« 6.6の晩ご飯 | トップページ | サカマガ・サカダイ »

2004/06/06

WGP R4 イタリアGP(ムジェロ)

久々にMotoGPを見た。ロッシ、ビアッジ、玉田、ジベルナウの4つ巴である。ビアッジを無理むり抜いた玉田がトップに踊り出た。バトル嫌いのビアッジが引いてしまい、バトル好きの玉ちゃんが嬉々としてロッシとバトっているのには笑った。とはいえ、玉田のあの抜き方はあまり好きではない。大ちゃんや原田の抜き方が、斬られた方がそれと気づかない鋭利な刃物のような抜き方だったとすると、玉田は鉈でぶち割るような抜き方である。その玉田が、マシントラブルでリタイアしたのは気の毒だったが、同じ頃、中野真矢ちゃんがストレートエンドで鬼のような転倒をしたのには息が止まりそうになった。最近のMotoGPクラスって、ストレートでは300km/hどころじゃない、340km/hも出てるんだよ。ハイサイドっぽく縦にマシンから投げ出されてたから。倒れた後、手も動かしていたし意識もあるようだったのでひと安心する。それにしてもストレートエンドで、おかしな転倒の仕方だった。マシンに何かあったのかも知れない。
レースの方は雨に文字通り水を差され、結局ウェット宣言の第二ヒートを戦うこととなった。最後の最後にロッシが首位奪還したのはあっぱれである。雨が得意なジベルナウが2位、ビアッジは3位。
中野真矢は軽い脳震盪で not seriously injuredだそうです。よかった。

レースの合間に、イタリア・ミサノに「大ちゃん通り」ができたという話が紹介されていた。トーチュウや、SPORTS Yeah! No.094でも紹介されていたが、先月開通セレモニーがあったそうである。彼の死から一年経って、ようやくあたしも涙抜きで語れるようになってきたが、大ちゃんが日本よりもイタリアで多く愛されていたことについては、あいかわらず痛みを感じずにはおれない。

|

« 6.6の晩ご飯 | トップページ | サカマガ・サカダイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/724185

この記事へのトラックバック一覧です: WGP R4 イタリアGP(ムジェロ):

« 6.6の晩ご飯 | トップページ | サカマガ・サカダイ »