« MXTVは全部やる! | トップページ | ラコルーニャ遠征・練習見学編(1) »

2004/08/07

ラ・コルーニャ遠征・観光編

いきなりの波乱である。成田に飛行機が来ていない。メンテナンス機材の不備がどうたらこうたらで2時間遅れである。果たして、我々は無事にラ・コルーニャに着くのであろうか。
2時間遅れでアムステルダム、その後の乗り継ぎでは走った。2人こぼれた(笑)。ラ・コルーニャの空港ではなく、サンチャゴの空港に着き、その後バスでラ・コルーニャに着いたのは夜中の2時過ぎ。へろへろ。
しかし、次の日、オプショナルツアーのサンチャゴ・デ・コンポステラ行きを申し込んだ我々は、情け容赦なく7時半に叩き起こされたのである。

01_SANTIAGO.jpg

サンチャゴ・デ・コンポステラの美しい建造物の数々。今年は巡礼の聖年とて、巡礼の善男善女の数も多い。

02_SANTIAGO.jpg


03_SANTIAGO.JPG

04_SANTIAGO.jpg

高い聖堂の伽藍から、長い綱で吊り下げた香炉をぶんぶん振り回す、という、壮麗な儀式もちょっと垣間見せてもらった。
カトリックでも、そもそもクリスチャンでもないあたしが、何かをお祈りするのもおこがましい。あたしはフットボールの神様以外信じていない。それでもやはり、デポルティボ戦の勝利と、セカンドステージの優勝を、聖ヤコブに祈らずにはおれませんでしたよ。


06_SANTIAGO.JPG

ガイタ(バグ・パイプ)を吹く人。ガリシア地方はケルト文化圏なんである。これは観光客向けの扮装をした人たちだけど、ジーンズにTシャツで気軽にガイタを吹く人を、街角でよく見かけました。

07_SANTIAGO.jpg

公園からサンチャゴ・デ・コンポステラの大聖堂を見はるかす。

|

« MXTVは全部やる! | トップページ | ラコルーニャ遠征・練習見学編(1) »

コメント

素晴らしいレポートありがとうございます。
サンチャゴ・コンポステラ一度、行ってみたいところなんですよ。
ご存知かと思いますが、コンポステラって英語に直せばCampus of Stars。Campusにはラテン語で「平原」という意味があって、「星の平原」というのが由来らしい。その「星の平原」で聖ヤコブのお墓がハケーンされたというので大聖堂が建てられたんですが、お聞きしたかったのは、星きれいでした?

投稿: pata | 2004/08/09 08:04

いやその、着いたのはサンチャゴ空港なんですが、夜中過ぎで疲れてへろへろで、一刻も早くホテルに着いて寝たかったので外見てないし。大聖堂などを見た時は昼だったし。
ごめんなさい(笑)

投稿: おがん | 2004/08/09 12:30

いやいや、お疲れ様でしたw

投稿: pata | 2004/08/09 18:38

コンポステラの由来にはふた通りの説があるようで
星の野原の方が随分ロマンチックなためかよく知られていますが
実は、compositum(墓場)に由来するというハナシもありんす。
…と夢を壊してみるテストw

投稿: ガイドさん | 2004/08/13 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/1145385

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・コルーニャ遠征・観光編:

« MXTVは全部やる! | トップページ | ラコルーニャ遠征・練習見学編(1) »