« 6.21の晩ご飯 | トップページ | 6.22の晩ご飯 »

2005/06/22

FIFAワールドユース選手権 U-20日本代表vs.U-20モロッコ代表

早朝起きて、録画を見てから出張に出ました。がっかりして雨も降ってて最悪。

最初、前からどんどんプレスをかけていたので、予選のグループリーグではああいうのがなかったし、をっ、やっぱり決勝トーナメントでは戦い方を変えて来たかー、と期待したんですけど。水野、家長という、相手のイヤなプレーをしていた選手を下げていった采配には疑問が残ります。確かに、水野が右前に流れて梶山が前に出て、中盤が空いてしまってましたけどねえ。後半の後半は、どう考えても90分で何とか点を取ろうというプレーではなかった。みんな、足が止まっていました。そこがモロッコとの一番の違い。兵藤は、オーストラリア戦の後、ボールを失うことを恐れて消極的になっていたことを反省していましたが、その反省は最後まで生かされませんでしたね。水本が怒鳴りつけてたなあ。

とはいえ、梶山も、守備にはそこそこ効いてたし、今ちゃんばりのボール奪取もあったけど、その後のパスはダメ梶山だったから。あの運動量では、前半削られた(削った?)時に痛んだ可能性や、膝の状態が悪くなった可能性もないとはいえません。頭も打ってたな。まあ、怪我明けの梶山を使ったのも大熊監督のバクチではありましたね。梶山のパスの受け手がいない。守備は頑張っていたけど、攻撃の連動性はなかった。ミドルシュート打つ意識も低かったようだし。結局ベンチで終戦を迎えた本田くんはどんな気持ちだったでしょうか。トップ下が本田、右に水野、左に家長、前目のボランチで梶山、これが見たかったです。
モロッコは、勢いがあってガシガシ来たけど、ミスも多かったし、攻撃のパターンも少なかったし、恐れるに足る相手ではなかったと思うんですけどねえ。ああ、がっかり。
えー、増嶋は前半のパスミス以外はまあまあかな。

余談ですが、うちはスカパーで見たんですけど、解説の川本治さんがネガチブでイヤでした(笑)。特に梶山にダメ出しを延々していて、そりゃまあダメなところの多い梶山だったけどさ、ダメなとこばっかりいわれても、見ている人間はどうすればいいのか。ネガティブキャンペーンか。隣で実況の西岡さんがフォローにまわって大変そうでした。「ああいうところではもっとセーフティーにぶちぶちぶち」「あっ、今の、今のはよかったですよねっ」「このチームはサイドチェンジというものがほとんどなくぶちぶちぶち」「あー、いいサイドチェンジが入りました」(※西岡さんじゃなく田中さんだったかも)

あああ、これで終わりかあ。悔いが残らない結果なんて優勝しかないとはわかってるけどね。梶山、増嶋、チームに戻って、もう一度がんばって結果を出そうな。この悔しさを成長の糧にするには、それしかないから。
スポーツナビ | ニュース | 「世界は甘くない」梶山陽平=U-20日本代表
スポーツナビ | ニュース | 「最後の粘り強さが足りなかった」増嶋竜也=U-20日本代表

|

« 6.21の晩ご飯 | トップページ | 6.22の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/4662288

この記事へのトラックバック一覧です: FIFAワールドユース選手権 U-20日本代表vs.U-20モロッコ代表:

« 6.21の晩ご飯 | トップページ | 6.22の晩ご飯 »