« 11.25の晩ご飯 | トップページ | 11.26の晩ご飯 »

2006/11/26

2006 J1 第33節 FC東京 vs. 浦和レッドダイヤモンズ

締まった、いい試合だったと思う。
浦和は、勝てば決まる状況だったけど、前半は優勝を意識しすぎたかガチガチであった。こういうのはおれたちの未体験ゾーンである。ああ、優勝争いしてみてえ。後半、点が取れないと見るや手堅く勝ち点1を取りに来た。優勝を争うチームというのは偉いものだね。最後、5バックになって守ってたよ。
まずは、啓太の出来がよかった。ルーズボールを拾い、ヘディングもきちんと競って自チームの選手に渡していた。啓太にありがちなミスパスがほとんどなかった。いや本当、啓太はよかった。
対するFC東京も、最近の勝ち試合にありがちなバカ試合の雰囲気はなくて。塩田がリーグ戦初スタメンだったのだが、この塩田の出来の良さ。まず、塩田が10番のアウェーユニをキーパーユニの下に着込んでいたのがサポーターの心にぐっときたね。後半、飛び出しが危ない場面もあったけど、ポジショニングも良かった。対する山岸もビッグセーブを連発してた。あの、前半、憂太と交錯して包帯巻いてたのが肝だったんじゃないかと。ほら、包帯って鉢巻と似ていて気合が入るじゃーん。他にも、東京は中盤の出来がよかったので、失点しそうになかったよね。
もう東京は憂太と梶山がよくって、憂太は最後までくるんくるんだったし、梶山が気持ち悪いプレーを連発していた。梶山が3人くらいするする(ぬるぬる?)抜いて持ち上がったシーン、わくわくしたね。あと、長谷部と梶山のマッチアップは見ごたえがあった。長谷部と憂太は仲良しだけど、長谷部と梶山って仲悪いんでしょうかね。相当長い間言い合いしてたね。長谷部も、去年は光ってたけど今年は何だか精彩を欠いているイメージだけど。あと、うちの伊野波も、ジャーンとのペアはよくできていたと思う。ジャーンもワシントンを抑えてすばらしかったね。
最後、浦和は小野を入れて山田さんアウトだった。山田さん好きの相方もあたしも、山田さんの表情を追った。山田さんは交代を告げられて呆然としていた。確かに前半、浦和はガチガチに緊張していたけど、山田さんはよく効いていたので、交代するのはどうよと思いました。小野は、あんまりチームメイトに歓迎されてない感じで(よく知りませんが)、ボールも大して来ませんでしたし。

浦和サポータは試合後、最後まで結構残っていて、倉又さんの挨拶にはブーイングしてたけど(あれは倉又さんが挑発したんでしょうがないか。それでも倉又さんは武南出身)、文丈の挨拶に拍手をしていた。文丈も、最後は浦和サポーターにまで挨拶しに行っていた。14年間、Jで選手やっていたら、選手個々人がいろんな歴史を背負っていて、それはクラブサポーターには伺い知れないものだし(ヤマスタに行くと土肥ちゃんがブーイングされるようなものである)、浦和のみなさんも、文丈に拍手を呉れていた。それが嬉しい。本当はね、フミさんやめるなよー、と叫んだりするんだけども、もう決めたことだし、それは適わぬことである。フミさんの嫁さんがフミさんに抱きついて泣いてたのがね、結構効いたね。ずっと支えて、見続けて来たんだよねえ。こうやって、FC東京サポーターも、選手を引退させる経験を積むのであるなあ。
終了後、ガンバが勝ち越したのを知ったメインの一部の東京サポーターが、場違いに喜んだ声を上げてたのがちょっと引いたなあ。あのー、うちは勝てなかったし、それどころか勝ち点1献上してしまったんだよねえ?目の前で優勝阻止したのがそんなに嬉しいですかね?嬉しいだろうなあ。
フミさんは去るが健児は帰って来た。人生は出会いと別れである。
何度も繰り返すが、締まったいい試合だったと思うよ。浦和が、あの時点で勝ち点1を拾う試合ができたのが、あたし的には驚愕である。

|

« 11.25の晩ご飯 | トップページ | 11.26の晩ご飯 »

コメント

>終了後、ガンバが勝ったのを知った一部の東京サポーターが、場違いに喜んだ声を上げてたのがちょっと引いたなあ。

はい、大喜びです。

投稿: kaz1568 | 2006/11/26 22:43

目の前で優勝されるのだけは勘弁。あれは一度味わうと二度と味わいたくないものだと思う。FC東京が引き分けたおかげで,浦和も今節で優勝決まらなかったわけだし,当然の反応だと思います。ガンバは,自力で優勝の可能性が残ったわけだし感謝しているんじゃないかな。3点差で勝てばいいなんて,可能性0に比べたら無限大の可能性ですからね。

投稿: Yam. | 2006/11/26 22:57

あいや、痛い瓦斯サポ的には、勝つべき試合だったんですよ。押してたしね。

投稿: おがん | 2006/11/26 23:01

誤読しました。すいません。まあ,FC東京が勝った方が最終節はよりスリリングだったでしょうけれど,個人的には最終節まで可能性が残っただけでも楽しんでいます。人ごとですしね。

投稿: 山田@MN | 2006/11/27 00:46

>kaz1568さん
試合直後の静寂の中、場内アナウンスより早く、メイン上層で「きゃー」とか歓声が上がったので、赤い人たちかと思って(優勝が決まったのかと思って)びっくりしたら、青赤い人たちだったですよ。
すげー嬉しそうで、それはいいんだけどまるで優勝したみたいでした(笑)

>Yam.さん
胴上げなしはもちろん嬉しいというかほっとしたですけどね。
勝ちたかったなと。


投稿: おがん | 2006/11/27 06:52

健児はねぇ、シンガポールで成長したよぉ。
体力が付いてフィジカルが強くなりました。
東京でいらなかったら(そんなこた無いと思うが)返してね。

投稿: 鯱 | 2006/11/27 10:48

若い選手を受け入れ、応援してくれたアルビSサポーターには感謝の気持ちでいっぱいです。きっと健児の今後のサッカー人生にとってよい経験になったでしょう。
昨日味スタに来てお仕事してたけど(ファンクラブのテントだかにいた)、まだ細いねw

投稿: おがん | 2006/11/27 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/12834425

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 J1 第33節 FC東京 vs. 浦和レッドダイヤモンズ:

» FC東京 × 浦和 [みのる日記]
2006 J1リーグ 第33節: FC東京 0-0 浦和レッズ さあ、浦和の初優勝の日となるのでしょうか。 今年のJリーグもいよいよクライマックスです。東京に乗り込んだ浦和はこの日、勝利して勝ち点3を得れば、文句なしに2006年度のJ1王者に輝きます。 それを見届けるべく、大挙してこの味の素スタジアムを赤く染めるレッズのサポーターたち。大声援に包まれて、注目の一戦が始まりました。 開始直後、東京の右ウイングの石川が思い切りの... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 22:45

« 11.25の晩ご飯 | トップページ | 11.26の晩ご飯 »