« ガーロ批判雑感(なのかな?) | トップページ | 3.26の晩ご飯 »

2006/03/27

2006 J1 第5節 FC東京vs.京都パープルサンガ

勝ったことが一番よかったこと。勝つべき試合に勝てたことはよかった。
おいら的MOTは伊野波です(笑)。パウリーニョに仕事をさせなかった。ボールのないところでも密着マーク。おかげで、パウリーニョがどういう特徴のある選手か全然わかんなかったや。最後、パウリーニョは苛立ってカード貰ってましたね。ああいうの、よそのチームだったら実にイヤな選手だろうね。伊野波うぜー、みたいな。守備だけじゃなく、後半の足が止まったような時間帯に、自分で持ち上がって攻撃参加してました。体力あるなあ。
開始2分で、梶山の、何だか気のないコーナーキック(実はまだ足が十全ではなくて痛み止め飲みながらだから、チカラの抜けたフォームなんだろうけど、梶山がやるとなぜかヤル気がない感じ)から、ジャーンがヘッドで先制。ジャーン、調子出てるね。いいよいいよ。
早い時間帯に点が入ると落ち着いちゃって、しかも京都はプレスがぬるかったので、東京は中盤でいろんなことができた。それでも、追加点が入らない入らない。なんかもう、ルーちゃんは試合前練習の時からシュートが入らないのがアタリマエみたいになっちゃってて、本当、献身的だし、いい選手だし、こういう言い方は可哀想なんだけど、どうかしてるんじゃないかってくらい入らないね。ちょっと、イライラしちゃいました。ごめん。
それにしても信男さんは素晴らしい。久々のスタメンで張り切っていたし、動きにキレがあった。それ以上に、あのボールへの執着、サイドでマイボールにできなくてピッチをグーで叩いてましたよグーで。ああいうところ、うちの若いのは見習って欲しい。
あのアレモンのゴール、憂太のオウンゴールにしか見えなかったけど、録画で確認したら、憂太は触ってないのね。失礼しました。あれがまた土肥ちゃんの一番苦手なところに入っちゃって。びっくりだ。
後半は京都が守りに入ったので、何だか難しくなっちゃったなあ、と思っていたら、最後の最後に徳の技ありゴール。いやあ、ありがたかったよ。ちょっと、角度のないところからで、不思議な入り方をした。回転がいい具合だったのかな。徳のプレーぶりはこれまでまだまだ不満だったけど、このゴールでチャラです。徳永くんありがとう。

京都は星くんを下げて、守備的な采配をしてきた。アウェーで引き分けを狙うのは間違いではないと思うけど、引き分けを狙うのと守備的にするのは違うようなあ、とか思った。林も出てこなかったし。あれ後半30分くらいに林が出てきたら、うちの守備陣はすげーイヤだったと思うし、勝負もどっちに転んだかわからないけど。まあ、タラレバです。
それにしても、選手紹介の時と、あと交代で入ってきた時の中払へのブーイング笑った。以前ほど、ボールを持つたびにブーっていうんじゃなかったけど。まだやるか。やるよな。

さて、勝って嬉しかったけど、内容はまだまだ厳しくて、これから強い相手が続くから気を引き締めないとね。

この試合、JSPORTSはヒロミ解説なんだよねー。どういう解説したですかねー。早く聞きたいような聞きたくないような。NHKの解説は反町さんでしたが、徳永のゴールで「うわー。入ったー」とかゆってて、そこまでは論理的な解説してたのに、そこだけヒロミが入ってました。

|

« ガーロ批判雑感(なのかな?) | トップページ | 3.26の晩ご飯 »

コメント

「すっぽん伊野波」とキャッチフレーズをつけてみました。

投稿: PINA | 2006/03/27 13:04

小峯…。
岐阜で元気にしてるかなあ。

投稿: おがん | 2006/03/27 17:46

>ルーちゃんは試合前練習の時からシュートが入らないのがアタリマエ
確かに、練習の時全然入ってなかったですね。「練習は練習、本番は違う」と思いたいところですけど、やっぱそういうところにも出ちゃうのかもしれないですね。

吉朗が来た03年には、とにかくシュート練習でスコンスコン入るのに感動した事を思い出しました。

あと、憂太は練習の時から鋭く触ったら切れそうな、梶山は重くて威力ありそうなシュートを蹴ってますよね。印象としては。

投稿: murata | 2006/03/27 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/9278318

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 J1 第5節 FC東京vs.京都パープルサンガ:

« ガーロ批判雑感(なのかな?) | トップページ | 3.26の晩ご飯 »