)、そういう淫靡な快楽がある。すいません、適当ゆってます。えー、ファミマーとかで売ってますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/24

開幕戦ポスター

開幕戦ポスター
駅前で見かけた開幕戦ポスター。A代表4人衆がばーんと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出した。ラチェットだラチェット

ああ、思い出したらすっきりしたー。
例のあの、ゴール裏でギリギリ鳴らすやつね。
ラチェットでした。そのまんまって感じですが。
【楽天市場】OK-MUSIC:ラチェット/Ludwig


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2.24の晩ご飯

何か、たるかったので、紙パックのコーンスープのあたため。パルメザンチーズをマヨネーズにまぜて、2cmくらいの厚さに切ったフランスパンに塗って焼いたの。ルッコラとフルーツトマトのサラダ。できあいの鶏ささみのグリーンペッパーのマリネ。相方はヴォルヴィック、あたしは赤ワイン少々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SOCCER KING J☆II に増嶋が

増嶋は「あいつが来い来いいうから。毎日メールや電話で」といえば、梶山は「本当に来るとは思わなかった」。
最近気になる、U-19なこの二人。楽しみだよねえ。
おいらニワカで、シーズン前を経験するのは2回目だけど、何か、シーズン前のこの時期が一番楽しいような気がするね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジーコ解任?

いつものように駅でトーチュウ買ったら一面にジーコのどアップ、見出しがこんなんだったので、を?もう?と思ったら、「ジーコ解任」ではなくて、下に小さく「ある」がついてるのでした。いつからきみんとこは東スポになったんや。
川淵会長が、例の解任要求デモを受けて「決断しなければならないときは決断するつもり」と、しごくアタリマエのことをいってるという、それだけの記事です。ちぇ。
東京中日スポーツホームページ:サッカー:川淵会長明言!成績不振なら「ジーコ監督でもクビ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/23

2.23の晩ご飯

晩ご飯は、レンズ豆と豚肉とソーセージの煮込み。砂糖ザヤとプチトマトのサラダ。ワイルドライスを混ぜて炊いたごはん。おーいお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サカマガ・サカダイJ1選手名鑑

また今日もズルをして選手名鑑号を買ってきましたよ。いやあ、東京の選手はなんでこうみんな可愛くて、他のチームの子はなんでこうみんな変な顔なわけ?(をい) 東京フィルターでしょうかそうですか。
とりあえず反町に笑った。反町監督ってば、なんでそんな、世界征服を企む悪の秘密組織の首領が、自らの陰謀をああもあろうこうもあろうと獲らぬ狸の皮算用をしていて、ついついこみ上げてくる笑いを抑えかね、ぐふっ、ぐふっ、ぐわっはっはっはははは、と哄笑する際の最初の「ぐふっ」の笑いをしてるんですかあなたは。まあ、たいていの場合、その時早くかの時遅く、正義の味方が突如現れて「待て!そうはさせないぞ日の丸博士!」(決めのポーズ)とか叫んで、悪人はこてんぱんにやっつけられたりするわけだけどね。で、その反町の隣に木寺とアンデルソンが微妙な笑顔で並んでるものだから(あ、サカマガです)、気分はすっかり怪獣怪人総百科である。アルビレックスサポーターの方すいません。反町監督好きなんすよ。開幕戦楽しみにしてまーす。それにしても顔写真の羅列ってなんでこう面白いんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.22の晩ご飯

某所の青赤系オフに参加した。はてな系、ヒロミスタ系というべきか。ほとんどがはじめましての人たちであり、緊張する。しかしほとんどが、どこかのサイトの中の人なんで、実は毎日読んでたりするんだよね。こういう感じは久しぶりである。
最年長なのではないかと危惧していたが、そうでもなかった。
うちではここの中の人に対してネカマ疑惑が沸き起こっていたのだが、実物にお会いしたら妙齢の綺麗なお嬢さんであった。正直すまんかった。
あ、Tシャツいただきました。ありがとうございます。
スペインのバールみたいなピンチョスが数種のオードブル、サラダ、刻んだクレソンのかかったポテト、スモークサーモン(だと思う)のパスタなど。どれもおいしかった。
ウィスキーがいろいろあって呑みたい気がしたが、体調が万全ではないのでビールで通したのが残念である。
家に帰り、相方に成果の報告など。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004/02/21

おちょけていたモニ

はてなダイアリー - からころんより引用:

最後の写真撮影時に、モニがカップを持ちながらおちょけていたのがとても可愛らしかったです(笑)。

だそうです。
相方「おちょけるて、関西の人以外にわかるんかいな?」
おがん「初めて聞いたけど、いや、でも、主語がモニでしょ?どうせおちゃらけるとか、はしゃぐとか、ふざけるとか、調子に乗るとか、そんなんじゃないの?」
相方「…」
という会話をしたよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

国際親善試合・U-23日本代表vs.U-23韓国代表

国際親善試合・U-23日本代表vs.U-23韓国代表をテレビ観戦。
モニはスタメン、徳永が右サイド、石川はベンチ。後半、モニout、徳永を後ろに下げて石川を入れ、山瀬と交代で松井を入れて攻撃に打って出る。松井はこないだのイラン戦で久々に見たら大変よくなっていて驚いたけど、今回もこの松井が効いた。東京でいうとケリーなんだよねえ。石川との連携の具合もそっくり。いや、本当にこのチームは締まっていいチームになってきた。今野ちゃんもボール取りまくって大変よかったですよ。
平山は本当に素敵。厳しいマーク背負って余裕の足さばき。戻って守備もする。アマラオみたい、と思ったけど、足元はアマよりうまいかもー。
ああ、いいサッカーしてるなあ。速いパス回し、高いとこからプレス、スムーズなポジションチェンジ、コンパクトな攻め、豊富な運動量。こういうサッカーを見たかったんだよー。A代表よりU-23のがいいサッカーしてる。
韓国は、どこがどう悪いというか全体に低調。ひょっとしたら合宿か何かでお疲れなのかも知れないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FCフォレンダムvs.アヤックス

