« 一夜明けると加地 | トップページ | 3.26の晩ご飯と『ごくせん』『のだめ』一気読み »

2005/03/27

ナビスコ杯予選第2節 FC東京vs.大分トリニータ

寒かったですね。昨日から鼻水びしばしの相方とおいら。今年から花粉症になるにしても、二人同時にというのはちょっとありえないので(たぶん)、おそらく風邪でしょうね、風邪。
選手紹介の時、阿部ちゃんにはブーイングと拍手、拍手の方が多いな。ブーイングしながら拍手してる人もいそうだ。前半はずっと阿部ちゃんを見ていた。プレー中はさすがに、阿部ちゃんがボールを持つとブーイングが起こった。阿部ちゃんは右サイドで危険な動きをしていて、守備もよくしていたし、スローインもしてた。右サイドをドリブルで突破していいクロスも上げていた。中に切れ込んでチャンスメークもしてた。阿部ちゃんにやられるなよ、と思いつつ、さすが阿部ちゃんだよ、とも思いつつ。でも阿部ちゃん、見たいのはチャンスメークじゃなくシュートだ。ゴールなんだよ。いや、あまり東京の試合では見たくないが。
後半、一人減った大分が、きっちり5バックで整然と組織された守備をしていた。最終ラインは高い位置に保ち、東京にスペースを与えなかった。最後まで、崩せなかったなあ。あれだけ向こうのラインが高いんだから、もう少し裏に走り込む動きがあっていいと思ったんだけどなあ。ずいぶん縦に遅いチームになってしまったものだ。ボールを持たされていいチームではないんだけどね。阿部ちゃんに怪我をさせてしまって、替えられてしまったので、後半は梶山を見ていた。梶山のところを通るとボールが綺麗に意思を持って動いてくれるんだが、あまり触れなかったな。梶山らしいドリブルも少しあったけど。ボールを持たされていただけで、全然こちらのリズムではなかったね。まさか0-0で相手が時間を使ってくるとは思わなかった。どちらのチームも忍耐が必要なゲームではあった。東京の見せ場としてはノリオのフリーキック、強烈だったけど岡中がファインセーブ。岡中はこれが今季初試合だったのではなかったか。試合勘が鈍っていたのか、キックはずいぶん外に出してしまったけど、セーブは安定していた。
大分の深谷はやはり凄かった。あの4番の坊主頭ね。こないだ録画で大分-市原戦を流し見しただけだけど、ルーキーということを知ってしまうと、いや、知らなくても、恐ろしいくらい強くてうまい、空中戦にも強いディフェンダーだ。前半だったか、モニとマッチアップするシーンがあって、モニと当たって全然遜色ないどころか。強い強い。
終わってから阿部コールがあった。もちろん点が取れなかった東京の選手への当てつけではあろうけれど、阿部ちゃんがいたならこんな時は前線で引っ掻き回して一点取ってくれたに違いなく(たぶんね)、勝ち点1と勝ち点3の差は阿部ちゃんがこちらではなくあちらにいるということで、それはまさしく阿部ちゃんを必要とする切実な声ではあったわけだ。でもどうにもならないこの想い。阿部ちゃんはアイシングしている足を引きずりながら、天真爛漫にこちらに手を振ってくれた。阿部ちゃんはスタメンにこだわってチームを出たわけだけど、右サイドで最終ラインまで戻って守備もやって突破をしてクロス上げたりスルーパスを通したりしてるわけだ、あの天性のストライカーが。阿部ちゃんはきっとプレーの幅が広がるからといって一生懸命頑張ってるんだろうなあ。ニコニコして手振っちゃってまあ。見ていたら涙が出た。

|

« 一夜明けると加地 | トップページ | 3.26の晩ご飯と『ごくせん』『のだめ』一気読み »

コメント

おぉ、ここにも深谷ファンが!!!(笑。
後半の規郎との熱い一対一に試合中「誰だよ、このハゲ」と言いながらマッチデーめくったら、
なんと大卒ルーキー。驚きましたよ。
ふてぶてしさも感じるくらいのイイ新人とりましたね、大分は。

徹底的に守られると崩すのが難しいのは当然なんですけどね。
サッカーは本来ボール持ってるほうが有利。今日はゲームを間違えたようでした。

投稿: keta | 2005/03/27 01:12

顔がねえ、既にベテランの域なんですよね、深谷。それでなくてもうち、大分あんまり得意じゃないのにね。

投稿: おがん | 2005/03/27 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/3452315

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯予選第2節 FC東京vs.大分トリニータ:

« 一夜明けると加地 | トップページ | 3.26の晩ご飯と『ごくせん』『のだめ』一気読み »