« 3.25の晩ご飯 | トップページ | 今年もFC東京NEWS »

2004/03/26

トラックバックに関するこのblogでの考え方

ってほどではないですけど、あたしも初心者でまだ使いこなしてないので、覚書を。
『ウェブログ・ハンドブック』の作者、レベッカ・ブラッドさんが明快におっしゃってましたが、何らかの新しいアイデアを提案できない限りは、トラックバックを行う必要はないのです。同意する、読んでるよと知らせる、ということなら、コメントでいいわけです。なるほど、と思ったので、あたしは基本的にこの方針です。
しかし、もちろん、同じ話題の記事に、お知らせ的にトラックバックするという方法を否定するものではありません。読者は、例えば同じひとつのサッカーの試合について、いろいろな人が書いた記事を読むことができるわけです。ただ、以前、同じ記事に同じトラックバックを3回もらったことがありました。どうも、送って下さった方は、ここにも、あ、こっちにもトラックバックしよう、と、トラックバック送信先を増やしているうちに、ダブって送ってしまった、ということみたいです。普通、トラックバックというのは削除しないものらしいですが、このようなダブりについてはさすがに削除させて頂きました。
をを、これは(ぽんっ)、と思ったトラックバックは、とあるWEBツールの作者が、以前そのツールに対して、使ってみたよ、とトラックバックした複数の人に対し、バージョンアップ通知をトラックバックで行った、というものです。一般的な方法なのかどうか知りませんが、メールでやるよりずっとスマートでいいですね。

|

« 3.25の晩ご飯 | トップページ | 今年もFC東京NEWS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/353013

この記事へのトラックバック一覧です: トラックバックに関するこのblogでの考え方:

« 3.25の晩ご飯 | トップページ | 今年もFC東京NEWS »