何となく熱っぽくてだるくて、寝たり起きたり。39度もあるわけではなくて、微熱だけど。
エールディビジ・FCフォレンダムvs.アヤックスを何となく流し見。実況と解説をなくしてスタジアム音声だけにしてみたら、結構臨場感があって面白かった。現在リーグ首位のアヤックスに対し降格圏内ふらふらのフォレンダムである。個々のレベルは圧倒的にアヤックス。フォレンダムがアヤックスに勝ってるのは平均身長くらいのものであろう。しかしここはフォレンダムホーム。アヤックスの選手がパスを受け損ねてサイドを割ってしまうと揶揄の声が一斉に上がり、フォレンダムが左サイドから攻めあがると励ましの声が大きい。一緒に、フォレンダムに不利な判定にブーイングしながら見たり。アヤックスが先制して折り返し、後半アヤックスが追加点が取れずに緩むと、フォレンダムが必死の反撃。惜しいシュートもあるが、崩し切れない。結局最後はPKでもう一点アヤックスに献上してしまい、0-2でフォレンダムの負けである。いや、凡戦なんだけどね。チャンピオンズリーグも、こういう試合も、サッカーであれば結構何でも面白く見てしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジーコ監督解任要求デモ

ジーコ監督解任要求デモ公式ページ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司馬遼太郎『義経』(文春文庫)

司馬遼太郎『義経』(文春文庫)の新装版が出ていたので買う。読んでるうちに、萩尾望都『あぶない丘の家』収録の『あぶない壇ノ浦』が読みたくなり、自分のASUKAコミックス版のは引っ張り出すのが大変なので、相方の小学館文庫版を借りて読む。ああ、やっぱ綺麗だよなあこの壇ノ浦のシーン。白い旗赤い旗海の青。カラーが全部再現されていないのが残念である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2.20の晩ご飯

今日はおでん。はんぺん、ちくわ、豆腐、厚揚げ、きんちゃく、がんもどき、大根、たまごなど。いろいろおでん種を買うのが楽しく、つい作りすぎてしまった。あと、ごはん。できあいの豚角煮。ヴォルヴィック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/20

Number 596号

何か今日売りのNumber、FC東京のネタがちょこちょこあったなあ。U-23の石川、今野の話。U-19には増嶋と梶山。あー、単に世代別代表が増えたってことか。世代別でも代表って凄いね、メディアの露出度が。
平山の記事と、梶山の記事には霜田強化部長代理の話も引用されてた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/19

グアラニの福田、リベルタドーレス杯に初出場

スポーツナビ | ニュース | グアラニの福田、リベルタドーレス杯に初出場
いいぞ、福田ぁ。ほんとにリベルタドーレス出てるよおい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.19の晩ご飯

晩ご飯は、昨日の残りの鶏の炊き込みご飯。お茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納期って言葉キライよっ

※すいません、今あたしがこんなプロジェクトではまってるわけじゃなくて、サッカーの某代表チームのシチュエーションが、ソフトウェア業界ではありがちなこんなシチュエーションを連想させるのでつい…。
某ワンマン社長が独断でヘッドハンティングして、今期最大の売り上げになりそうな一大プロジェクトに大抜擢したプロジェクトリーダーは、このギョーカイのことがよくわかっているというふれこみだったのに、蓋を開けてみたら、シンガポールやインドや中国から優秀なプログラマーを呼び寄せて「創意工夫しろ」「独創的なプログラムを書いてくれ」というだけで、全然システム要件をまとめてくれない。たまにお手本を見せると言い出したかと思えば、時代遅れのアセンブラで美しいプログラムを披露してくれるのだが、もちろん現場の役には立たず。しょうがないからプログラマー同士が頭を寄せ合ってインターフェース設計したりしてるんだけど、それぞれ持ち寄ってるノウハウが違うし、全体の仕様がわかってる人がいないので、結合テストするたびによくこけ、そもそも仕様が矛盾だらけ。社長も気が揉めて「大丈夫なのか?」ときくわけだけど、プロジェクトリーダーはその度に「プログラマー間のコミュニケーションはだんだん良くなってきています。もう少しです」なんていう。自分が連れてきたこのプロジェクトリーダーに、あまりきつい要求を言い出せないこの社長は、思い余ってリーダーシップのありそうなプログラマーのひとりをつかまえ、大変な状況だが、きみが何とかまとめてくれたまえ、なんて筋違いのことを言い出す。スルーテストが全然終わらない。バグが取り切れない。連日の徹夜で身体を壊すプログラマーも出てきた。しかし、そもそも仕様はプロジェクトリーダーの連れてきたプログラマーの頭の中にしかないから、他の手の空いているプログラマーは手伝おうにも手伝えないのだ。そうこうしているうちにシステムのカットオーバー時期が来てしまった。緊張のあまり精神安定剤を飲んで本稼動に立ち会う社長。さて、奇跡的にプログラムは動いた。性能は全然出てないけどとにかく最後まで動いた。しかし、このプログラムにはまだどんなバグが潜んでいるかもわからないし、そもそも誰がどうやってメンテナンスを…。 なんて状況を考えるだに、この社長はもう無理だと思う。終わってる。というか、冷静に問題解決できるとは思えません。 いやーん。何でこんな話を考えてしまったんだろう。胃が痛くなってきたわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/02/18

2.18の晩ご飯

晩ご飯は、鶏の中華風炊き込みご飯、味付ゆで卵添え。野菜を切らして、青物は炊き込みご飯にかけたネギだけ。あと、お茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本vs.オマーン

