« アテネ五輪アジア最終予選 バーレーンvs.日本 | トップページ | 3.2の晩ご飯 »

2004/03/02

サカマガ・サカダイ・サッカーai

サッカーマガジンは『第3回サッカーマガジン選定04年チーム標語大賞』、FC東京が昨年に続き1位。ページタイトルが「FC東京、連覇です」っていうのがいいな。
石川インタビューあり。あと、『止める蹴るしゃべる』がアマラオ。今年からJ2も気になる東京サポーターにはJ2名鑑も必携だ。
サカマガも、そろそろ、コラムなどにはジーコ批判も増えた。ジェレミー・ウォーカーなんかもそうだが、大住さんがジーコ解任論の急先鋒。一刻も早く、だそうだ。

サッカーダイジェストは、FC東京的な見所は少ないけど、平山特集の『大型CFの系譜』のところに原博実監督が取り上げられている。全日本の頃の写真もちらっと。いや、やっぱフトモモがぶっといわ。ストライカーのフトモモなんだから当然だが。お顔はあんまし今と変わんないね。
ここんちのジーコ批判の急先鋒は、『スーパーさぶっ!!劇場』ではないかと思う。カーニバーでこの世は天国。

サッカーai、男性には抵抗があるようだけど、海外ネタは全くなく、若手中心でJ2への目配りもいい、インタビューは読み応えがるのでJリーグファンにはおすすめ。今回は、鈴木啓太×石川直宏、今野泰幸、徳永悠平、増嶋達也と、FC東京サポーターには充実した内容である。今野いいなあ。早く東京で見たいよなあ。焦らしプレイだよ。
言い添えると、サッカーai、グラビアこそ若年女子向けであるが、意外にためになるサッカー用語解説とか、ここまで書くか、みたいな戦評が載っていたりします。誰も見てないと思って好き勝手書いてる、という感じ。まるでSEX MACHINEGUNSがお化粧だけしてなんちゃってヴィジュアル系、実はヘビメタをやっていたみたいなものである。わかりにくい例ですね。すいません。

|

« アテネ五輪アジア最終予選 バーレーンvs.日本 | トップページ | 3.2の晩ご飯 »

コメント

はじめまして。東崎と申します。

サッカーaiってそうですよね。

私も買うときは明星みたいでかなり恥ずかしいのですが、
(とくに表紙もさることながら、付録がどうにも恥ずかしい・・)
捨て置けないインタビューなんかが載ってたりするので
欠かせません。
最近はフッティバルも恥ずかしいときがあります(汗)

今野君には私も期待してます!
・・が、ミヤフミボランチコンビを愛しているので
ちょっと心境複雑なんですが。

投稿: 東崎 基 | 2004/03/03 10:21

あのー、ポスター挟み込みだとヒモが掛けてあったりしますよね。あのヒモがちょっと恥ずかしい。
昔のなかよしやりぼんのようです。

U-23見て、鈴木啓太と今野だと中盤が間延びしちゃって前線が孤立するような気がしますよね。あれ、前目がみやざーで後ろが今野だといいのにな、と思ったらもう見たくて見たくて。
いったいいつ見れるんでしょうか。

投稿: おがん | 2004/03/03 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/255051

この記事へのトラックバック一覧です: サカマガ・サカダイ・サッカーai:

» 「木曜日のボール」はサッカーマガジンの宝石だった [フットボールは未来の兵器である]
サカマガ、サカダイ、どっちがいいのよ? などとよくネタにはなってきていたが、自分にとってダントツのサカマガ支持の理由になってきていたのが、「木曜日のボー... [続きを読む]

受信: 2004/03/31 01:58

« アテネ五輪アジア最終予選 バーレーンvs.日本 | トップページ | 3.2の晩ご飯 »