« 富樫ヨーコ/佐藤洋美・編『加藤大治郎』 | トップページ | 4.26の晩ご飯 »

2004/04/26

アジア地区最終予選決勝:日本女子代表 vs 中国女子代表

決勝を広島に割り当ててあるというのは、日本が北朝鮮に勝つとは思ってなかったってことなんでしょうね。そして、北朝鮮よりさらにランキングが上の中国。アジアのもっとも高い壁。
今日は会社でテキストライブをリロードしてましたが、山郷さんが鬼のように活躍したらしく(泣)それでも、後半にペナルティキックを与えてしまうまで失点されていなかったのは相当がんばった結果でもあるだろうし。ペナルティキックで先制した中国がこれ幸いと引いてしまったようで、最後までゴールを割れなかったのは残念。
これからダイジェストで映像をやってくれるようなので見ます。

あー、そういえば、「女子代表 キーパー 身長」というフレーズ検索でいらした方、第一キーパーの山郷さんは164cmです。第二キーパーの小野寺さんも、若い第三キーパーも、確か似たようなものだったと思います。背の高い女の子はバレーボールやバスケットボールに行っちゃうんでしょうね。でも山郷さんのハイボールの処理は全く危なげないですけど。
蛇足ですが、ゴールの大きさは男子と同じです。ピッチの大きさもです。何か最近、いろんな掲示板を回っていると、女子は何分ハーフですか?とかいう書き込みを見ますが、45分ハーフです。ルールも全く一緒です。

|

« 富樫ヨーコ/佐藤洋美・編『加藤大治郎』 | トップページ | 4.26の晩ご飯 »

コメント

 こんな企画も持ち上がってるようです。女子代表。

投稿: 竜明 | 2004/04/28 15:55

あ、見た見た。いやあ、女子サッカーに金が落ちる企画ならなんぼでもやればいいですけどね。あんまり急に盛り上がっても、五輪でメダル取れなかったら人気が凋落して忘れ去られるとか、そういうのは痛いですよね。ネガチブ過ぎ?

投稿: おがん | 2004/04/28 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/498677

この記事へのトラックバック一覧です: アジア地区最終予選決勝:日本女子代表 vs 中国女子代表:

« 富樫ヨーコ/佐藤洋美・編『加藤大治郎』 | トップページ | 4.26の晩ご飯 »