« 7.29の晩ご飯 | トップページ | 7.30の晩ご飯 »

2006/07/30

コカコーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース 2006

自宅でテレビ観戦。
ホンダの勝利とはいえない、ホンダワークスの敗北というべきだろう。何年ぶりだ、10年ぶりくらい?必勝体制のホンダワークスの牙城が崩れた。何事もなく、奇跡のようにレースを首位で終えたのはTSRのイトシンと辻村。長いこと打倒ホンダワークスが悲願だった藤井監督の顔が喜びにほころぶ。
あたし的には、#7をつけ、緊急ピットインによるランクダウン後、むちゃくちゃにプッシュし続けた清成が興味深かった。2003年にMotoGPに大抜擢された時も、淡々と完走目指している印象で、もうちょっと無理してもいいんじゃないかと歯がゆかったし、2005年の8耐優勝の際も、ハードプッシュは宇川にまかせ、無難にまとめたという感じがしたけど(いや、速かったけどね)、今回は転倒するまで自分を追い込み、転倒後も臆せず鬼神のようにハードプッシュして、タイヤがずりずりなのをあっち向きながらコーナー立ち上ってたよ。バトルも厭わぬガッツにもびっくり。ブリティッシュスーパーバイクで相当鍛えられてるんだなあ。これは今後が楽しみだ。
タディ岡田と青木宣篤のバトルも、何か懐かしいものを見た感じがしてよかった。

|

« 7.29の晩ご飯 | トップページ | 7.30の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/11155394

この記事へのトラックバック一覧です: コカコーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース 2006:

» コカ・コーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース [フットハット・ブログ]
 ”コカ・コーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース”から無事帰還しました。大きな大会なので興奮度、楽しさ、感動もひと際でした。肉体的にはズタボロ状態となりましたが、仕事で8耐に関われるのはある意味幸せだと思いました。…撮影にご協力いただいた皆様、本当にありがとうご..... [続きを読む]

受信: 2006/08/04 04:10

« 7.29の晩ご飯 | トップページ | 7.30の晩ご飯 »