« 4.13名古屋遠征 | トップページ | 4.14の晩ご飯 »

2005/04/14

J1 第5節 名古屋グランパスエイトvs.FC東京

DSCN0290
か、かわいい。毎回これでやられてしまう。マスコットのないチームの弱みであろうか。

ええ、もうあまり振り返りたくもないし、勝敗よりも怪我人が大変な今日この頃なんですけどね。
日本代表ゴールキーパー対決として見ると、もの凄いスリリングな見ごたえのある試合ではありました。楢崎がペナルティーキックを止めて見せれば、土肥ちゃんも至近距離のシュートを止めまくる、ミラクル洋一状態である。すばらしい。ルーちゃんは削られて治療を受けて、ピッチに戻った直後のペナルティーキック、あれ誰か他の人が蹴るわけにもいかなかったんでしょうか。悔やまれるなあ。
ただ、内容的には、名古屋のできがすばらしく、クライトンも本田もよく効いていて、中盤でうちは負けていたので、石川の孤立も、藤山の怪我も、梶山の軽いプレーも、どれかひとつを取り上げて敗因というわけでもないのでしょう。梶山は反省しる。神戸のときはともかく、二回目は許さん。

それにしても加地くんは偉大だな、と思わされた試合でした。石川との連携、上がりだけでなく戻りの速さ、90分通して走り続けるスタミナ…。代表ヲタが何をいおうと、あれはうちの自慢の、日本一のサイドバックである。加地くんがいない。代わりに出た藤山も傷んでしまった。そして茂庭。金沢も危うい。ああ、お願いですからジャーン、怪我しないでね。

寒かった。風が強かった。どうも瑞穂では勝てないなあ。何がどうなんだろう。

|

« 4.13名古屋遠征 | トップページ | 4.14の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/3704404

この記事へのトラックバック一覧です: J1 第5節 名古屋グランパスエイトvs.FC東京:

« 4.13名古屋遠征 | トップページ | 4.14の晩ご飯 »