2006FIFAワールドカップ(TM)アジア一次予選・日本vs.オマーンをテレビ観戦。
おいら、怒りを通り越して呆れも通り越して最後は笑ってしまいましたよ。代表戦はまず勝つこと。最低限のノルマはクリアしたといえるが。
サッカーってのは本当に理不尽なもので。それはあたしが初めて、何も予備知識なくFC東京の試合を見た時、それは2002FIFAワールドカップ(TM)が終わりJリーグが再開された直後の広島戦(味スタ)でしたが、広島の方が明らかに動きがよく、特に広島の10番と11番が大変よくて、それは後にして思えば久保と藤本だったわけだけど、FC東京は明らかに押されており、ゴールキーパーのナイスセーブで、後にして思えば土肥ちゃんだったわけだが、辛うじて救われている感じだったのに、中に入った東京の36番のスルーパスが飛び出した東京の13番の足元にピタリと決まり、まあ石川と戸田なんだけどね、それで先制点はFC東京側だったので、あたしは本当に、サッカーってのは理不尽なものだなあ、と、初観戦にしてしみじみと感じてしまったのだった。
今日、オマーンはアウェイで格上相手にする試合としては、臆することなく戦う姿勢を見せ、すばらしいチャンスも作ったし、怪しいペナルティキックもゴールキーパーがピタリと止めて、非常にいいペースで試合を進め、時間の使い方も堂に入っており、ほとんど完璧な試合運びをしたのに、最後の最後ロスタイムに、あんなアンラッキーなミス、ミスというにはあまりにかわいそうな偶然、気の緩みがあったとしてもそれは少しで、大半はほぼ不幸な偶然といっていいシチュエーションで、勝ち点1が手の間をすり抜けてしまったのだ。
日本代表には全くいいところがなかったのにね。いやいや、まいったまいった。ひどすぎ。
つーか、山田さん風邪でしんどそうだったじゃん。何であんな病人使うかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/17

2.17の晩ご飯

キャベツと豚肉の蒸し煮。ルッコラのサラダ。ごはん。味噌汁。お茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対オマーン戦日本代表チームメンバー

スポーツナビ | サッカー|日本代表|日本代表チームメンバー
加地モニ落選。
左サイドバックに三都主が既定路線である限りは、右に加地は使えない(いや、使えないことはないんだろうけど。運動量豊富で守備の強いボランチがいればね)。アツは左右両方できるんだろうか。それとも、山田さんは壊れたりしないっていう前提なんだろうか。
紅白戦で、三都主の裏を鬼のようにとりまくったであろう加地がかわいそうである。いや、加地は腐ったりする人ではないから、かわいそうというのは失礼だが。
また呼ばれたらまた行くんだろうなあ。紅白戦でアピールしまくるんだろうなあ。百万回も、長い距離を上がったり戻ったりするんだろうなあ。それでも紅白戦要員どまりなんだろうなあ。ジーコが代表監督である限り、こんな思いをしなくてはいけないのだ。いっそオマーン戦は三都主が裏とられまくって負ry
もとい、加地モニがクラブチームに無事に返されたことを喜ぶべきであろう。土肥ちゃんも返せよ。鹿児島合宿から参加するのかな?プレシーズンマッチで鬱憤を晴らして欲しい(出られたらだが)。やっぱ鹿児島行こうかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上戸彩@損保ジャパンのCM

ああ、損保ジャパンだからパンダなんだ、と、ようやく今朝気がつき(なぜ?)、それじゃあ『○○ジャパン』という会社は全部パンダかよー、という軽い突込みをいれつつ、この新発見(か?)を、さっそく今日の昼チャットで、ねえねえ、あの上戸彩の損保ジャパンのCMさあ、と披瀝したところ、「あ、あれって上戸彩だったのカー」というやつがやっぱりいて、なるほどねー、と思ったのだったが、あたしにしてみても、あのCMの最後に、けへっ、と笑った上戸彩が前歯をにぱっと出してくれないと、上戸彩であるという確証はとてももてなかったであろう。それじゃあ、前歯をにぱっと出したら全部上戸彩かよー、という突っ込みは却下。とりあえず最近ようやく識別できるようになったんだからね。
しかしこんだけあちこちで話題になってるんだから、CMとしては成功なんだろうな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

嵐を呼ぶヒロミ

いやなんか、MXTV偉いですね。増嶋よりも誰よりも、、「台風レベルの強風と横殴りの雨」の中、坂道を立ち漕ぎするヒロミの映像をきちんと放映してくれた。リクエストに答えてもらったようでかたじけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/16

2.16の晩ご飯

国産牛赤身ステーキ、芽キャベツ添え。水菜とジャガイモのサラダ。たくあんのおかかといり胡麻まぶし。味噌汁。ごはん。おーいお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週はサカマガですよ

FC東京的には今週はサッカーマガジンの方ざます。ちょっとズルをして早売りを買ってきてしまいましたよ。表紙がちょっとあれ(どれ?)ですが、そこは目をつぶって我慢がまん。
ケリーとルーカス(のっぽさんだからルーコン)のインタビューあり、ヒロミ(原博実監督)が今季の構想をバーッとかダーッとか語ってるインタビューあり、担当編集者の妄想フォーメーションあり。
ネタバレはしませんが、ひとつだけ。ヒロミがねー、茂庭を「ディフェンダーなのにしっかりとした足元の技術がある」って褒めてるんですよー。えー。そうなんだ?
あいや、茂庭という人は、一対一の強さや高さ、読みのよさ、ラインコントロールの適切なところなど、優れた能力があるのは(少なくともFC東京サポーターは)知っている。ですが、足元については、あのサポーターのハートを鷲掴みにしたモニフェイントをはじめとして、最近では代表のチュニジア戦での柳沢へのフィード、アシストになったあれですら「狙ってました」がネタ扱いされるくらい、褒められたことがなかったじゃないですか。
そのくせこの人は妙に玄人受けするところがあって、田中達也も何かのインタビューで、「イヤなディフェンダーは茂庭さん。足速いし」っていってるし、ブンデスリーガにも茂庭を評価するコーチがいるらしいし、あ、そういえば、ジェレミー・ウォーカーもオリンピック代表の3バックは茂庭、闘莉王、徳永だといってたよ。しかも、いったいどうしたことか、ちゃあんとA代表の方にも残ってるんだこれが。
その上ヒロミまでが「しっかりとした足元の技術が」なんかいってるの読むと、あー、ひょっとしてあたしは、茂庭のキャラクタを愛するあまり、茂庭の能力を見誤っていたのかしら、サポーターとしてそれはどうよ、という気分にもなるわね。いやあ、ヒロミ、冗談じゃないよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開幕戦は再びスカパラで

F.C.TOKYO:3.13開幕戦スペシャルライブ《東京スカパラダイスオーケストラ》出演決定!

