« 7.4の晩ご飯 | トップページ | 7.5の晩ご飯 »

2006/07/05

2006 FIFA ワールドカップ イタリアvs.ドイツ

朝起きて延長戦だけ見るというずぼらな観戦となった。
イタリアの1点目、コーナーキックからのクリアボールがピルロの足元へ、ピルロがぬらぬらと持ち上がり、グロッソにパス、グロッソがためらわず左でダイレクトで入れた。あの詰めサッカーみたいのが面白かった。ドイツはもう気持ちがPK戦という感じだったか。ディフェンダーはピルロのミドルを警戒していた感じ。ほら、梶山くん見ましたか。ミドルばんばん打ってればこういう効果もあるわけよ。
延長戦も後半だし、もうイタリアはリスクを背負わずに守るわけだけど、ドイツが前がかりになったとみるや、ルーズボールをカンナバーロが競って前に出した、あの攻守の切り替えも鮮やかだった。ジラルディーノがパスを選択したのも凄みがあった。いったいいつ、どこから走って来たのか、信じて走ったデルピエロも凄かった。ああいうのはもう、イタリアの伝家の宝刀というか何というか切れ味抜群だなあ。

|

« 7.4の晩ご飯 | トップページ | 7.5の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/10920507

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 FIFA ワールドカップ イタリアvs.ドイツ :

« 7.4の晩ご飯 | トップページ | 7.5の晩ご飯 »