« 8.18の晩ご飯 | トップページ | 悔し涙の石川 »

2004/08/18

キリンチャンレンジカップ・日本vs.アルゼンチン

おいらアジアカップもオリンピックもろくに見れてないのになあ。その上Jリーグはセカンドステージが始まったので、気持ちはすっかりクラブチームに行っちゃってるので、まあ流し見。
真ん中が俊輔の時よりは、小笠原の方がサイド使うしスペースに出してくれるし、それ以前にちゃんと右見てくれるから、加地的には割とやり易かったと思うね。ずいぶんマシ。加地の守備は、まあ(苦笑)。前も書いたことありますが、走って走って前で仕事して、対面が上がれなくなったらそれが加地の守備なわけで。クラブチームで求められるものと代表で求められる(求められているのか本当に?)ものがあんまり違うのも考えものだなあ。加地という選手はサイドからの攻撃の構成力を愛でるものなのになあ。それには、4バックで、前に優れたドリブラー、横に強いセンターバック、カバーしてくれる運動量のあるボランチ、キープ力のあるトップ下が必要なのだ。それではFC東京(但し理想の)か。
鈴木隆行のゴールよかったっすね。あれは日本で一番強いフォワードだと思う。セカンドステージの鹿島は、代表が戻ると相当手ごわいことになるだろう。
リケルメが相変わらず哀愁な顔だったなあ。ちょっと、点が入らない頃の福田健二みたいだよね。

|

« 8.18の晩ご飯 | トップページ | 悔し涙の石川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/1224446

この記事へのトラックバック一覧です: キリンチャンレンジカップ・日本vs.アルゼンチン:

« 8.18の晩ご飯 | トップページ | 悔し涙の石川 »