スカパラがFC東京とそのファンのために作詞作曲した「オリジナル応援歌」を披露する予定。

だそうです。オリジナルー。素敵すてきー。川上さんの青赤愛もここに極まれりという感じ。

全然関係ないですけどgoogleで「川上つよし」「FC東京」で検索したら自分とこが一番に出たのでべっくらした。FSOCCERニュースさんからトラックバックもらったりしてるせいかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五輪最終予選メンバー

スポーツナビ | ニュース | 平山ら五輪最終予選メンバー20名発表 大久保は選出されず=U-23サッカー日本代表

茂庭はこっちにもお呼ばれ。売れっ子は辛いね、というか大丈夫なのか。
大久保は、まあ、どうでもいいが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.15の晩ご飯

珍しく刺身(まぐろ赤身、カンパチ)。厚揚げの焼いたのにネギとしょうが添え。ホウレンソウと釜揚げしらすの酢の物。たくあんのおかかといり胡麻まぶし。味噌汁。ごはん。おーいお茶。

食後、デンハーグvs.フェイエノールトを見たりしたんだけど、どうも戸田が焦ってるというか、ミスするまいと思うあまりミスをしてるような空回りが続き、あまりいい感じではなかった。ぼーっと流し見してたらいつの間にかいなくなってたし。つーか、戸田以外の選手誰も知らないし。
ああ、早く東京の試合が見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/15

福田健二がパラグアイLで初ゴール

スポーツナビ | ニュース | リーグ戦初ゴール! 信頼勝ち取った福田健二=パラグアイL
いやあ、福田ぁ、本当によかったね。
この明るい顔を見てよ。
スポーツナビ | 写真 | リーグ戦初ゴール! 信頼勝ち取った福田健二=パラグアイL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/14

2.14の晩ご飯

相方に買ってきたチョコレートを一緒に食べていたら、竜明さんからチョコレートケーキが届いた。ナイフを入れるとぽっこりと割れる極上のチョコケーキ。おいしーい。
つわけでなかなかお腹が空かなかった。
夜中近くなってから、お腹が空いて、クスクスと鶏肉のサラダを作って喰った。あとヴォルヴィック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙川湯けむりの里

なぜか出勤日の相方を送り出して、ひとりで行ってきたのは『仙川湯けむりの里』。いわゆるスーパー銭湯で温泉ではないですが、なかなか楽しめました。
仙川湯けむりの里
ジェットバスも露天風呂もサウナもあります。フルーツ牛乳も(笑)。
仙川駅から歩いて行けるところもいいですね。深夜までやってるので、飛田給の帰りに寄るのもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今野が元気で嬉しいよ

F.C.TOKYO:石垣島キャンプレポート・7日目
今野ちゃんが合宿に合流、元気に周囲と合わせてるらしいので、すげー嬉しいですよ。刺激されたか、三浦文丈も存在感見せてるらしい。ああ、何て楽しみなんでしょう。
つーか、やっぱ自分のクラブチームの明るい話題には癒されるね。
そういや合宿レポートで宮沢の話があまり聞こえてこないけど、どうなんだ。宮沢と今野なんか素敵そうだけどな。いろんな組み合わせで見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅ればせながら日本vs.イラク

昨日見なかった日本vs.イラクを録画で見ています。イラクの選手たちはサッカーができる喜びに満ち溢れていたね。うーん。日本は合宿で相当疲れが溜まってるようだけど。それにしても、うーん。
山卓が痛んだ時のベンチワークの悪さには怒りを禁じ得ません。ひどいなー。しかしこんな素人に代表監督を任せてしまったんだから、これはもうしょうがない。選手の自主性が問われるんでしょうきっと。んなわけあるかい。
それにしても本当に、ジーコは、自分の好みの選手を壺に入れて揺すっていれば、そのうち馥郁(ふくいく)たる名酒を醸せるとでも思っているんでしょうかね。猿酒じゃないんだからさ。腐るよ。
昨日、ニュースステーションだったかで、金大儀(キム・デイ)が、オマーン代表のカウンターの鋭さを解説してくれていて、オマーンvs.韓国の映像が流れてたけど、切り替えの速さ、コンビネーションの見事さ、相当組織的に訓練されてて凄かった。あの切れ味は怖い。少なくとも今日の、いや、昨日、じゃない、もう一昨日か、の日本代表に止めれる感じは全然しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/13

2.13の晩ご飯

晩ご飯は、お惣菜屋のおにぎりとお惣菜。インスタント味噌汁。お茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茂庭 in 石川 out

JFA News:2006FIFAワールドカップ アジア地区第一次予選(2/18 対 オマーン戦)日本代表候補 合宿メンバー並びにスケジュールについて
石川は五輪に専念できてよかった。これでまた一段と五輪代表が面白くなる。背番号7番もらった時から、どうも海外組の補欠くさかったしな。
左からすばらしいサイドチェンジが石川の前にすぽんと入って、加地がもうそれを察知してギアを切り替えて動き出している時、これが一番わくわくするところ。そういうのは東京で見れるから(あー、今年はあまり見れないわけだが)、まあいいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/12

2.12の晩ご飯

帰り、相方がちょうど新宿に出ているところだというので、西口のソフマップで待ち合わせて、『東京カフェ』で一緒に飯をくう。カレー、ビール、シーフードのマリネ、ポテトフライ。相方は和風ハンバーグ。セルフサービスの安直な店であり、大してうまくない。これならうどんでも喰いに行った方がよかったかも、と、一瞬激しく後悔した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近藤健一選手が靭帯損傷

F.C.TOKYO:近藤健一選手の検査結果について
うわ。合宿で靭帯損傷とはどういうことよ。健一ぃい。全治10ヵ月は痛すぎる。前十字靭帯は選手生命にも関わるところ。焦らずじっくり治して欲しい。
キーパーの層が一気に薄くなってしまったが、補強はあるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車に乗る人

自転車で練習場に行くヒロミ
ヒロミぃい。いいよいいよー。溝に落ちないでねー。
本当は、「台風レベルの強風と横殴りの雨」の中、坂道を立ち漕ぎするヒロミの写真が欲しいところだけれど、それではあまりに「自然の厳しさを伝えるには十分すぎる」と判断されたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.11の晩ご飯

