« タモリのTOKYO坂道美学入門 | トップページ | 11.3の晩ご飯 »

2004/11/04

2004 ヤマザキナビスコカップ 決勝 FC東京vs.浦和レッドダイヤモンズ

国立からそのまま味スタへ、優勝報告会に出た後、相方とささやかに祝杯をあげて帰ってきました。ああ幸せ。いろんなことに寛容になれそうな気がするわ。本当か?

今日は朝から、特に気合いが入っていたわけじゃない、いつも通りの応援をしようと思っていた。でも出掛けに、最近つけているオードトワレ、グッチのENVY me(ギャルくさい趣味ですまん)ではなく、ランコムのMiracleを付けることにしたのは、やっぱ何か奇跡が欲しいところがあったんでしょうかね。しばらくオードトワレ変えられないじゃないか。まあ、そうそう奇跡が何度も起ったら奇跡でも何でもないが。
さて国立。

いつものように目がマジな浦和サポーターその数4万人くらいかな、に対して、伊達と酔狂でサポートするFC東京サポーター1万数千人という、アウェー状態なのは予測の範囲内。東京サポーターは試合前から懐かしの応援シリーズ、東海大のパクリとか(あの、T・O・K・Y・O!ってやつ。ノリノリ)笑った笑った。ジンギスカンの岡元のフルバージョンも。リラックスした雰囲気で試合開始。これがよかった。うちらがガチガチだったら選手は本当に硬くなっちゃうからね。
前半、いい感じで攻めていて、うちのサイド攻撃、効いてるじゃーん、とか思ってたら、30分もしないうちにジャーンが退場。あれはどうよ。つーか、一枚目が厳しすぎたんだけど。ジャーンもキャプテンマーク付けて張り切ってたからなあ。がっくりと膝を折るジャーン。早々と10人になり、「愛してる東京」を歌っていたら涙が出ました。ヒロミがすぐフミさんを下げて藤山を入れたのは、守備固めもあるけれど、ひとつにはフミさんにも一枚イエローカードが出ていたからなんだろうなあ。今野ワンボランチ。今ちゃんがいてくれて本当によかった。
何とか前半無失点で押さえ、後半、土肥ちゃんが当たっている。広島戦から当たってきた土肥ちゃんが真骨頂。松代かと思いましたよ。雨あられと降り注ぐレッズのシュートを凌ぎ切った。まるで東京側のゴールマウスに見えない壁でもあるかのようである。ひとつには、田中達也がいまいちだったせいもあるかも。永井は積極的に突破してたけど、エメも達也も永井もフィニッシュの精度を欠いていた。もちろん、東京の茂庭も今ちゃんも藤山も、気持ちが入っててみんな素晴らしかったよ。
延長は勘弁してくれよと思ったけど延長。どうせならPK戦に持ち込んで欲しいけど、早晩入れられるな、あの様子では、と思ったけど延長も凌いだ。ジャーンが退場してから90分、10人で無失点で抑えたのだ。
引き分けだ。あとはPKだ。5人目、加地くんが出てきた時すげー緊張した。加地くんのPKなんて見たことなかったし、アジアカップの時も彼まで回らなかったんだしね。加地のPKって、あれ右からのクロスそのまんまだね、右から助走つけて。決めてくれてよかった。本当によかった。
主審は吉田さんで、浦和寄りかなやっぱ。何でこっちがちょっと足かけてイエローで、浦和はひっぱって引き倒してるのにカード出ないのよー。それにこの人はディフェンダーとフォワードが競るとディフェンダー側のファウルをとることが多い人で、それもひとつの見識だと思うけど、西村審判なんかとは真逆な感じがするね。守備的な状況では不利な審判ではあります。あと、バックスタンド側副審がいまいち曖昧な人でしたね。10人という数的不利、そして判定の不利をはねのけ、高い気持ちで戦った東京の選手たちを誇りに思う。
まあでも、浦和相手の時はいつも思うけど、百万回やっても負ける気がしない。勝てるとまでは思わないけど。この取り組みはいつもそう。中盤での忠実な潰し合い。シロウト目にはグダグダな試合。内容よりもとにかく勝ってよかった、みたいな。今回はうちが10人になった分、浦和はかえってやりにくかったんだろうね。逆に浦和が10人になったんだったら東京が負けてたかも知れない。
個人的には、梶山が、あの山田さんからボール奪ったところがよかったな。山田さんてめったにボール奪われたりしないんだよ。ダメ山田さんはノリオに股抜きされたりするけどね。あと、梶山がゴールラインのところでトラップしてキープしたところとか。きゃー、梶山ー。すいません、最近本当に梶山ギャル婆になってます。

何かうちの選手、初のファイナルで、もっと緊張したり舞い上がったりするかと心配したけど、そんなことは全くなかった。最初っから、いいプレーしていた。ジャーンが退場していなければどうなったかは神のみぞ知る。
こうやって、またひとつ、歴史を積み重ねた。その場に立ち会えたことが本当に幸せである。

|

« タモリのTOKYO坂道美学入門 | トップページ | 11.3の晩ご飯 »

コメント

おめでとうございます。タイトルホルダークラブへようこそ。私は磐田が初タイトルを取った時は本当に嬉しくて,こんなに喜んだことは一生で初めてっていうくらい爆発してしまいました。もう,あんな体験は二度とないと思います。

もちろん,勝利だけがすべてではない。でも,本当の勝利の喜びというものもあじあわせてくれたチームに本当に感謝したものです。ちょっと負けがこんだくらいでどうこう言う気にはなれません(まあ,たまにいうけれど)。

浦和にしてもFC東京にしてもここからでしょう。次が本当にチームに問われるのかもしれません。なんかえらそうですいませんが,これはチームカラーっていうよりは私の性格のようなので。

投稿: Yam. | 2004/11/04 01:33

本当にえらそうですが、今日のあたしは寛容なので許してあげます(笑)

投稿: おがん | 2004/11/04 01:51

おめでとう!
PKで勝つなんて、日本代表みたいやねぇ。
ナビスコ勝つと、どっかのカップ戦にでるんじゃなかったっけ?
シンガポールであるといいねぇ。

投稿: | 2004/11/04 10:25

残念ながらナビスコカップは国内限定タイトルみたいです。天皇杯取ればACL出れるかもですが。

投稿: おがん | 2004/11/04 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/1858428

この記事へのトラックバック一覧です: 2004 ヤマザキナビスコカップ 決勝 FC東京vs.浦和レッドダイヤモンズ:

» Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 決勝 FC東京 vs 浦和レッドダイヤモンズ [Down by law]
入場のシーンだけでも泣けてきちゃったよ。 ホントついこの間までは勢いだけでなんとかJ1に しがみついてるようなチームだったのに、 気付いたらもう決勝だもん... [続きを読む]

受信: 2004/11/04 16:45

» ロード・オブ・ナビスコ [わくわくみんとらんど]
いまさらですが、ナビスコ決勝。 [M-指定] ここで語られることは映画「ロード・オブ・ザ・リング」を 観た人にしかわからない内容が多く含まれておりますが、 管... [続きを読む]

受信: 2004/11/10 13:29

« タモリのTOKYO坂道美学入門 | トップページ | 11.3の晩ご飯 »