« 2.23に買った本 | トップページ | 『FC東京ファンブック2005』発売のお知らせ »

2005/02/24

落書きの件いまさら

いやもうここ数日、落ち込んでねえ。悲憤慷慨というか、慙愧の念に耐えませんてやつ。恥ずかしいですよ。
でもまあ気を取り直して青赤系のblogをあちこち見たんだけど、違和感ありまくりでちょっとめげた。
もちろん、今回のようなことは、あってはならないことです。犯罪です。償いはすべきです。その通りです。当然です。でもなあ。

あたしはもちろん犯罪や暴力は肯定しません。しませんが、贔屓のチームを持つということは、非常に野蛮で原初的な本能、過剰な情緒的な反応を揺り起こされる側面があり、だからこそ魅力があり、喜びや悲しみがあるわけです。そういう中で、非暴力とは、暴力を振るった人間を単純に非難し排除することでではなく、常に自分自身が暴力の周辺を経巡っていることを自覚しつつ、その罠に落ち込まない細心の努力を、常に払い続けることで、ようやく達成できるのではないかと感じています。
ご贔屓のチームが負けた時に相手チームのサポーターが喜ぶ姿がむちゃくちゃ癇に障る(理不尽なことです)、相手チームの選手が自分のチームの選手を後ろから削ったら何かぶつけてやりたい(やりませんよ、やりませんが、手元にころあいのコンクリートブロックがあったらわからん)、こういうことは、別にイギリスやイタリアやトルコのサポーターであれ日本のサポーターであれ、また、若くて血気盛んなサポーターであれ、あたしのように、怖がりで、およそ暴力には向いてないおばさんサポーターでも、精神的な部分では似たようなものなんじゃないかと思ってます。まあ、ちょっとね。
そういった自省や自戒を抜きに、犯罪だ、排除だ、というのはむちゃくちゃ違和感ありますよね。

サッカー景気の悪い話: ヴェルディの新名所(笑)は、共感と尊敬を持って読みました。こういう文章がヴェルディサポーターから提示されたということ。
やっぱおれらは文化的な成熟度がまだまだなんだなと。

※2.24追記
帰宅系。の人はこのようにお書きでした。納得しつつ読みました。

|

« 2.23に買った本 | トップページ | 『FC東京ファンブック2005』発売のお知らせ »

コメント

西台の頃から応援やヤジのガラが悪くて下品だと言われたけど、そりゃそういうモンじゃないとおさまんないんで、でも実力行使はしないぞ、みたいな矜持を汚された気分だったりしたのが、ココ読んで、ここから「ヴェルディの新名所(笑)」を読みに行って、治まったような。

ま、最近の応援はあんまり下品じゃないみたいで、良かった良かった。
(独り言をつぶやきに来てしまった。)

投稿: kemeko | 2005/02/24 15:20

>kemekoさん
をや、意外な人が。
東京サポーターはここんとこ急激に増加したのでねー。まあ、おいらもそのニワカの一人ですが。
あまりサポーター論みたいなのは避けたいところです。不毛だし。
また独り言つぶやきに来て下さい。

投稿: おがん | 2005/02/24 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/3055163

この記事へのトラックバック一覧です: 落書きの件いまさら:

« 2.23に買った本 | トップページ | 『FC東京ファンブック2005』発売のお知らせ »