« 3.17の晩ご飯 | トップページ | 3.18の晩ご飯 »

2006/03/19

2006 J1 第三節 FC東京vs.清水エスパルス

訳あって(つーか相方が寝坊しただけだが)、スタジアム到着がキックオフぎりぎりでした。いつもはゲートオープンちょっきりくらいには入ってるのに、今日は本当にぎりぎり。ユルネバも終わって選手入場も終わって、選手コールももう半ば、席に着いたと同時にキックオフという感じ。そのせいか、気持ちが試合に入っていくのがちょっと時間がかかったというか。
あー。
えー。
そういえば、祐介が神戸で2点取ったそうですね。いや、めでたいね祐介。よかったなあ祐介。ほら、祐介はやればできる子なんです。たくさん褒めてちょっと叱るくらいでちょうどいいんです。コンスタントに結果を出していれば、サポーターにも愛され、監督にも信頼されることでしょう。愛され過ぎて完全移籍とか言われるとちょっとあれ(どれ?)ですけど。神戸のかわいい家付き娘とかに引っかかったらもう帰ってこないんだろうな。心配し過ぎ?
で、まあ。
清水がよかったというよりは藤本がよかった。あれはいい選手ですね。小平でちょっと見かけたことがあったようななかったような。さすが澤登の後継者といえましょう。視野が広くどんな体勢からでもパスが出せる。キープ力もある。あたしの周りはもはや藤淳ファンクラブができそうなイキオイだ。困ったものだ。

しかし、どうしましょう。どうしましょうというか。今年は時間がかかるだろうとは思ってたけどね。90分耐えるつもりではあったけどね。どこかにちょっとでもいいところがないと、意地でもポジティブのあたしも、さすがにちょっと相当困る。あ、土肥ちゃんナイスセーブ。ジャーンも怪我明けなのにさすが。
はあ。
またこのガーロ監督のコメントがですよ。あれが全力ですかそうですか。えっ。どうなのよ、アレッシャンドレ。彼も若く、海外に出るのは初めてで、余裕がなさそうな感じもしますが。
試合後のゴール裏はブーイングの嵐でした。横断幕は選手が挨拶に来るより早く取り除かれました。誰か、アレッシャンドレと霜田なんとかいう人に教えてやって下さい。昨年のあの連敗中でも、敗れて傷ついた選手たちを拍手で迎えたサポーターが、なぜブーイングしたのかを。
とかいいつつ、火曜日には等々力に行くんだけどね。

|

« 3.17の晩ご飯 | トップページ | 3.18の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/9165573

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 J1 第三節 FC東京vs.清水エスパルス:

« 3.17の晩ご飯 | トップページ | 3.18の晩ご飯 »