« 1.16の晩ご飯 | トップページ | 司馬遼太郎『侍はこわい』 »

2005/01/17

震災から10年と1.17の晩ご飯

阪神淡路大震災から10年の今日、三ノ宮出張、日帰り。ユーザ様がちょうど神戸市役所の近くだったのだが、イベントなどがあったらしく、人がいっぱいいた。「天皇はんも来てはったらしいで」とのこと。関西テレビなんかも駅前を撮影に来てましたね。
あの震災の時、前日まで京都で遊んでたあたしらは息をのんだ。京都も震度5で、歩道橋が捻じ曲がってたりするのだ。相方は親戚知人が関西に大勢いるので、電話をかけまくったが網輻輳でつながらず、心配で仕事が手につかない様子であった。幸い大きな被害はなかった。あたしの上司は神戸の家が壊れ、しょうがなく何千万か借金して建て直した。命あってのものだねとはいえ、予定外の借金を返し続けるのも大変なことである。

晩ご飯は、新大阪で買って帰った平塚明太子(中辛)。鴨池の帰りに鹿児島で買ってきた鹿児島地鶏の炭火焼、かぼすこしょうをつけて。ごはん。味噌汁。いるかちゃんの台湾みやげの凍頂烏龍茶。

|

« 1.16の晩ご飯 | トップページ | 司馬遼太郎『侍はこわい』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/2607111

この記事へのトラックバック一覧です: 震災から10年と1.17の晩ご飯:

« 1.16の晩ご飯 | トップページ | 司馬遼太郎『侍はこわい』 »