« 梶山陽平選手の検査結果について | トップページ | 9.13の晩ご飯 »

2004/09/13

サカマガ・サカダイ・ストライカーDX

サカマガは、増嶋インタビュー。U-19のチームについて語っているわけだが、自分語りの多いやつだ。「中盤なんかは、大熊さんも選ぶの難しいと思いますよ」あたり、小生意気で増嶋らしい。で、増嶋ってイルハン顔だね。p.24の写真がよく似てるよ。いい男は似るもんなのか。ジェレミーコラムは、今野ちゃん絶賛しまくり。ジェレミー、「完全なる選手」って、それはいい過ぎやろ。稲本と並び称しちゃったりして。や、別に今野に不満があるわけではなく、東京の選手だからちょっと謙遜してみました。それから、『人 of the Week』で、小林成光の「刻んだ新たな一歩」。ちょっと涙出た。おいら事故以前のコバ知らないんだけどね。それから、小ネタですが、『この一言にシビれた~っ!』で、モニが「ウイニングイレブンでは、おれの能力低すぎるんです(笑)」だそうです。モニがスピード系ディフェンダーだって何でみんなわかってないんだろうね。神戸戦の戦評は税所真紀子さんで「数的優位、一点のリード、それでも、攻撃の姿勢を失わなかった」だそうです。いや、失ったと思うな。阿部ちゃんで取り戻したというか。あと、柏原審判に5点はあげ過ぎ。

サカダイは、今週はあまりFC東京的に買いではないです。今週から始まった小笠原満男さんのコラム(連載を持つなんて、どういう風の吹き回しだろう)で、代表の話で「ムードメーカーはやっぱり土肥さんですね。本当に面白い人なんですよ!」といってるのが微笑ましかった。代表戦見てても、満男さんが土肥ちゃんに懐いてるのはよくわかるからねえ。不思議なものだが。大熊のアジアユースに向けてのインタビュー3ページ。あまり変わりばえしないけど。神戸戦の戦評は塚越さんで、「必殺、CKアタック」だそうです。2-1で勝ち越してるのに、後半80分の神戸のコーナーキックで、阿部ちゃんと憂太とケリーまで残してカウンターを狙ったことについて。まあ、褒めどころはそのくらいか。えー、柏原審判の採点が3.5点、「この日は選手たちにとって最大の脅威となっていたのは、主審の不安定な判定だった」というコメントは至当でありましょう。

ストライカーDX、石川ナオと今野ちゃんの対談が載っているというので買ったんだけど、二人とも真面目ないい子たちなんで、真面目です。で、adidasとのタイアップ記事らしくて、最後はスパイクの話してますね。アテネ五輪代表での交友関係なんかを感じさせるのは、今野が高松大樹のことを「大樹さんは面白いんですよ。すっごく面白くって。面白いですよね?」といって、石川が「そうなの?」といってるところね

|

« 梶山陽平選手の検査結果について | トップページ | 9.13の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/1429939

この記事へのトラックバック一覧です: サカマガ・サカダイ・ストライカーDX:

« 梶山陽平選手の検査結果について | トップページ | 9.13の晩ご飯 »