夕方小腹が空いて、お餅焼いてさとう醤油つけて海苔巻いて喰ってたら、お腹いっぱいになっちゃって。
しかもその後頭痛がして寝て、起きたらU-23日本代表vs.ロシアフル代表戦終わってたし。
ニュースステーション見たらイルハンのファンとの交換会が映ってたけど、1500人って少なくない?そんなもの?その前にダイエーのキャンプにつめかけた見学者が3万5千人ってのを見ちゃったからかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/11

石垣島キャンプレポート

F.C.TOKYO:石垣島キャンプレポート・4日目
毎日、早くレポート更新しないかなあ、と何度もチェックするキャンプレポートである。午前と午後と分けて更新してくれてもいいくらいである。
代表4人が抜けたキャンプだけど、長く辛いリハビリから復活した小林、ポルトに留学したり佐川印刷(JFL)に貸し出されたりして、なかなかトップチームで見れなかった前田が元気そうなのがとっても嬉しい。今年は一皮剥けてくれよ前田。
そういえば、昨季日本平で、清水サポーターの人から小林の消息を聞かれたとき(10.25の日記)、小林くんにがんばってって伝えて下さい、といわれたけど、まだ伝えてなかった(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

メルクル・N響・マーラー2番

昨年10月に行われた N響のマーラー/交響曲第2番「復活」をテレビで。指揮:準・メルクル。演奏そのものを云々する素養はないのであれだが、第一バイオリンと第二バイオリンを指揮者の左右に置く、いわゆる両翼配置にしているのが目を引いた。こういう配置がアリなのは知識として知っているが、実際に演奏会で見た経験はあまりない。歴史的には両翼配置の方がメジャーだったそうで、最近こういうトラディッショナルな配置を復活することが見直されているのかも知れない。そういえば最近演奏会って行ってない。
演奏する側にとっては、普段あまり聞こえないパートが隣で聞こえるのは、違和感があり演奏しにくい。まあ慣れだろうけど。音響的には意味があるはずだけど、自宅でテレビで古い安アンプとちゃちい自作のスピーカーを通して聞いちゃってもあまり関係ないよなあ。
ところでメルクルの指揮は端正で美しかった。レコードやCDでのみ指揮者に触れていた時代と違い、いまどきの指揮者はヴィジュアル(もちろん顔とかじゃなく指揮の身振りのことだよ)も美しくないといけない。昔、バーンシュタイン好きだった後輩が、CDでなくLDで交響曲を聴くようになって、バーンシュタイン好きをやめてカラヤンに走ったという逸話がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/10

イルハン・マンスズ入団会見全文

こうやって(どうやって?)テレビでチャンピオンズリーグのベシクタシュvs.スパルタプラハを見ていて、イルハンももちろん出場しているのに、実はもうイルハンは日本にいてJリーグの人だ。不思議だよなあ。もっと不思議なのは、イルハンってチャンピオンズリーグ出たくないのかなあ、ということなんだけど。
スポーツナビ | サッカー|Jリーグ&toto|コラム:ヴィッセル神戸 イルハン・マンスズ入団会見全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.10の晩ご飯

大根、水菜、豚肉の鍋。昆布だし、かぼすポン酢醤油であっさりと。ごはん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.9の晩ご飯

急に寒くなってお炊事が面倒でした。んで、晩ご飯はアンチョビのスパゲチ。あと、微炭酸のミネラルウォーター。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/09

楽園の中に、ワームが

ウィルスっつーか、WORM_MYDOOM.Aが主なのでワームですね、これがくっついたメール、最近増えて困っています。
Webでメールアドレスを公開しているから、単なるSPAMは前から多かったし、フィルタしてもし切れないのでただ削除してましたが、別に、変な儲け話やバイアグラ売りのメールなんか、平気で削除さくじょ。でも、ウィルスはねえ。
職業柄ウィルスチェックはマメにしているし、メーラはAL-Mailだし、そもそもウィルスチェックしてくれるサーバを通しているので、特に罹患発症の心配はないんですけど。あたしのメールアドレスが詐称されてるみたいで、あちこちのメールサーバのAdminから、お前のこのメールは届かなかったぞ、念のためにいうけどこの添付ファイルはウィルスだぞ、というメールが届くわけです。これが憂鬱だったり。
おいら昔っから、主人公があらぬ誤解を受けたり、濡れ衣を着せられたりするドラマや映画は苦手だったんだよう。そういう問題かい。
MYDOOMは今相当感染・拡大してるみたいなので、しばらく続きそうです。はあ。

トレンドマイクロ:WORM_MYDOOM.A-概 要-
マイクロソフト:TechNet セキュリティ センター - Mydoom に関する情報

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イルハン、神戸移籍が正式決定

nikkansports.com > サッカーTOP > サッカーニュース:イルハン、神戸移籍が正式決定
正式決定だそうです。記者会見は明日だとか。
ヴィッセル神戸にフィットするかどうか、というのはまるで予想もつきませんが、うまく行くといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.8の晩ご飯

午後から買い物に行って、桜道明寺なんか買って食べたので、夜おなかがあまり空かなかった。ごはん抜きで、じゃがいもと鶏とネギとニンジンとサヤエンドウの煮物を喰う。六甲のおいしい水。あたしはジェイムソン(アイリッシュ・ウィスキー)少々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/08

キリンチャレンジカップ2004・U-23日本vs.U-23イラン

キリンチャレンジカップ2004・U-23日本vs.U-23イラン
ありゃー。いいチームになってきたね。今野や平山がよく効いてるのか。昨日のA代表の試合なんかより全然面白い、熱い試合ざました。ボール際も強いし寄せも速い。スピードのあるサッカーしてる。今野すごくよかった。ボール奪うしセカンドボールも拾うし。「FC東京・今野」っていわれるたびに、嬉しこそばいかったよ。開幕からリーグ戦で見れないのは残念だよねえ。
石川も茂庭も、この試合出た方がいい勉強だったと思うぞー。特に隼磨がよくなくて、後半隼磨下げて徳上げて菊地を入れたけど、最初っから石川だったらさぞかし、と思わずにはおれない。いや、徳もいいんだけどね。強いし。昨日の試合のA代表なんかサイドを使う意識がなくってさあ。ボランチからいいサイドチェンジとか入らないんだもん。つまらんよ。
後半最後の平山の反転シュート、すばらしかったね。本物の本格のセンターフォワードだ。止めたキーパーも偉い。
後半、徳永が二度ほど強く当たられて痛そうだったのが心配。考えてみるともうウチの子じゃないっつか、今年はウチに来るヒマなんかなさそうなんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

