« 10.25の晩ご飯 | トップページ | 10.26の晩ご飯と中上貴晶のスペイン挑戦記 »

2006/10/26

U-21日本代表 vs U-21中国代表

録画でようやく見ました。
いやもう大笑い。梶山の1点目、いや、いいヘディングだったんだけど、梶山のヘディングって何か笑えるんだよね。増田くんのクロスもよかったし、梶山が平山を利用してフリーになって、待ちかまえてた感じもよかった。次節はお休みだという余裕からか、縦横無尽に走って守備もしていた。あたしはこの人のゴールに近いところでのプレーももちろん好きだが、低い位置でインターセプトして大きく展開するのを見るのもたいそう好きである。
平山の肩(肘???)ゴールも大笑い。リーグのガンバ戦と同じく、そこまで全然ボールは収まらない、トラップでかいし、受け方が工夫がなくてボール取られるし、空中戦は競り負けるし、まだまだ身体が重そうで、動き出しも球際も遅い、いい所のない平山だったが、それでもあの場所にいてゴールが向こうから転がって来る、そういうこともあるんだね。中国のキーパーは、若いのに判断もよく冷静な、いいキーパーだと思ったけど、あのシーンだけミスがあった、アンラッキーであった。
伊野波のキャプテン、ちょっとハラハラさせられたけど守り切った、この人のいいところはキャプテンシーだと思っていたので、このキャプテン起用は我が意を得たりという感じである。ガーロも海の向こうで喜んでいることでしょう(すいません、適当です)。東京でやってる時より、いいフィードが何本かあって、目覚しかったですよ。
今日、現地で観戦された東京サポーターの人は楽しかった、つーか、笑えたでしょうね。
総じて、3人とも、東京でやってるより何だか楽しそうだなあ、という気もするけど、お兄さんたちに囲まれて怒鳴られてるより、同年代で固まるのが楽しいという気分はわからないでもない。

|

« 10.25の晩ご飯 | トップページ | 10.26の晩ご飯と中上貴晶のスペイン挑戦記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/12431535

この記事へのトラックバック一覧です: U-21日本代表 vs U-21中国代表:

« 10.25の晩ご飯 | トップページ | 10.26の晩ご飯と中上貴晶のスペイン挑戦記 »