« 1.2の晩ご飯 | トップページ | 帰京しましたと1.3の晩ご飯 »

2005/01/03

全自動

実家の全自動洗濯機との対話に疲れる。母もあたしも原始的な二層式を使ってきたので、全自動なんていうICチップが入ったものは初めてなのだ。ようやく標準コースで洗濯を開始し、しばらくしたら、洗濯を停止して、なんかやたらインジケーターが点滅しているから、説明書をひっくり返したら、風呂から残り湯を取っていたのが、お湯が足りなくなったらしいのだ。そんならそうともっと早くいえよ。インジケーターを節約しようとして、同じインジケーターの点灯と点滅で別の意味をもたせているところが既にしてわかりにくい。説明書なしで洗濯できる日が来るとは思えない。
そういえば昨日、温泉に行った際、入浴料が自動券売機だったのが実にわかりにくく、母親がまごまごしていたが、あれは同じボタンをもう一度押すとキャンセルされる仕組みだからで、それは年寄りにはわからないぞ、と思ったのであった。母親は、ちゃんと押したかどうか不安で何度も押してしまって、複数販売するランプが点いたり消えたりしてわけがわからなくなっていたのである。
実家には電子レンジというものも導入され、温め直しなどにまことに便利ではあるが、やはり操作がわかりにくく、1つのボタンで1回押すのと2回押すのでは機能が違うのだが、これが十秒以内だか何だかに2回押さないといけないのである。これは手に震えがきつつある老人には相当難しいよ。つーか、ダブルクリックの概念を理解してもらうだけでも難しいよ。これならボタンが増えても別のボタンにしてくれた方がよかった。
高齢化社会だの何だのいいつつ、年寄りには不便な仕組みばかりが横行しているのが、何だかなあと思うのである。切符の券売機や自販機、洗濯機、電子レンジなどのユーザーインターフェースは、今後統一される必要があるだろう。

|

« 1.2の晩ご飯 | トップページ | 帰京しましたと1.3の晩ご飯 »

コメント

あけましておめでとうございます。

確かに、洗濯機や電子レンジなんかは非常に高機能になったにもかかわらず、ボタンの数は少ないまま、表示部もせいぜい時間や水量を表示するのみ。今の日本の技術なら、液晶でインフォメーションくらいつけられるだろう?そこにタッチパネルでもつければいいのに、たったそれだけのことができない。それをつけると1万円高くなり競争力がなくなると考えているのか、奥様のことを考えていない技術者しかいないのか、そういう商品見ませんねぇ。
 でも、液晶も何もないシンプル携帯電話がかえって好評になったりするわけですから、家電メーカーもいらん機能着ける前に操作性を向上させてもらいたいものです。

投稿: 井村 瑶茉 | 2005/01/03 11:19

あ、あけましておめでとうです。
液晶もね、半端なのつけても年寄りは見ないですよ。機能をしぼる方がまだマシかなー。

投稿: おがん | 2005/01/03 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/2454679

この記事へのトラックバック一覧です: 全自動:

« 1.2の晩ご飯 | トップページ | 帰京しましたと1.3の晩ご飯 »