YOUNG YOU 3月号

高橋由佳利『トルコで私も考えた』が、ようやく「スンネット(割礼)」の話題が終了。
もちろんトルコでスンネットの儀式を体験して、それを日本で詳しくマンガに描いてくれる日本のお母さんなんてそうそういないから(約一名だ)、珍しくも面白いけど、何といってもケナンちゃんが痛そうで。今月で終わりと思ったらちょっとほっとした。うちの相方は本気で痛そうな顔で読んでたよ。さすがに男性は人ごとじゃないんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茂庭 in 情熱!サッカー☆星人

ヒゲなしよりヒゲありの方がいいね。最近マジな顔が多くておばさんどきどきしちゃうよ。いや、適当ですが。代表に気合の入ってる茂庭だけど、A代表もオリンピック代表も中途半端、東京に帰ったら自分のポジションには増嶋が、なんてことにならないよう祈ってるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.7の晩ご飯

ちょっと遅い時間に昼飯を喰ったので、あまり腹が減らなかった。晩ご飯は、ニンジン、大根、水菜、ネギのサラダ、かぼすポン酢醤油で。キャベツのおひたし。青ネギ入り玉子焼き。うるめの一夜干し。舞茸のオリーブオイルソテー。六甲のおいしい水。あたしは、タラモアデュー(アイリッシュ・ウィスキー)少々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリンチャレンジカップ2004・日本vs.マレーシア

キリンチャレンジカップ2004・日本vs.マレーシア.
いやあ、土肥ちゃんがスタメンなんですげー緊張した。ぼこぼこ攻められてる時には神になりようがあるけど、マレーシア側でずっと試合が進んでたからね。緊張した。
土肥ちゃん緊張してるかなあ。土肥ちゃん凍えてないかなあ。土肥ちゃんぽろりだけはやめてね。土肥ちゃん屈伸してる。寒いんだねやっぱ寒そう。を、ボール来た。ボール。よしよし。土肥ちゃんボール触ったら安心するよきっと。ゴールキック。ああ、ここはカシスタだったなあ。あの声援。何だか不思議な感じ。まあいいか。土肥ちゃんゴールキック蹴ったよ蹴った。よかったセンター越したー。あっ。ジーコなんか映さないでベンチ映せよ。石川とか加地とか綺麗どころ映せってんだよこのTBS。
しかしマレーシアもなあ。あんなファンタジーなキーパー先発させておいて、後半は全然普通のキーパーだったじゃん。
石川もがんばってたけど向こうが3人がかりで来てたし。っていうか石川出すならサイド攻撃の形をちゃんと徹底しろ。加地はいいクロスが2、3本あったのに結果に結びつかなかったな。茂庭はあいかわらず偉そう。
FC東京的には全員出たし、無失点だったから、まあまあかも。日本代表的には、結局、メンバー入れ替えた後半は攻撃の形ができなかったね。何のための入れ替えなんだか。もう2、3点取ってもいいくらいレベルの差があったと思うけど。つまらん。
ああ、東京の試合が見たい。
山田さん代表初ゴール。決めた後はにかむ山田さんが可愛かった。
4-0で日本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/07

京極夏彦『豆腐小僧双六道中ふりだし』(講談社)

ようやく、京極夏彦『豆腐小僧双六道中ふりだし』(講談社)を読了。満員電車に持って乗るのはしんどい大きさだからといって、出張に持っていくにふさわしい大きさだとも思わないぞ、あたしよ。
豆腐小僧が可憐だ。こないだいでぢさんともチャットで話したけど、何しろ可愛い。アホなんだかカシコなんだかわからん。大頭、玩具模様の着物、おっとっとっと豆腐を盆に捧げる様子が、異様に愛くるしいのだ。
京極夏彦による、豆腐小僧を題材にした妖怪分類学入門であり、妖怪図鑑のようでもあり、失われつつある妖怪への郷愁でもあり、妖怪総進撃でもある。相手はもちろんキングギドラではなくて、妖怪を消失させるもの、小ざかしい文明の進歩を振りかざすものたち、妖怪文化の衰退そのものである。
達磨先生の

「訳の解らぬ怖いモノを、畏怖心、嫌悪感、不快感と分類し、更に様々な解釈を加え、それぞれに規定して、爪を抜き牙を抜いて飼い馴らし、最後には笑い物にしてしまう--その笑いモノこそが我等妖怪なのだ」

という言説は、京極夏彦の自論の力強い展開であり、だから、お前が妖怪の完成型だ、と言われた豆腐小僧がぐっと凛々しい顔をするところなんぞ、感動して涙がこぼれそうになったよ。いや、笑うところなんですけどね。
面白うて、やがて悲しき。

終いまで読んでから、はっと気が付く。なんだ、これまだ『ふりだし』じゃん。続きがあるんじゃん。また豆腐小僧に会えるね。今から待ち遠しいよね。
そのまえに、この本、ちょうど豆腐の形をしたこの本。これを捧げ持てば、ほら、あなたも豆腐小僧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/06

