« 1.17の晩ご飯 | トップページ | 1.18の晩ご飯 »

2006/01/18

ロバート・ゴダード『最期の喝采』

ロバード・ゴダード『最期の喝采』(講談社文庫)読了。いつものゴダードと趣向が変わって、わずか8日間に起きた出来事をスピーディに描いている。例によって疑心暗鬼になりつつ、わけがわからないまま事件に巻き込まれていく主人公。人物の奥行きがちょっと物足りないか。もう一回くらいどんでんが返るかと思ったけど返らなかった。ジェフリー・ディーヴァーじゃないものね。

|

« 1.17の晩ご飯 | トップページ | 1.18の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/8212312

この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・ゴダード『最期の喝采』:

« 1.17の晩ご飯 | トップページ | 1.18の晩ご飯 »