« アテネ五輪女子サッカー 準々決勝 日本 vs アメリカ | トップページ | 8.21の晩ご飯 »

2004/08/22

J1 2nd 第2節 FC東京vs.清水エスパルス

連敗はきつい。本当にきつい。オリンピックイヤーがこんなきついとはね、と、今日あらためて思ったね。優勝なんてもう恥ずかしくていえません。
前田が先発で、ひょえー、ヒロミやり過ぎ、と思ったら、加地くんは発熱だそうです。なんのかんのいって加地、アジアカップからの連戦で疲れてたんだねえ。ゆっくり休め。

その前田、対面の、清水の市川に相当翻弄されていたが、好調らしい市川相手に実直にやっていた。前田は実直なやつだ。いいクロスも何本か上げたし、阿部ちゃんのヘッドをアシストしたよ。ファーに飛び込む、阿部ちゃんらしいゴールだったんだけどねー。
今日の失点は、1点目は清水の久保山のゴラッソで、あれはあれでしょうがないと思うけれど、まあ、ディフェンダーの寄せも甘かったので土肥ちゃんには厳しいかも知れませんが、土肥ちゃんってああいうループ気味のミドル、本っ当に弱いよね。つい前に出ちゃうんだよね。塩田なら止めてたんじゃないかとか、実は山郷さんなら綺麗に上にパンチングしてたんじゃないかとか、つい思ってしまいます。2点目はセットプレイからのヘッドで、マークに付き切らないうちに蹴られたという感じ、ああいうのは甘いと思う。

全体に押し込まれていたのであれ(どれ?)ですが、オリンピック代表がいないうちにレギュラーの座を奪ってしまおうという気概が、特に若手から感じられなかったのが、オリンピックイヤーのしんどさを余計しんどくしている気がいたしました。
特に憂太、この人は、トップ下を任されると非常にいいのに、ケリーが入って自分が左サイドに追いやられると、どうもモチベーションが低く感じられます。軽い、軽過ぎるプレーが多くて、余計なことをしてボールを相手に渡してしまったり、最後までボールを追わなかったり、綺麗にやろうとし過ぎてチャンスをつぶしたり、見ていて腹が立つようなプレーぶりでした。お前何様?俺様~感が漂ってます。あたしの周りでは、「馬場ぁ、ちゃんとやれ、ちゃんと!」の怒号が起きてました(あたしじゃないよ)。しかし前半終了間際、右から左に目の覚めるようなすばらしいサイドチェンジを通してくれて、ああいうパスを見てしまうと、ちょっと憂太その辺に塩漬けにしておいて、とはいえないところがなあ。うち、憂太を干せるほど潤沢に選手がいるチームじゃないからなあ。右サイドの方が少しはマシなんだろうか。
同じことはもちろん梶山にもいえて、最近は相当頑張ってボールを取ったり、中盤では簡単にさばいたり、ということができているけど、ボランチとしては絶対的に運動量が足りない。いや、この人の変態的にハイテクニックなプレーは、おいら大好きなんですけどね、90分通して、ボランチとして、ボールのないところでのプレーも総合的に考えるとねえ。
ベテランのフミさんが、丁寧にチェックをし、危険な箇所を潰し、ボールを奪って持ち上がっては潰され、戻ってカバーをして、最後にはよれよれになっているのを間近に見ていて、この若者たちは何か感じるところはないんでしょうか。
栗澤くんは今日は、あまり良くない栗澤くんでした。なるほど、栗ちゃんもダメな時があるんだね。前田とうまく連動できないのもあったけど、いつもの精度が出ていなかった。まだ体調が良くないのかも。
つーか、ケリーがね、まだ本調子じゃないんだね。あの鬼キープがないと、ケリーを入れる意味がないとすら思える。ケリーが入った時の連携がいまいちまだ取れてないようだし。ルーちゃんは一生懸命ポストをしてたんだけどね。

来週はヴェルディ戦なんで、こんな調子では困るわけですが、オリンピック組が帰って来て、それじゃあってんで3人くらいぶち込むと、また全然コンビネーションが変わるからな。大丈夫か。

|

« アテネ五輪女子サッカー 準々決勝 日本 vs アメリカ | トップページ | 8.21の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/1245802

この記事へのトラックバック一覧です: J1 2nd 第2節 FC東京vs.清水エスパルス:

» 2nd 第2節 FC東京戦 関連記事 [ぱるるアンテナ]
2004年 2nd 第2節 清水エスパルス vs FC東京 | 味の素 ■関連記事まとめ [続きを読む]

受信: 2004/08/25 02:36

« アテネ五輪女子サッカー 準々決勝 日本 vs アメリカ | トップページ | 8.21の晩ご飯 »