« サッカーai | トップページ | 梶山ゴール特別図解 »

2004/09/05

ナビスコ準々決勝 FC東京vs.ガンバ大阪

おなじみの雨の国立。今日は特に凄かったですよ。雷も雨の量も、昨年のレアル・マドリー戦より上だ。でもまあ、1999年のもてぎの日本GPを体験した身には、たいていの悪天候は大丈夫である。ただ雷で中止ということもあるかも知れんねー、と思っていたが、15分押しで開始。

それにしても、勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし、といいますが、その通りだね。何で勝てたのかよくわからないんだけど(笑)、ガンバが負けた理由はよくわかる。効いていた選手が次々いなくなったからである。、カウンターの軸になっていた吉原宏太、サイドを抉って精度の高いクロスを上げていた家長昭博。この人たちがいなくなったら相当楽になった。宏太は前半の打撲がひどく、家長は足が攣ってたんですね。しょうがないね。
この高校生プレイヤー家長、おいら初めてじっくり見させて頂いたんですけど、いい選手ですよねえ。一部で騒がれているだけあるわあ、という感じ。テクニックはあるし積極的なプレー。対面の前田がちんちんにされてたよ。特に、前半はうちの若いのが、憂太といい梶山といい、走らないわ、ボールを最後まで追わないわ、軽いプレーでボールを取られても取り返しに行かないわで、本当、イライラさせられて、家長に比べて(比べちゃうんだこれが)見劣りしちゃってさ。こういうのは面白くないものだね。
とにかく前半はケリーにボールが納まらなくて得点の匂いが全くしなかったよ。そういう状態だから、ペナルティーキックをもらって同点にできたのはありがたかった。コバ復活は嬉しかったけど、久々のスタメンがこんな悪コンディションで気の毒でした。
後半は東京が、あれは修正したというよりは、原監督が相当カツを入れた感じかなあ。裏を狙う動きも増えたし、梶山がちゃんと(ちゃんと?)走ってたもの。開始早々ケリーに梶山が出したパスなんか絶妙だった。梶山って走ってもちっとも動いてるように見えないんだけど、実はちゃんと移動してるんだよ。そうして再び、阿部が途中出場で結果を出した。梶山が放った強烈なシュートを松代がナイスセーブ、それを憂太がシュート、ディフェンダーが弾く、憂太が持ち直してクロス、ディフェンダーに当たったボールを阿部が身体を入れて泥臭く押し込んでみせた。あの波状攻撃、久々に東京らしいいい攻撃だったね。3点目は、ケリーが頑張って左からクロスを入れたのを、梶山がひょいっと(本当に、何気なく、ひょいっと)足を上げて、ヒールか、アウトの方かな、でちょんと入れてみせた。変態である。何考えてるんだ、こいつ。あ、褒めてるんですよ。松代が相手ですからね、そんじょそこらのシュートでは入らないですよ。この3点目で、ガンバは気持ちが切れてしまったようである。ジャーンの4点目はその2分後。
まあ、勝ってくれて嬉しいよ。今日は勝てる気は全然しなかったもんね。ルーちゃんも石川もいないしさ。
とりあえず塩田がよかった。スーパーセーブもあったし。金沢も今日はよかった。安定してた。それ以外の人はもっと頑張って下さい。憂太を褒めたいところだけど、前半悪すぎたなあ。梶山はもう、いい悪いじゃなく、変。今まで見た梶山ゴール、どれも尋常じゃなかったもん。前田は対面の家長が良すぎたので気の毒だが、もっと頑張れ。
ガチャピンとムックがせっかく来てくれたのに、このどしゃ降りで中の人も大変そうであった。
次はまた東京ダービーですよ、奥さん。

※家帰って録画を嬉しく見ようとしたら、この雨で受信ができてない部分がたくさんー。前半二点とも映ってないし。後半も真ん中へんが真っ黒だし。ハイライトは何とか受信できてたけど。再放送あるみたいなんで録り直し。

|

« サッカーai | トップページ | 梶山ゴール特別図解 »

コメント

梶山のゴール、一瞬「手で入れた?」っと思ってしまいますたw

塩田くんもよかったですよね~マジで土肥ちゃん危ないってか私的にはもう、塩田でお願いしたいです。。。

投稿: chiika | 2004/09/05 04:40

ポジショニングとかディフェンダーとの連携とか、塩田が土肥ちゃんに学ぶべきところはまだまだあると思いますよ。反応時間やテクニックは若い方が上かも知れん。
土肥ちゃんは鉄人で功労者なんで、いい形で選手人生を全うしてもらいたいものです。

それより、茂庭を忘れてたー。あの安定感、しかも地味。モニ○コールもなし!地味に効いてたなんて、それじゃあまるで金沢みたいじゃないですか。何となく、淡々とやってるようなのが気になるなあ。まだオリンピックの痛手が癒えないのかなあ。

投稿: おがん | 2004/09/05 13:12

 う~ん・・。このころまでは塩田君のほうがよかったかなと思ったけど、やっぱり準決勝見ちゃうと土肥ちゃんかな~と(笑)なんか・・軽々しく土肥ちゃんいらねみたいなこと言われると悲しくなってしまう。なんだかんだいってキャプテンは偉大だったということで・・。塩田君ももっと成長する資質はあると思うのでので頑張って欲しいです。

投稿: | 2004/10/16 21:40

いやー、精神力がものをいうキーパーにとって、経験がどれほど大事かということですね。
今回、塩田は、「トーナメントで決勝進出が懸かっている戦いで、3点先行して勝ちを確信していたのに追い上げられ同点にされる」という「経験」をしました。これはちょっと相当なかなか得がたい経験ですよねえ(笑)今後一生、3点先行した後半戦、塩田はこの試合を思い出すことでしょう。
結局、こういうことは我々一般人も学校や仕事で経験することですよね。楽勝と思っていた試験で、問題を解き終えたと思って寝てたら提出直前に裏面があるのに気づいて頭が真っ白になった、簡単な仕事だと思ってナメていたら、納期間際になって重大な仕様モレが(ry
でも、一旦経験したら、次からは、ちょっとはマシな心の準備ができるのではないですか。
プロのアスリーツの場合、それが何万人かの観衆、テレビ放映の衆人環視の中でドラマチックに起きるわけです。すげー。
そうして、一旦経験したら今回よりはいいプレー、今回よりは冷静なコーチングができることでしょう。

おっしゃる通り、匿名掲示板であろうとどこであろうと、「誰それイラネ」みたいな言い方は、あまり感じよくないですね。チームが大事なあまり、つい選手を取り替え可能なモノ扱いしてしまうというのはありがちなことですが。

投稿: おがん | 2004/10/16 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/1359721

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ準々決勝 FC東京vs.ガンバ大阪:

« サッカーai | トップページ | 梶山ゴール特別図解 »