« 読売ウイークリーで後藤健生さんが | トップページ | 11.8の晩ご飯 »

2005/11/09

サカマガ・サカダイ

あー、もう歴然と違いますね、ナビスコの扱い、天皇杯の扱い、J2優勝の扱い。いずれもサカダイが充実してます。サカマガはナビスコ決勝の扱いも少なく、天皇杯にいたってはモノクロ2ページのハイライトのみ。何にページを割いているかというと代表のアンゴラ戦みたいです。なんだかな。
じゃあサカダイの内容のレベルが高いかというと、必ずしもそんなことはなかったりするのだが。それでも、ページ数だけでもサカダイに投資しますよ、Jリーグファンとしてはね。

それにしてもナビスコの記事を読んでいて思ったんですが。ジェフの選手が誰も泣いてない。オシムは、歓喜の輪から距離を置いて冷静さを保とうとしながらも、ひとつぶだけ涙をこぼしてしまった、みたいなところが可愛いんだけど。選手は誰も泣いていないように見えます。オシムが胴上げを断ったことに対して、選手たちは「まだリーグがあるぞということだなと思った」そうです。オシムの選手に対するメンタル・コントロールはよく効いてるようです。ナビスコは通過点であってリーグが大事なのだと。これはすごいことだ。リーグ戦の千葉に注目だ。
うーん、昨年のFC東京の優勝では、選手もサポも、ヒロミも泣いちゃったなあ。その後のリーグ戦は、ぱっとしなかったなあ。満足してしまった、のかも知れない。あれはもう、前半のジャーンの退場から、ああいうドラマが怒涛のように始まってしまって、誰にもコントロールしようがなかったのだとは思うけどね。リーグで優勝狙える位置にいたわけでもないし。

|

« 読売ウイークリーで後藤健生さんが | トップページ | 11.8の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/6981035

この記事へのトラックバック一覧です: サカマガ・サカダイ:

« 読売ウイークリーで後藤健生さんが | トップページ | 11.8の晩ご飯 »