« トレビソ 石川獲り正式オファーへ | トップページ | 8.20の晩ご飯 »

2005/08/21

J1 第19節 浦和レッドダイヤモンズvs.FC東京

やー、まいったね。上川審判ひどかったね。ますます下手になってた。あれには東京サポーターも浦和サポーターも不満であろう。あと、副審が上川の顔色伺ってるようなのがむかついたね。録画を見て検証せねばなるまいが、取り合えずまだ見てません。しかし今日は鹿島vs.広島の岡田正義審判がすごかったようなので、上川でもまだマシとか、そういう世論になってるかも知れない。

さて、審判は敗因とはとてもいえないわけで、中盤であれほど圧敗してたら言い訳もなにも。動き出しも遅く、セカンドボールもほとんど拾えてなかった。問題は梶山のポジショニングだったのだけど。まず金沢が地味にいまいちだったせいもあって、永井にやられまくっていた。そのせいか、今野がいつも以上に左に寄ってサポート、そのため真ん中に広大なバイタルエリアが広がっており、梶山一人でそれを埋めるのはとうてい無理という感じでした。ポジショニングが悪いというか、あっちにもこっちにも居なきゃいけなくて、どうしていいかわからずへろへろになっていたと思う。二失点目は、その梶山を代えようとしていた矢先の、梶山起点の失点ではあったなあ。必然というべきか。ポンテはいい選手だね。こうやって、浦和は強豪になっていくんだろうね。

救われたのはもちろん、中央でセンターフォワードらしい得点を決めたササ。すばらしい、ササらしい得点だった。戻ってゴールネットに絡まるような守備もして見せた。ササ、おめでとう。ありがとう。
憂太が、山田さん相手にごりごり守備をしていた。がんばってたと思うよ、前半は。
加地くんのスルーパスも見れた。

2トップにするなら2列目はウィングじゃなくボールを持てる、パスが出せる選手の方がいいんじゃないかという気もしました。うち、4-4-2でよかったためしがないなあ。しかし一生「うちは4-4-2でけへんねや」といってるわけにも行かないしね。
チームの再生ということ。新たに、生まれ直すということ。もう少し、苦しまないといけないようです。
頑張って。いつもそばにいるから。

といいつつ、跳ね過ぎて疲れた。トシかな。

|

« トレビソ 石川獲り正式オファーへ | トップページ | 8.20の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/5562611

この記事へのトラックバック一覧です: J1 第19節 浦和レッドダイヤモンズvs.FC東京:

« トレビソ 石川獲り正式オファーへ | トップページ | 8.20の晩ご飯 »