« 5.1の晩ご飯 | トップページ | 5.2の晩ご飯 »

2004/05/02

J1 1st 第7節 FC東京vs.横浜Fマリノス

開始2分のあの失点が全てだろう。Fマリノスは主力を欠いていたため、しっかり守ってカウンターという方針がきっちりしていた。先制されたら苦しくなるのは道理である。東京は代表組が精彩を欠いてたけどね、土肥ちゃんもう代表呼ばれないで欲しいなあ。松代はちょっと足元があれ(どれ?)だけど、んー、櫛野とかさあ、南とか、いいキーパーはいっぱいいるじゃん。加地もだよ。代表呼ばれて以来、しばらく加地のいいプレーって見てないから。もう、何で代表に呼ばれたんだったか忘れちゃったよ。それに石川も、対策されちゃって力が出せずに空回りしていたね。代表組で危なげないプレーしてたのって茂庭だけだ。考えてみたら茂庭って偉いね。五輪代表とA代表の狭間で中途半端なことになるかと思ったけど、パフォーマンスが落ちないものね。
総じて、代表組がようやく使えるようになったからといって、いちどきにぶち込んでしまっては連携も何もあったもんじゃないよ、ヒロミ。という感じですかねえ。
前半はこの1点のビハインドを背負って攻めて攻めて、それで点が取れなかったものだから、後半はへろへろになって足が止まってしまった。フミさんの退場はその仕上げに過ぎなくて、確かにあれでもう選手の集中力が切れちゃったみたいだけどね。人数減ってからじゃあせっかく栗ちゃん入れても生かしてあげられなかった。
それでも、ねえ、こんなこと、負けた時にいうのはイヤだけど、本当にイヤなことだけども、あの審判でなかったら、結果は変わらなくても、もう少し、もう少し面白い試合になったんじゃないかと思うと、それが本当に辛くて苦しくて情けないです。FC東京はビデオで審判への傾向と対策を実施していて、選手に対しては審判に異議を唱えないよう教育を施しているそうで、去年はおかげでカードが大変少なかった、そういうチームです。それでも、この審判には対策の立てようがない。久々のホーム、ゴールデンウィーク、相手は昨年のチャンピオンチーム、ご家族連れ多数。3万5千人の観客の前で、この審判は恣意的な判定を繰り広げてゲームを私物化してしまった。カードを出しまくられてうちの選手が混乱し、萎縮していく様子が手に取るようだった。主審奥谷。
糞レフェリーコールも、ハ○コールも、サポーターが目の前で繰り広げられるレフェリングに耐えられなかったことの結果であって、暴力沙汰が起こったり物を投げるなどの事件が起こるよりマシだという程度のことに過ぎません。本当に恥ずかしいことだ。サポーターはもっと強くならなくてはいけない。そして、東京の選手たちも、こんな糞レフェリーでも勝てるように強くなれといいたい。とりわけ、精神的に。

|

« 5.1の晩ご飯 | トップページ | 5.2の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/527392

この記事へのトラックバック一覧です: J1 1st 第7節 FC東京vs.横浜Fマリノス:

« 5.1の晩ご飯 | トップページ | 5.2の晩ご飯 »