東レ・パンパシフィックオープン

シャラポワに勝ったハンチコワもダベンポートに破れ、杉山愛ちゃんもマレーヴァ(マレーヴァ姉妹の三女)に破れ、応援する対象がいなくなった相方は、辛うじてダブルスのプラクシャ・タナスガルン組に救いを見出したようだった。
新大阪で買ってきた御座候(大判焼きみたいなやつだよ。白あんが好きだ)を喰いながら、ダブルスのクォーターファイナルの録画を見る。
この2人、負けてても明るい明るい。最初は緊張もあったのか動きが悪く、リホフツェワ・マレーヴァ組に翻弄されてペースがつかめなかったけれど、次第に調子を上げた。第1セットは落としたけど、第2セットは互角に渡り合い、第7ゲームで先にブレイクしたもんね。失敗しても、きゃーっなんて悲鳴を上げて地団太を踏みながら笑顔で悔しがり、照れてくすくす笑い合う姿が可愛い。思い切った攻撃がうまくいくと、本当に嬉しそうにはしゃいで祝福し合う。箸が転がっても可笑しい女学生ですかきみらは。会場もすっかりプラクシャ・タナスガルン組に共感し、笑いが漏れていた。惜しいショットでは会場全体がため息をつく。
残念ながら、最後の最後の精度でマレーヴァ組の方が上をいっていた。6-2、7-5でマレーヴァ組。んでもプラクシャ・タナスガルン組は爽やかな印象で非常に好感度大であった。

相方はさっそくプラクシャ萌えと化し、オフィシャルサイトも見つけてきたよ。
WYNNE PRAKUSYA ::: OFFICIAL SITE

こちらはファンサイトのようです。
Wynne Prakusya information site

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2.6の晩ご飯

晩ご飯は、新幹線の中で、水了軒の『味道楽』弁当。缶入り宇治茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えっ。土肥ちゃんが先発ですってぇえ

Yahoo!ニュース - スポーツ - スポーツ・ナビ:マレーシア戦は4-4-2の布陣 土肥、山田卓が初先発へ=サッカー日本代表

えー。30歳初キャップですってぇえ。しかも最終ラインは三都主・宮本・坪井・山田ですってぇえ。やだー。緊張するー。宮本バックパスすんなよ。絶対だかんな。
せめて茂庭を。せめてボランチにもうちょっと守備強そうな、ああ、福西は加地が痛めてしまったんだっけか。土肥ちゃんも緊張してるだろうなあ。はらはらどきどき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/05

2.5の晩ご飯

関西出張。晩ご飯は、会社の研修所の鶏照り焼き、キャベツとトマトのサラダ、おでん、小松菜の煮びたし、ごはん、味噌汁。

相方が昨夜から風邪で会社を休んでいるので、気がかりではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

cocohore!がサーバ変更

未定。: [連絡]cocohorei!サーバ変更

ので、あたしもリンク書き換えました。
ありゃ。http://hpcgi3.nifty.com/error404/cocohore/cocohore.cgiを使ってる人は書き換えなくてもよかったのかー。よく読んでから換えろよ>あたし。
仕様も若干変ってるようなんですが、まだ使いごこちを試してないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表合宿 紅白戦で

Yahoo!スポーツ:左サイド三都主不安 日本代表合宿 紅白戦で新布陣テスト(スポーツ報知)

「石川と加地が良すぎるから普通じゃ抑えられない」(by ジーコ)

いやだから、右サイドは普通に石川と加地を使えよ、と思うのはあたしが痛いガスサポだから?
浦和戦がとっても楽しみなのはあたしがとっても痛いガスサポだから?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/04

アマラオ写真集Get

アマラオの歴史はFC東京の歴史だったなあ、ひとつの歴史が終わったなあ、としみじみ思う。藤山も浅利も、サンドロもツゥットも、去っていったいろんな選手たちも、そうしてサポーターのみなさんも、Young & Prettyだったね。人生は出会いと別れ。
最後の方は自分も立ち会った光景なので、涙で見えない。

別件だが、相方が、この二年間自分で撮り溜めたFC東京の写真をMovieに作った。大変いい感じに仕上がったのだが、いかんせん何も考えずにMovieにしたので、えらくファイルがでっかい。その上BGMのユルネバはあれがナニなので、ネット上で配布が不可能だ。んー、やっぱ相方にフラッシュ職人さんになってもらうしかないかもー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.4の晩ご飯

牛薄切り肉をガーリックとバジリコ風味でソテー。ニンジンとサヤエンドウのグラッセ。新じゃがマヨネーズ。味噌汁。ごはん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.3の晩ご飯

相方が出張帰りに飯を食って来てしまったので、あたしは駅前のパスタ屋で、豚肉とにんにくの芽のスパゲチ、サラダ、ガーリックブレッド、赤ワインをグラスで。食後にカプチーノ。スパゲチの具が何か中華っぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Phinloda の裏の裏ページ: またニフティが冗談を言ってるようだが

Phinloda の裏の裏ページ: またニフティが冗談を言ってるようだが

うーん、そうか。引越しか。
って、あたしんとこにはまだお知らせが来ていないぞ。ニフティIDのメールアドレスはniftyドメイン以外からのメールをシャットアウトしているのだが、ひょっとしてniftyドメイン以外からお知らせメールが来ているのか?そんなことはないか。
で、あわてて@niftyのホームページ開設をしたが、homepage3.nifty.com上に取れた。3かよ。業腹だからまだ移動はしていませんが。面倒だし。十五年もニフティに貢いできたユーザにこの仕打ち。
まあ、ニフティのやることだしね。
つわけで、ニフティの黎明期からのユーザであるPhinlodaさんあたりですら苦言を呈したくなるような事態ではある。

で、URLが変わることより、あたしが今心配しているのは、昔からのサービスが停止していく中、ttyの口はいつ塞がれるだろう、ということである。アリテイにゆって。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004/02/03

武蔵野うどん

小平ウォッチング:手打ちうどん
そういえばこの間、美容師アイザワくんにさぬきうどんの話をしていたら、「小平の辺も、うどん文化圏なんだよ」と教わりました。
ネットで調べると、武蔵野うどん、糧うどんの記述がいくつかあります。冷たくしたうどんをあったかいつゆで食べるのがスタンダード。このとき、茹でた野菜などの”糧(かて)”を添えるのが糧うどんだそうです。
あたしの手打ちうどんも、場所的には、さぬきじゃなくて武蔵野うどんだよなあ、いってみれば。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/02/02

2.2の晩ご飯

晩ご飯は、昨日の鍋の残りを味噌汁に仕立て直し。水菜とじゃこと胡麻と昆布のサラダ、かぼすドレッシング。はたはたの一夜干し。たまご焼き。ごはん。おーいお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひねりすぎ

