« 6.25に買ったCD | トップページ | 6.26の晩ご飯 »

2005/06/26

練習試合 FC東京vs.ユニバーシアード代表候補

久々に小平行ってきましたよ。むちゃくちゃ暑くて、立ってるだけでも汗だらだら。日に焼けてしまったー。胸元に日焼け止め塗るの忘れたー。ショック。
まあ、そんな感じなんで、選手もそれなりというか、暑い中でできる範囲のプレーというか。

時間がなくて2本目までしか見なかったし、詳細は既にオフィシャルに上がってますので(F.C.TOKYO:練習試合結果 VS ユニバーシアード代表候補)、ざっと感想。
一本目は祐介・戸田のツートップ。前線にボールの収まりが悪く、やたらとクイックな展開に。祐介はオフサイドにかかりまくり。向こうは徳永がキャプテンマーク付けてセンターディフェンダーをやっていて、徳永からのフィードが多かったかな、あまり中盤は作れていなかった。こちらもあまりシュートまで行けてなくて、得点シーンはモニからのフィードに戸田が飛び出してペナルティエリア内で倒され、ペナルティーキックになったところ。今ちゃんがしっかり決めてましたね。タイセーがすごくいいオーバーラップを何度も仕掛けていて、これは相当、コンフェデの加地くんのプレーに触発されてるなあ、という感じ、こういう健全な競争がレベルアップにつながるのねー。タイセーがんばれ。
二本目、祐介とフミさんに代わりルーカス、梶山が入ったやつ。さすがにルーカスの動きがよくてボールが前線に収まるし、梶山の存在感が抜群でした。まあ、いい意味でも悪い意味でも(笑)、何かやってくれそうなワクワクした感じがあって、見ているこちらは、梶山が出てる間じゅう、軽い興奮状態が持続してましたね。後ろ足でのパスカットや、相手と競って転がって起き上がるとなぜかボールが足元にあるという手品のようなプレー、高いジャンプから弓のようにしなって長いヘディングのパスとか、というかもう、前を向いてボールを持っただけで歓声が上がる(昔の茂庭とは違う意味ですよ(笑))のは、ギャラリーがみんな同じ気持ちなんだろうなあ。決してギャルだけの歓声ではありませんでした。
大学生の方は、赤嶺くんはやっぱりよくて、身長はないけどポストの動きがよかったり、身体の入れ方とかさすがでした。前線からの守備もよかった。
あたしは2本目までで失礼しましたが、4本目にはノリオが出て元気に動いたり、オマちゃんが得点したりしてたみたいなので、見たかったなあ。暑い中、4本目までご覧になった方は報われましたね。
藤山も元気そうだったし、怪我人がぼちぼち戻ってきていて嬉しい限りです。

|

« 6.25に買ったCD | トップページ | 6.26の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/4721629

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合 FC東京vs.ユニバーシアード代表候補:

« 6.25に買ったCD | トップページ | 6.26の晩ご飯 »