« 魂鎮め | トップページ | 7.23の晩ご飯 »

2005/07/24

J1 第18節 FC東京vs.ヴィッセル神戸

勝ちたい試合だった。亡くなった人のことをずっと考えながら、ユルネバも大声で歌うことができた。今日は勝ちたかった。

鬼のようなスケジュールだったHot6も今日で終わり、予想以上に、どの選手もフィジカルが落ちている気がした。前節結果を出したノリオと憂太をベンチに置き、おそらく痛む足を庇ってか全然走れず守備にも攻撃にも効いていない石川と、疲労で運動量も精度も落ちている栗澤をスタメンで使いますかそうですか。この采配はちょっと不満。まあ、ノリオを先にしてナオを勝負どころで入れてみたらダメでしたでは困るわけだが。今、ノリオの方が、相手のイヤなところで多くプレーできてるし、ボールも奪われてないよ。

前半の前半くらい、梶山のサイドでのキープから加地の突破、マイナスのクロスに対して、真ん中に入った栗澤が決められなかった、いや、ルーちゃんに出そうとしたのか、あそこは決定的だったなあ。ああもったいない。
攻めているのに点が入らなくて前がかりになって、ロングボール一発でオフサイドかからなくてあっさり失点。土肥ちゃんが躊躇してたな。栗原って足速いね。
前半、ちょっと見てらんない内容だったので(あ、すいません。セクシー東京も一回ありましたね。いい感じで攻めているのにフィニッシュがダメという状態を指します)、後半はゴール裏に移動しました。なので、あまり細かいところは見れてないです。ヒロミはようやくあたしの進言を容れて(うそです(アタリマエだ))、石川と栗澤を下げてノリオと憂太を投入。この憂太がよくって。梶山と一緒に前の方で何度もチャンスを作っていましたよ。憂太のゴールは美しかったね。落ち着いてよく決めてくれました。
セットプレー、ノリオがいるとノリオコールがかかってノリオ以外の選手が蹴りにくいようですが、本人たちも何かのインタビューでいってたけど、憂太が蹴る方がいい位置の場合もあるんじゃないでしょうか。まあ、みんなノリオが見たいんだろうけどさ。

もちろん引き分けは悔しいけど、金沢が怪我をして相当痛そうにしていたのと、石川の出来が悪すぎたことを考えれば(栗澤が右尻の下あたりをしきりに気にしていたのも心配だ)、負けなくてよかったと、そういう試合のような気もします。
それより、ここに来て憂太が復調し、梶山と憂太で魅せてくれた。それが嬉しい。この二人がアクセントになって試合を作れれば、引いた相手を崩すこともできるわけで。シーズン半ばでようやく今年やりたかったことが片鱗を現した。シーズン前の怪我が本当に悔やまれるけど、それはまあしょうがない。ルーちゃんとか、前4人のコンビネーションをもっと高めていって欲しいと思いますね。あれ、ササはどう使うんだろう。

半分満足して、半分は、失ったものの重さをじんわりとかみ締めながら、まあ、引き分けは引き分け。

※余談
地震の時は、新宿の大江戸線のホームにいました。地下4階くらいの深さですね。大きくぐらっときて、膝かっくんみたいになった。でも大江戸線は徐行運転で動いてました。新宿からの移動に、歩く距離が少なくて済むから大江戸線にしようといったのは誰だったんだろう。ラッキーだった。
国立まで苦労してたどり着いた人はお疲れさまでした。たどり着けなかった人は残念でした。既に国立のスタンドにいた人の話では、このままあの古い歴史的な建造物と共に崩れ落ちるんじゃないかと思ったくらい揺れたそうです。無事でよかった。でも知り合いのフロンタサポが、地震の時は臨海の仮設スタンドにいて、ちょうどカレーを喰おうとしていたところだったらしく、想像ではこっちの方がもっと大変そうだ。

|

« 魂鎮め | トップページ | 7.23の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/5121982

この記事へのトラックバック一覧です: J1 第18節 FC東京vs.ヴィッセル神戸:

« 魂鎮め | トップページ | 7.23の晩ご飯 »