F.C.TOKYO: 2004年シーズン・チームスローガン決定

「攻激、攻劇、攻撃サッカー。」だそうです。
ひねりすぎ。まあ、去年の「90分間、攻撃サッカー。」ほど秀逸なものは難しいでしょうけど。

MXTVで新体制の発表と新加入選手のインタビューなどやってましたが、今野くんを初めてうちの子として見たな。期待きたい。楽しみだねえ。

F.C.TOKYO:2004年シーズン新体制を発表

そういや、土曜日、小平で、あれからファンサービスの時増嶋くんが大変なことになってたらしくて、早く引き揚げてしまったあたしらには、増嶋ギャルも大したことないね、だったんだけど、それは甘かったようだ。
んー、あたし全然タイプじゃないからか知らないけど(あたしのタイプがどうだというのか)、全然ぴんとこないんだけども。あたしああいう、「中学の頃、こういう女の子いなかった?同じクラスに」みたいな男の子はどうも、ちょっと(ちょっと、何?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-23日本代表

スポーツナビ | ニュース | 平山、闘莉王ら24人 サッカーU-23日本代表
鈴木規郎(東京)が落ちたのはまあ予想通り。三田(新潟)が落ちた。ということは開幕戦新潟(味スタ)には三田がいるということだ。さぞ打倒FC東京に燃えることであろう。

石川と茂庭はA代表に専念とのこと。んー、A代表できちんと使ってもらえるならいいけどー。サイド攻撃びしばしのセクシー東京ではかけがえのない石川も、ジーコのA代表ではせいぜいがスーパーサブ扱いだろうしな。

全然関係ないけど、スーパーサブって言葉、バレエまんがの名作・『アラベスク』における「キャラクターダンサー」に似てないか?古過ぎてわかりませんかそうですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

206RC

そういえば昨日、小平の帰りに美容院に行き、例によってアイザワくんと四方山話をしたのだけど、いつもは全然合わないアイザワくんとあたしの四輪の趣味が、今回はなぜかぴったんこ。206RC。しかも色は絶対青だよね青。いや、二人とも買う予定はありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/01

2.1の晩ご飯

晩ご飯は、ニンジン、大根、ごぼう、京都しろな、豚肉の鍋。鰤のみりん干しのバター焼き。おーいお茶。あたしはタラモア・デュー(アイリッシュ・ウィスキー)少々。

そういえば、今日、普段あまり行かない酒と輸入食材の店まで足を伸ばしたら、ミドルトン・ベリーレア(アイリッシュウィスキー)を見つけてどきどき。毎年1200本しか作らない限定のウィスキーで、今日あったのは1998年のもの。これが2月17日までの特別価格で14,900円。うー、どうしようどうしよう。
結局、買えませんでした。バーでワンショット3000円といわれたらためらわずオーダーすると思うのに、一瓶14,900円といわれるととたんにコシが引ける。貧乏性。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手打ちうどんその後

今日、再び手打ちうどんに挑戦してみた。
わかったんだけど、日清の手打ちうどん用小麦粉。これ、あまりこね過ぎない方がいいみたい。こないだは足でがしがし踏んでみましたが、堅くなるばかりで伸びがなかった。今日は主に手でこね、しかし冬なので寝かせはしっかり。
これでずいぶん伸びが違った。
かまあげをしょうゆで。あと、水で締めてからしょうゆで。どちらもまあまあ、前回よりはずいぶんマシでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1.31小平

昨日の午前中、小平に行って来たけど、昨日はやく寝ちゃったので今ごろレポート書きます。
見学者の席がアルミなんでいい加減尻が冷えた。座布団持っていくべきだったと反省。
増嶋ギャルはね、ちょっといたみたいだけど、そうでもなかったよ。つーか、おいら最後のファンサービスタイムまでいなかったんでよくわかんないけど。少なくとも練習中はおとなしかったし。
ボールは例の新しいホペイロじゃなくロテイロになっていた。なんかメタリックに輝いててビーチボールみたいだった。
10:30頃ぞろぞろ出てきた面々。お目当てのルーカスは、手足が長くて、にこにこしてて、走るときもぴょんぴょんして楽しそうだったよ。ケリーとかとしゃべってた。んで、タレ目ね。よく知らないけど(あたりまえだ)、まじめでいいやつっぽかったっすよ。
増嶋がいるので、相方が「おー、増嶋いるよー」と感動していた。おまえはギャルか。テレビでよく見ていた選手の実物が目の前にいるってことみたいだけど。あのー、色白だよね。憂太と同じくらい色白。実は憂太って「美白のロベカル」根本と同じくらい白いんだけど、その憂太と見間違えるくらい白い。どうやらあたしは、一番白いのが憂太、という風に判断していたようだ。その増嶋、当然だがまだ線が細い。がんばって身体を作ってくれ。
矢野フィジコを先頭に、全員でちょっとランニング。見学者の前まで来たら拍手が沸いた。手を振って答えてくれたのは誰あろうヒロミ。ヒロミぃい。いいよいいよー。他の選手たちはマジメに走ってました。モニがいたら手を振ってくれたような気もするが。
あと、体操みたいなのしてから、一旦全員引っ込んじゃって、別メニューの憂太だけ、コーチと残ってランニング、ボールを使った軽いトレーニングをしてた。後ろからホールドされながらリフティングとか。何か知らないがよく転んでた。まだまだって感じかなあ。
これで終わり?ねえ、終わり?と思ってたら11:40くらいにまた全員出て来てランニングと、ボールを使った軽いトレーニング。祐介が張り切ってた。でかい犬の子のようだ。中村くんが背が高くてしゅっとしてて結構いい男だった(で?>あたし)
12時過ぎにあたしらは引き上げ。取り合えず、みんな元気そうで楽しそうだったから、満足かなあ。ルーカスも見たしね。
見学者はさすがに濃いい人が多くて、鹿児島までの格安チケット、大分アウェー二泊三日などの情報が飛び交ってましたね。そういやあ顔知ってる人が増えたなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »