« 2.25に買ったものと晩ご飯 | トップページ | neon »

2006/02/26

2006 プレシーズンマッチ FC東京vs.ヴァンフォーレ甲府

いやあ、面白いね。つーか、監督が変わるということは、こういうことなんだね。非常にドラスチックに、変わろうとしている。変わろうとしてるんだけど、まだ変われてない。サナギから蝶が出てこようとしてる。それを見てるあたしらが、一番まだガーロのサッカーに慣れていない…。そんな風に感じた今日の午後でした。
まあ、今シーズンは本格的にポゼッションしてやるということなんで、苦労しそうだというのは想定の範囲内だし、サポーターも辛抱しなくちゃと思うよ。横パスやバックパスに脊髄反射でブーイングしてるようじゃ、まだまだだよね。安易に前に蹴るより後ろからしっかり繋げ、それができないなら一旦戻せというのが今年のサッカーだと思うので。サナギから蝶になる前に横パスかっさらわれて叩き潰されるかも知れないんだけど。
前田とまっすぅという、怖い、じゃないや、若いセンターバック二枚だったんだけど、まあよくやっていたと思う。特にまっすぅは怖がらずにバレーと競ったり、空中戦もポジション取りがよかったりしました。後半はバックパスが多くなってブーイングされたりもしてたけど落ち着いてたし、全体的には、まあまあ、いいアピールになったんじゃないかな。前田はもっとがんばれ。
伊野波がよかった。中盤の底でエレガントにボールさばき、機を見て上がるし、カバーリングもいいし。ゴルァ感もあるし。まっすぅがあれだけ攻撃参加できていたのは、伊野波への信頼が厚いのだと思う。宮沢も左から大きな展開をしていたし、梶山が右をえぐってクロスを上げたりタッチライン際で守備をしたりしてて、もう見所満載。まあ、よくも悪くもね。
それにしてもまだ点を取る形ができてないような感じ。何のかんのいってゴール前で一番危険なのはササなので、もっとササにいいボールが行くようにしないといけないと思う。
憂太と今ちゃんはちょっと心配である。まだガーロのサッカーじゃなく去年までのサッカーをやってる感じがしてしょうがない。憂太も、今年はもっとタメを作らないといけないのに前に早すぎるし、今ちゃんなんか、どこに行っていいわからないような様子に見えた。怪我明けでまだ本調子じゃないのに、アピールもしたいだろうし、ずいぶん焦ったんじゃないのかな、と思いました。まあ、ガーロも、試合勘のためだけに出させたんだとは思うけれども。
甲府は、繋ぐサッカーでは先輩みたいなチームだし、実際よく繋がってたし、ゴール前で危険なプレーをしてたし、あれでフィニッシュの精度が高かったら3、4点入れられてたと思う。後半なんか結構押し込まれてたしね。
寒い雨で、芝の状態もよくなくて、選手は大変だったと思うけど、あのピッチで開幕を迎えるわけなんだよねー。

|

« 2.25に買ったものと晩ご飯 | トップページ | neon »

コメント

すみません。
先ほどTBさせていただいたのですが、間違えて2度つけてしまいました。
ひとつは削除いただければと思います。

投稿: かず | 2006/02/26 21:28

かずさん
ごトラックバックありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

投稿: おがん | 2006/02/27 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/8847051

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 プレシーズンマッチ FC東京vs.ヴァンフォーレ甲府:

» Jリーグプレシーズンマッチ FC東京VSヴァンフォーレ甲府 [ここではないどこかへ -Anywhere But Here-]
雨。 FC東京2−1ヴァンフォーレ甲府(味の素スタジアム) 春は名のみの冷たい雨が降る中、味スタに出かけた。東京と甲府とのプレシーズンマッチ。 ワールドカップ・イヤーのJリーグも開幕まであと1週間となった。いよいよ球春だ。 東京は今年、クラブ史上初の外国人監督ガーロ氏をブラジルから招いた。 38歳のJ最年少の青年監督。ついに監督まで年下になってしまったのはちょっとショック(笑)・・・。 原博�... [続きを読む]

受信: 2006/02/26 21:18

« 2.25に買ったものと晩ご飯 | トップページ | neon »