« 4.6の晩ご飯 | トップページ | 4.8の晩ご飯 »

2006/04/09

2006 J1 第7節 FC東京vs.ジュビロ磐田

114596879_219
ああ。あの三点目、美しかったねー。梶山のキープに、今ちゃんと栗澤のダイアゴナルラン。ジュビロのディフェンダーを完全に崩していた。ようやく、ああいった、ポゼッションしながら崩す形が見れた。梶山がキープしてる時、ノリオー、上がれよ、何やってんだよー、と思ったら、いつの間にか今ちゃんが猛然と上がってました。そして宮沢。今ちゃん最高。決めてくれた栗ちゃん最高。ミッドフィールダーが点が取れたという点もよかった。あれが見れただけで、今日は満足だー。あ、いや、ルーちゃんもよかったですよ。(写真は相方が撮影)

ここまで、なかなかマンマークの守備と攻撃の切り替え等、いい形が見れなくて、マリノス戦の前半なんか目も当てられないくらい悲惨だったし、ゴール裏からも「ガーロ辞めろ」コールが出てたらしく(あたしゴール裏のバックスタンド寄りにいたんだけど、全然聞こえなかったんですよ)、無理ないよなあ、という内容だった。で、マリノス戦後にミッドフィールダーと監督とで話し合いが行われ(ソースはトーチュウ)、どうもマークの指示について選手と監督で意識の齟齬が判明し、「厳しく当たって欲しいという意味で、密着じゃなかった」(梶山)そうで、うっそお、もう7節なのに、何やってんだかなあ、と思ったのよ。異文化コミュニケーションてやつですかね。うちの選手が馬鹿マジメなんでしょうね。チームが初めて外国人監督を迎えるのに、呼んだ監督は初めて外国で指揮をする人なわけで、そりゃ大変だとは思うけど、ある意味それって最初っからわかってたことだよね。
しかしこれで吹っ切れたらしい今ちゃんや梶山は大活躍だ。特に、いつマークを離して上がっていけばいいのか、と悩んでたらしい今ちゃんが、昨年見られた迫力のある攻め上がりを見せてくれた。嬉しいよー。伊野波も今ちゃんも梶山も、今日は猛然とマークを捨てて上がってましたよ。伊野波の名波へのマークも結構凄かったけどね。

それにしてもねえ。4年前、あたしがFC東京に恋するのをやめて愛するようになったとき、それはジュビロ戦で虐殺されたあの試合だったんだけど、あの美しいパスサッカー、相手を愚弄するような力強いパスをぽんぽん回してた、あのジュビロの今がこれで、FC東京が中盤支配できちゃうんだから、世代交代で大変だとしても、これはちょっと相当あれ(どれ?)なんじゃないの、と、ひとんちの心配をしている場合じゃないですね。すいません。でもでも、サイドバックも、ワントップができるフォワードもいないのに、何で4-2-3-1なんでしょう。手馴れた3-5-2ではダメなんでしょうか。前田とカレンの2トップでは何でダメなんでしょうか。わからん。一番残念なのは、3点目取られてジュビロのテンションが切れてしまった、ばらけてしまった。最後のパワープレーすらなかった。それが本当に、残念なことだったと思います。

蛇足ですが、久々に吉田さんが主審だったんだけど、どうしたのか呆れるような出来でした。バック側副審もな。何であれがオフサイド。何であれがイエロー。双方に納得のいかない笛だったと思うな。

|

« 4.6の晩ご飯 | トップページ | 4.8の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/9497017

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 J1 第7節 FC東京vs.ジュビロ磐田:

« 4.6の晩ご飯 | トップページ | 4.8の晩ご飯 »