« 12.16の晩ご飯とセネガルvsトルコ | トップページ | 12.18の晩ご飯 »

2005/12/18

原監督とのお別れ会

行ってきました。
ヒロミ節全開。もう前向きっつか、ぶいぶいいわせてましたよっ。選手たちへの厳しくも温かいコメントの数々。オヤジギャグまでちりばめつつ。
逆に選手たちの方が分離不安つか、ヒロミ離れに時間がかかりそうで心配というか、もし今ヒロミがどっかのオファーを受けて他チームの監督になってうちの選手呼んだら、相当数がぞろぞろ行っちゃいそうな雰囲気すら(苦笑)。おまいら、大丈夫か?がんばって乗り越えようぜ。
とはいえ、こういうのはヒロミと参加者の間のインティメートなことがらなんで(5000人くらいいたけどな!)、内容云々というよりは、どう自分の中で折り合いをつけるかということかな、と思いました。式次第に文句をつける気はない。こんな会はそもそもヒロミでなければありえないことだ。

実はあたしはこういうの本当に苦手で、別れ下手というか、直前まで行くの迷ってたんだけどね。亡くなったひとと一緒にするのはあれ(どれ?)だけど、加藤大治郎が亡くなった時、お別れの会に行かなかったのが結構痛恨で。未だにずるずる引きずってるので。
今年亡くなったあのひとにも、生きている間にもっといろいろ伝えられることはあったのに。
ヒロミはありがたいことに元気に生きているわけですが、こちらの感謝の気持ちを伝えられる機会を再度あたえてもらったという気持ちで、行ってきました。まあ自己満足ですけど。

あたし的には、ヒロミが一旦引っ込んで、もう一度出てきて手を振ってくれた時の、ハラトーキョーコールが結構きた。ヒロミも、サポーターも、心残りは数々あれど、もはや次の一歩を別々に踏み出さないといけないんだね。

|

« 12.16の晩ご飯とセネガルvsトルコ | トップページ | 12.18の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/7672565

この記事へのトラックバック一覧です: 原監督とのお別れ会:

« 12.16の晩ご飯とセネガルvsトルコ | トップページ | 12.18の晩ご飯 »