« 3.4の晩ご飯 | トップページ | 3.5の晩ご飯 »

2006/03/05

2006 J1 開幕戦 FC東京vs.大分トリニータ

まっすぅ今日はよかったねまっすぅ。これならジャーンがいなくても安心して(ほんとう?)見てられるよまっすぅ。まっすぅがヘディングでクリアすると相手ボールになりがちなのはちょっと気になったけどねまっすぅ。
リチェーリよかった。抜け出すスピードが凄い。小平でもあまりプレーを見たことがなかったけど、ボールの受け方とかちょっとケリーっぽかった。リチェーリの実家って、ブラジルでも北の方でアマゾンが近いんですって。何か、かわみなみの『シャンペンシャワー』みたいですね。古いマンガ話すまん。ナオにゴールありがとうね。よかったねえ。
あと、やっぱ伊野波がよくって、ボール奪取の後の展開でミスもなくはなかったけど、何といってもあのゴルァ感と運動量、後半の後半でも前に攻めあがっていくアグレッシブなプレーが大変魅力でした。足元もしっかり上手いしね。梶山かと思うと伊野波だったり、伊野波だと思ってみてたら梶山だったり、あの辺は連携もいいように思います。消えてる時もありましたが、そういう時間帯は、オズマールと、ボールがないところでの闘争を個的に貫徹してました。オズマールが全く仕事ができなかったのは、ひとつには伊野波くんの手柄ですね。
今野選手も、プレシーズンマッチではまだまだだったけど、今日は「らしさ」を出していたように思いますね。今野のボール奪取はやはり得点に直結するなあ。
信男さんは素敵でしたよ。69分からのプレーだったけど、あの時間帯にゴール前でああいう相手のイヤなプレーができるのはさすがと思う。惜しいシュートもありましたね。ちょうどあたしたちの席の後ろに信男さんのご家族がいらしてて、双子の娘さんたちもかわいい声で一生懸命応援してた。なんかほのぼのしました。

全体的に見ると、まだまだ連携も足りず、攻撃のバリエーションもまだ少ないし、なんちゃってポゼッションになっているけど、なるほど、マグノと吉田抜きの大分になら勝てるのかな、という感じ、シャムスカ・マジックも、マグノと吉田の穴はまだ埋め切れていないようでした。まあ、まだ開幕したばかりだし、これから状態を上げてくるでしょうけど。
誰かも書いてたけど、今年は、今までと異なり、上位チームには負けて下位チームには勝つ、そういうシーズンになるんでしょうかねえ。
ところで、あたしは大分の深谷選手がたいそう好きでしたし、能力の高い(茂庭の次くらいに)ディフェンダーだと思っていたのですが、今日は気持ちに余裕がないのか、ラフプレーが多かったような印象で、残念です。身体能力が高く、ともすれば身体能力だけで何とかなってしまう部分があり、もっと落ち着いてクレバーなプレーを心がけるともっといいなあ、と思っていたので、とってもとっても残念です。

今まで東京がやってきたサッカーの、ゴーッ、ガーッ、バーッ、みたいな、わかりやすいスペクタクルがないので、ちょっと、サポーターとしては戸惑い気味なのかな。もっともっと連携を高めていってもらいたいものです。もっとガーロの目指すサッカーができて来たら、状況により時間帯によっていろんなプレーができるようになるんでしょうけども。
うちのU-15の子たちなんか相手ペナルティエリア内で5本くらいパス繋ぐよ。ああいうのをトップチームでも見たいなあ。

|

« 3.4の晩ご飯 | トップページ | 3.5の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/8956869

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 J1 開幕戦 FC東京vs.大分トリニータ:

» FC東京−大分トリニータ@味スタ [川の果ての更に果てに]
予告通り(誰も楽しみにしていなかったでしょうが[笑])、今日は味スタで観戦。 いつものことながら、京王線と京王新線の区別がつかず、新線の改札口に来てしまって、「しまった」とブツブツ言いながら京王線の方へ移動。 新線は橋本行きなので、飛田給に止まってくれないのさ、フッ。 ま、それでも12時過ぎに出て1時前に着く地の利の良さはやはりナイスですね。 試合前に今野が100試合出場のセレモニー。ゲストとして来ていた元ドイ... [続きを読む]

受信: 2006/03/05 22:05

« 3.4の晩ご飯 | トップページ | 3.5の晩ご飯 »