« 8.26の晩ご飯 | トップページ | 阿部ちゃんが帰ってくる »

2005/08/28

J1 第21節 ジュビロ磐田vs.FC東京

ヤマハスタジアムはやっぱよくて、サッカー専用で迫力があるので、凡戦も楽しく見れてしまうということはあるかも知れない。また、ゴール裏にいたので、戦況がよくわかっていない部分もあるかも。
浄くんが前節の怪我で出れないので今ちゃんが左サイドバックに入ったけど、この人が真ん中にいないと、いい位置でボールが取れないですよ。で、左前にいたノリオを途中から後ろに下げて、今ちゃんをボランチにして、梶山がトップ下の位置に出て栗澤が左前だったのかな。ノリオは守備もよくやれていたし、もうちょっとオーバーラップして欲しい部分はあったけど、まあ何とかできていたと思う。
梶山も、やっぱ前目の位置の方がのびのび動いてるなあという感じ。強烈ミドルがバーに当たってしまったのは惜しかったね。遠目に見ていて入ったかと思ったんだけどね。
カレンは鬼のように動いていて、怖かったです。モニがよく対応していたと思う。前田がいなくて助かったよ。
土肥ちゃんのワンハンドでのセーブ、目の前だったんで大迫力。空手チョップみたいでした。
ヤマハスタジアムは、あの6-1虐殺の現場でトラウマがあるので、失点した時の、あのホーム側のサポーターが旗をいっせいに掲げた時のイヤな気持ちは他のスタジアムの36倍くらいイヤなんだけど、今回は1分後に取り返したので、ホーム側のサポーターがすぐにシーンとしちゃったのが嬉しかったです。すいません。
あれは何だろう、絶好の位置のフリーキック、憂太とノリオが並んでて、ゴール裏ではノリオコールだったっけ?(※バモバモ中でした)ジュビロの選手もノリオを警戒してたかも知れない(※録画を見たら、憂太は右サイドに出すふりをしてノールックで栗澤に出してたのだった。技ありである)。憂太のキックは正確に栗澤に渡り、ゴール前であり得ない栗澤どフリー。そのままゴール。栗はなにげに磐田キラーだね。洋平さんがちょとかわいそうでした。
ジュビロは怪我人多くてへろへろで、ミスも多かったんで、正直勝ち点3取れなかったのは残念だけど、ヤマハスタジアムで初の勝ち点が取れたのはじわっと嬉しい。

栗澤、梶山、憂太。うちのトップ下属性の選手たち。
栗澤は安定感と運動量、気の利いたプレーで他の選手を助ける動きが抜群。憂太はパスの種類とアイディアの豊富さ、セットプレーも魅力。でも、高い位置でキープしたりドリブルして自分でスペースを作れるのは梶山なんだよね。というかおいら梶山には期待が大きいので、お願いだからもっとがんばって下さい。トップ下はプレッシャーがきついのはアタリマエなんだから、倒されてもすぐ起きろ。もっとルーちゃんやササをサポートしろ。
今回は、シュートで終わる意識が高かったんでよかった。徐々によくなって来てるのはわかるから、よけいに、もっともっとと欲張ってしまうんだよねー。

|

« 8.26の晩ご飯 | トップページ | 阿部ちゃんが帰ってくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/5672710

この記事へのトラックバック一覧です: J1 第21節 ジュビロ磐田vs.FC東京:

« 8.26の晩ご飯 | トップページ | 阿部ちゃんが帰ってくる »