« 7.30に買った本 | トップページ | 7.31の晩ご飯 »

2005/07/31

鈴鹿8耐 2005

自宅で冷たい飲み物とスナック菓子を用意し、お気楽な観戦。
今年の優勝請負人は#7の清成・宇川組らしい。普通は#11なんだけどね、まあセブンスター・ホンダってくらいだからね。
途中、雨に見舞われ、タイヤチョイスにも明暗があったりと、大変難しい展開だった今年の8耐だが、ホールショットから8時間後のゴールまで、#7のペアはトップを他に譲らなかったのである。結局上位5チームくらいホンダかな。
清成龍一は、大ちゃんが亡くなった時、大ちゃんのリプレースでチーム・グレシーニからWGPに参戦、その後は活動の場をブリティッシュスーパーバイクに移し、今季はいい結果を出している。見てると結構不思議なライダーというか、相当ハードにプッシュしていても、プッシュしている感じがしないのだ。原田や大ちゃんのような宝石のように美しいコーナリングというわけではなく、ハガノリや中野真矢ちゃんのような鬼突っ込みがあるわけでもない。しかし、リアのスライドをいなしたり、立ち上がりのライン取りで抜いていくところを見ると、安定して速いということなのかも知れない。この8耐の結果を得て、来季は世界スーパーバイクやWGPという目もあるか。
宇川は8耐5勝の最多記録。まさに鉄人ですね。
青木治親を擁したオートレースのチームが3位に入った。久々に治親のライディングを見れて楽しかったよ。

|

« 7.30に買った本 | トップページ | 7.31の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/5245877

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿8耐 2005:

« 7.30に買った本 | トップページ | 7.31の晩ご飯 »