« 田辺聖子『残花亭日暦』 | トップページ | 7.29の晩ご飯 »

2006/07/30

2006 J1 第16節 FC東京 vs.サンフレッチェ広島

花火の美しさすらも悲しいよ。
でも、あたしが見てたここ数年でも、連戦ではいいパフォーマンスが望めないこと、放り込みに弱いこと、中盤でガシガシこられると引いちゃうこと、これらは目に見えていたし、前節とかなりメンツが変わっていて、そういう時に融通のきくような選手たちじゃないこともわかっているわけなので、結果についてはまああんなものであろう。裏を狙ったら寿人は現在日本一のフォワードである。広島は狙いがはっきりしていてそれを繰り返した。東京のなんちゃってポゼッションによる中盤を作らせず、丹念にパスコースを潰した。前二人に任せて引いて守った。これに対応できるほど東京が強くなったとは思えないし期待してなかった。
失望したのは、足が痛いせいだろうが、全く動けない梶山を90分使ったこと、梶山がその期待に応えられなかったことである。失望したのは、普段出れていない選手を久しぶりに見たら、劣化してたことである。いったい普段何を練習しているのか、このたびのチャンスを捕まえなくていったいどうするのか、モチベーションが低いとしたらそれはいったい何でなんだ、という疑問が怒りとともに沸き起こる。それに、裏を狙う系のフォワードを入れたのなら、宮沢を使わないのはなぜなんだろう。パスの出し手がいないから何もできずに終わってしまった。今年は、負けるときの負けっぷりすらが、玉砕という感じではなくて、何だかダラダラグダグダしてるうちに何もできず負けるという、気分のよくない負け方である。
あたしは監督の途中解任はよくない、少なくとも選手にとって精神衛生上よくないと思うし、あと、ブラジル人監督だと最低限足元は上手くなるよとジュビロサポーターがいっていたし、それじゃあ今年は基礎力の向上かなと思っていた。だから順位については当初からあきらめていた。この試合でも、前にはできなかったパスコースを作る動きはできていたというか意図は見えた。ルーちゃんがいないとフィニッシュまで持ち込めないわけだけどね。
しかし、三万人集めてこんなものを見せられたら、サポーターは怒る。試合後、ゴール裏から「ガーロやめろ」コール、「ササ」コール、「原東京」コールが沸き起こった。まあ、これっくらいのことはガーロには屁でもないだろうと思うし(だってブラジルのサポーター経験してる人だよ)、これでフロントが慌てて監督解任に走ったら(そんなことはないと思うが念のため)アホだと思うけどね。
思えば昨年、ヒロミで連敗していたさなか、動揺したらしい専務の口から「解任も…」の発言がメディアに洩れた。ゴール裏からも「原やめろ」の声が起きないでもなかった。そこですばやく反応して「WE SUPPORT HARA TOKYO」のバナーを全く自主的に用意し、バックスタンドを中心に配って選手入場の際に掲げることに成功したサポーターが、去年はいたのである。そうして、それに呼応したかどうか因果関係については証明できないから置くとして、その後、ゴール裏がまとまって解任動議を申し立てることはついぞなかった。
そのように、サポーターというのはスタジアムで自己表現し、アピールする人たちのことだと思うし、異論があればスタジアムでというのも論を待たない。
うーん、あたしはガーロ擁護派、つーか、今季は見守ろうよ派だったんだけどなあ。なんでこう、いつまでたってもスタメン選びに失敗するかなあ、この監督は。

|

« 田辺聖子『残花亭日暦』 | トップページ | 7.29の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/11155040

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 J1 第16節 FC東京 vs.サンフレッチェ広島:

» Jリーグ第16節 東京0-2広島 …ガーロの限界!? [FC東京 A席でも熱つーい!いやーんバっカーん ]
「ガーロ辞めろ」コールで終わった、 そして「原トーキョー」チャント。状況最悪( ̄ロ ̄lll) 久しぶりのホームゲームでした。 セレッソ戦での大勝に期待だけが大きくなった証。 あの時はテレビ中継がなかったから、 観客はさぞかし素晴らしいサッカーをしたんだろうと...... [続きを読む]

受信: 2006/07/31 03:37

« 田辺聖子『残花亭日暦』 | トップページ | 7.29の晩ご飯 »