« 7.1の晩ご飯 | トップページ | ワールドカップつれづれ・ブラジルvs.フランス »

2006/07/02

ワールドカップつれづれ・イングランドvs.ポルトガル

退場者一人出して守ってPK戦に持ち込むというのは、イングランド的には悪い試合運びではなかった。ただそのPK戦がなー。
これで思い出すのは2004年のナビスコ決勝(すいません、いつまでも思い出しちゃって)である。前半30分くらいに退場者を出して、PK戦に持ち込めんだからその時点で東京側はオッケーである。そしてFC東京側のゴールに蹴ることになったのもラッキー、こちらのキーパーが土肥ちゃんだったのも勝負の綾だったと思う。
普通はね、自分とこのサポーターのいる側に蹴るのは有利だと思うんだけど、イングランドは何か、かえってプレッシャーになってしまったような。いや、ここはポルトガルのキーパー、リカルドの素晴らしさを褒め称えるべきだろう。

|

« 7.1の晩ご飯 | トップページ | ワールドカップつれづれ・ブラジルvs.フランス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/10765114

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップつれづれ・イングランドvs.ポルトガル:

« 7.1の晩ご飯 | トップページ | ワールドカップつれづれ・ブラジルvs.フランス »