« 12.8の晩ご飯 | トップページ | 12.9に買った本・山下書店新宿MyCity店閉店のことなど »

2004/12/09

Number #617

え?表紙?は特に気にならなかった。つーか、エメルソンって何かいいヤツっぽいじゃん。高原が表紙とかのがイヤだ。まあ、一試合に4点も決められたりしたしな。浦和ってなにげに好きな選手いるなあ。エメルソン、山田さん、永井、平川…。エメって歯列矯正してるんだね。知らなかったよ。
クローズアップ『FC東京 王道を往く』写真見開き2ページ、記事が2ページ。いい写真だ。ナビスコ決勝、優勝が決まった瞬間、こっちに向かって駆け出す憂太、藤山、モニ、モニの後ろにルーちゃんの頭、石川、カナジョー、梶山。梶山なんか、ペナルティーキック外しちゃったもんだから動揺してたらしくて、泣きながら口を開けてたぶん大声出しながら走ってるよ。いつも無表情で冷静そうだけど(増嶋曰く「勝負師ですね」)、こういうところ、うちの子だなあ。藤山ってやっぱり阿川佐和子に似てるー。
記事は、金沢浄の、移籍当初はミニゲームですら磐田と全然違うので戸惑ったという話が興味深かったですね。パスを回して回してリズムを作ってゴールを目指す磐田と、ダイレクトに縦に速い東京ということだと思うけど。でも金沢の移籍当初より、2003年から2004年シーズンで東京のサッカーも相当変化して、テクニシャン系も増えたし、繋ぐようになったんで、今ならどうなんだろう。金沢に聞いてみたい気がしますね。
タイトルの『王道』は、もちろん、性急に力で結果を出す『覇道』に対しての王道、現場とフロントと環境のバランスを取りながら少しづつレベルアップを目指しているFC東京の漸進主義を、いい方に解釈してくれての表現だと思います。鈴木徳彦強化部長のいう大型補強、あるんでしょうか。あるとしたらいつでしょうね。

|

« 12.8の晩ご飯 | トップページ | 12.9に買った本・山下書店新宿MyCity店閉店のことなど »

コメント

あの梶山の表情を早く見てもらいたくてウズウズしてたので(笑)
決勝の映像で憂太と梶山が泣いてるのが一番グッときたりします…
勝手に泣かないってイメージ作ってたので、この子達も東京っぽかったんだなと。
タイトルの『王道』の意味が分からなかったんですけど、なるほどそういうことなんですね。

投稿: 東京青赤支店 | 2004/12/10 00:03

おがんさん、こんばんは。
「カナジョー」にガツーンときました。
今夜は眠れません。。。
私もナンバー買っちゃいましたが、ユータの崩れた表情にも心が揺さぶられます。

あ、姐さんこんなところで・・・

投稿: mako | 2004/12/10 00:32

>青赤支店さん
情報ありがとうございました。さっそく買いましたよ。
いやもう、憂太、梶山という生え抜き1号2号たちこそが、東京がタイトルを取ったということの意味を、一番深く噛みしめたのではないかと想像するわけです。トップチームがタイトル持ってないことで悔しい思いをしたこともあったはずです。憶測ですが。

>makoさん
あれ?カナジョーって結構一般的だと思う。全部全角カナというところがミソです(そうか?)

投稿: おがん | 2004/12/10 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/2212274

この記事へのトラックバック一覧です: Number #617:

« 12.8の晩ご飯 | トップページ | 12.9に買った本・山下書店新宿MyCity店閉店のことなど »