« ほぼ日手帳と今日の晩ご飯 | トップページ | 9.6の晩ご飯 »

2005/09/06

審判問題など

ワールドカップ以降、サッカーマガジンとサッカーダイジェストを毎週のように両方買っていたのだけど、ここ数ヶ月、サッカーマガジンの記事の内容の浅さ、代表ネタ偏重とJリーグ軽視、日本サッカー協会の方針への健全な批判精神の欠如、特に審判問題に対する踏み込みにもの足りないものを感じ(サッカーダイジェストにはそれがあるのかというとそうでもないけどね。相対的な問題)、買うのをやめようかどうしようか迷ってたんだけど(サカマガには良質なコラムもあるし)、週刊サッカーマガジン編集長・平澤大輔のオフィシャルブログというblogのYahoo!ブログ - たまけり日記:Jリーグ雑感という記事を読んでちょっとめまいがしちゃったので、もうサッカーマガジンを無条件に買う習慣はやめます。これからはコラムは立ち読み、よっぽど東京の選手が大きくフィーチャーされてるとかでなければ買わないでしょう。
毎節のように誤審や判定の妥当性が取り沙汰され、ファンは試合前に今日はどの審判かとうんざりした気持ちで予想し、審判によって試合を壊されて悲しい思いをしたりしているというのに、そういったファンの心を

今季はあちこちで「おかしい」の声が挙がってます。
うん、確かにおかしい…。
それはどうにかしてもらわなければ困りますが、

と、無造作に一言で片付け、その後はまるで選手に人生訓でもたれるような稚拙なタテマエ論。そこには日本サッカー全体のレベルの向上であるとか、審判問題の本質はどこにあるのかとか、言論に携わる人間としての自覚なんかまるでなさそうなのだ。サッカー専門誌を作っているのだから、どうにかしてもらわなければ困るとか他人事のようにいってないで、少しは自分の雑誌で踏み込んで見てはどうか。

とかいっていたら、「日本主審の誤審で再試合 W杯アジア予選」という事件が起こり、「国内外で誤審続く 頭抱える日本協会」なんていう記事になった。
吉田主審は去年すばらしいジャッジを見せてくれて(FC東京サポーター的にはナビスコ決勝のジャーン退場の恨みがなくはないが、あれがしょうがなかったことはわかっているともさ)、Jリーグ優秀主審賞を受賞してるし、今年も、ちょっとカードを出す枚数は多いけど、トップレベルのゲームコントロールを見せていたので(第21節のヴェルディ-鹿島戦はちょっとあれ(どれ?)だったようだが)、今回の件はなんだかお気の毒な気がする。ルール適用ミスだったそうだ。
Jリーグで吹く審判には、吉田主審より全然ダメダメな、運動量が少なくて決定的な場面をきちんと見ていない人とか、選手に対して予断を持ってるとしか思えない人とか、客の入りの多いビッグゲームになるとテンションが上がってわけのわからん笛を吹く人とかいろいろいるのに、Jリーグはマイナーなものだから、そういう審判は毎節メディアの俎上に上がったりはしないで、吉田さんは優秀なものだから国際試合、しかもワールドカップの予選という重要な試合に呼ばれたりして、こんな時に限ってミスをしてスポーツ紙どころか一般紙にも報道されちゃったりして、やはり審判は大変な商売である。審判にだって選手と一緒で出来不出来はあろう。まあ、ミスはミスなのだが。副審も気がつかなかったんでしょうか。
それにしても、再試合は本当に異例のことだ。ワールドカップ出場のプレーオフがかかっているのでFIFAも慎重になったということなのか。いずれにせよ日本の審判の権威が失墜するような出来事。
上記のサッカーマガジンの編集長は、ウズベキスタンとバーレーンの選手たちに「いくら判定がおかしくても、もっと言えば、ほかのどんな不利な条件がその身に降りかかろうと、「本物」というのはそれを悠々と乗り越えていく、もしくは、乗り越えていくから「本物」になる、ということです」と面と向かっていってみてはどうかしら。いや、これは余計なイヤミであるな。
これがきっかけになって各方面で有効な議論が起きればいいけど、そういうのも、国内の意見には耳を貸さないけど外圧があるとにわかに改める日本の政治家みたいな感じでなんだかなあですね。
コッリーナさんを招聘するという話もあったけど、これどうなったのかしら。実現するといいなあと思います。

|

« ほぼ日手帳と今日の晩ご飯 | トップページ | 9.6の晩ご飯 »

コメント

ウズベキスタン有利なのにあんまりだと思う私は,オイルダラーによる買収説をつい考えてしまう。それだけクラブチームレベルでもアジアではアラブ諸国にひどい目にあってきたので。

投稿: Yam. | 2005/09/10 20:02

えー、勝ったのに、ジャッジを不満として、1-0じゃなく3-0にしろと言い出したのはウズベクですよね。その結果ウズベクに不利な裁定になったので興味深いのですが。

そうこういっているうちに、吉田主審にAFCから無期限資格停止処分が下されました。
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/f-sc-tp0-050911-0024.html
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/preliminary/headlines/20050911/20050911-00000014-kyodo_sp-spo.html
取り合えずの措置であり、正式な裁定は12月になるようです。

投稿: おがん | 2005/09/11 11:37

世間の情報が1週間くらいないんで(磐田の情報すら)、中東オイルダラー陰謀史観にとらわれすぎているのかも。っていうか、ま、熱に浮かされた戯言ですから。

投稿: Yam. | 2005/09/11 15:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/5818977

この記事へのトラックバック一覧です: 審判問題など:

« ほぼ日手帳と今日の晩ご飯 | トップページ | 9.6の晩ご飯 »