« 3.15の晩ご飯 | トップページ | 3.16の晩ご飯 »

2006/03/16

絲山 秋子『沖で待つ』

絲山 秋子『沖で待つ』(文藝春秋)読了。会社の後輩が、読め読めと薦めるので。後輩がいうには、女流というと恋愛小説ばっかりだけど、この小説は、恋愛関係なく、働くひとの生活実感がていねいに描かれているからいいのだそうだ。実にその通りで、よかった。
そういう作品の本質的なよさとはあまり関係がないのだが、この本、薄いハードカバーで、表題作と、『勤労感謝の日』という短編が掲載されているのだけど、この『勤労感謝の日』の主人公が、いやいやお見合いをして(また相手がイヤな男なのだ)、趣味を聞かれて「サッカー、FC東京のファンなんです」と答えているところに受けた。作者の人となりは存じ上げませんが、このあたり、編集者に、「もうちょっとメジャーなチーム名の方が読者にわかり易くてよくないですか?」とかいわれたりしなかったんだろうか。そうして、「いや、ここはFC東京じゃないとダメなんです」なんてね、妄想ですが。

|

« 3.15の晩ご飯 | トップページ | 3.16の晩ご飯 »

コメント

その主人公、もしかしてゴル裏の住人だったりして…。
「シュート打て!」なんて叫んでるかと思うとちょっと楽しいですね。

投稿: 文鳥 | 2006/03/16 08:39

絲山さんのウェブサイトがありました。
http://www.geocities.jp/akiko_itoyama/
作者の人は特にサッカーファンではないようです。
いやこの主人公が、あとさき考えない人なんですよ。ゴール裏にいたら結構気持ちいいかも。

投稿: おがん | 2006/03/16 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/9112767

この記事へのトラックバック一覧です: 絲山 秋子『沖で待つ』:

« 3.15の晩ご飯 | トップページ | 3.16の晩ご飯 »