« Jリーグ28・FC東京編 | トップページ | 1.8の晩ご飯 »

2005/01/09

全国高校サッカー選手権大会 準決勝

実は寝坊しちゃって、国見 vs. 鹿児島実業は後半から見たですよ。天気はいいけど時折吹く風が寒くって、用意のひざ掛けにくるまって、ホカロンをポケットに入れての観戦になりました。バックスタンド上層の、聖火台の下あたりで見ておりました。
0-1で鹿実が勝っている状態で始まってた後半からの、ざっと感想。国見があまり元気がないというか、こぼれ球もひろえてないし、運動量もいまいちでしたし、後がないのに、もうちょっとやってもいいんじゃないかな、という出来でしたよ。シュートも、遠くからとりあえず打ってみましたみたいのが多くて、どうしたの国見という感じです。鹿実はサイドをワイドにつかってよく攻めてたです。左サイドをえぐってクロスというのが形なのかな。ただ、点が入る気配はあまりなくて、フィニッシュの精度やゴール前での落ち着きみたいなのが、鹿実はもうひとつだった気がしました。前半の1点も、最初から見ていたYam.さんの話では、ゴール前の混戦からクリアボールをゴール側に蹴り返したのが偶然入ったみたいな、ちょっとラッキーなゴールだったそうだし。これはどっちに転ぶかわからん、と思いながら見てました。そうしたら、真面目にプレスをかけ、球際もよく、よく走ってボールを拾っていた鹿実には、ご褒美にもう一点あげよう、みたいに点が入った。シュートはやや正面だと思ったけど、国見のディフェンダーに当たってゴールに吸い込まれてしまいました。0-2。これで勝負が決まりましたね。国見の渡邉千真くんが、終了直後にピッチに仰向けに倒れてたのが印象的。孤軍奮戦してたんだよね。

さて、星稜vs.市立船橋。市船の、組織的に動く美しい最終ラインに、「綺麗ねえ」とかゆってたら星稜がいきなし先制というびっくりで始まりました。市船はちょっと慎重に入り過ぎてラインが低かったような気もしますが、星稜の中央の縦パスへの反応も早かった。ちょっと、オフサイドかと思ったけどゴールは認められました。早い時間帯で先制すると余裕持っちゃって駄目なのはFC東京ですが、星稜もそうだったかもわからない。中盤では支配してるけどなかなか最後まで持っていけなくなってしまった。逆に、クリアボールを拾われて同点。後半も、流れは市船のまま、スピードのある19番白山くんが長い距離を駆け上がってゴールを決めた。やっぱり市船かー、と、このまま何事もなく終わるのかと思ったら、何と後半ロスタイム、コーナーキックから星稜が同点弾を叩き出してしまったのだ。
seiryo
このシーン、市船の選手はほとんど全員が自陣前に戻って守備をしていたんだけど、棒立ちになっていたというか、集中が欠けてたですかねー。ロスタイムがね、ちょっと長いような気もしたんですよね。日本の審判て、ほら、やたらプレーのキリがいいところまで終了の笛を引き伸ばす習性があるじゃないですか。ちょっとキリが悪い感じだったので伸ばしてたらコーナーキックとってしまった。ここで蹴らせないとフェアじゃない感じがして蹴らせたら入ってしまった、みたいな感じ。星稜にはラッキーだったけれども、ロスタイムでも慌てずに、粘り強くボールを繋いで攻撃をしていた星稜の執念ということもあります。(写真は相方がCoolPix8700で撮影)

そこでPK戦に突入ですよ。試合運びを見たら、星稜の方に波がある気もしたし、でも、市船のキーパー中林くんが身体能力があるので止めそうな感じもしたわ。それに市船は前回大会でPK戦に泣いたので、今大会では相当ペナルティーキックの練習をしたという話も聞いていたしね。
ごめん、星稜のキーパーがちびっ子くんだったので見くびってたけど、1本止めたわー。2人目で星稜が外したけど、4人目の市船のキックはキーパーに止められ、をー、盛り上げてくれるじゃん。5人で決着がつかず、6人目へ。プレッシャーのかかる中、星稜が外してジ・エンド。
面白い戦いでした。市船はさすがの試合巧者というか、先制されても落ち着いて危なげのないゲーム運び、カウンターの切れ味はさすがの伝家の宝刀という感じでしたし、星稜の中盤でのパス回しは見応えがありましたよ。粘り強く同点に追いついたのに、本当に残念でした。

ところで、終わって携帯でWEBを見たら、あれですって、日テレがこのPK戦途中で中継を終了しちゃって大クレームですって?なんだかなー。あたしは昨日発売のEL GOLAZOで、日テレの舛方常務のインタビューを読んで、ああ、こういう人たちの情熱のおかげで高校サッカーは支えられて来たんだなあ、と感激して、日テレをちょっと見直していたのに、昨日の今日ですからね、がっくりですよ。何でこう、自分たちが育ててきたものを自分たちの手で壊すようなことをするんでしょうね。残念でなりません。

|

« Jリーグ28・FC東京編 | トップページ | 1.8の晩ご飯 »

コメント

元放送業界にいた人間なんで、日テレの処置はいたしかたないとは思いますが、視聴者としては何とかならんのかい!ってとこでしたね。(何で延長枠取ってなかったんだ?)
東京では直後に高校サッカーダイジェスト番組になったからまだ良かったものの、他県では全く違う番組になったりしたようですし、後味悪いですね。来年は改善して欲しいものです。

投稿: mako | 2005/01/09 01:42

やー、日テレさんには申し訳ないのですが、前日にEL GOLAZOで舛方さんのインタビューを読んでいたのでなければ、放送事故に等しい今回の中継終了を知っても「どうせ日テレのやることだ」で済んでいたような気がするんですよ(笑)、あたしの中では。そもそも民放地上波にあまり期待していないというか。

投稿: おがん | 2005/01/10 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/2513772

この記事へのトラックバック一覧です: 全国高校サッカー選手権大会 準決勝:

« Jリーグ28・FC東京編 | トップページ | 1.8の晩ご飯 »