« 11.2の晩ご飯 | トップページ | 11.3の晩ご飯 »

2006/11/04

2006 ヤマザキナビスコカップ決勝・鹿島アントラーズ vs. ジェフユナイテッド千葉

260037409_236
260037409_23
ナビスコ決勝行って来ましたよ。やー、ジェフのサポーター増えてるねえ。鹿島と互角か、それ以上いたような気がするな。
試合の方は、ジェフがどんどん走ってチャンスを作り、あとは決めるだけ、みたいな展開。後半に入ってちょっとジェフの足が停滞した時に、鹿島が決め切れればよかったんだけど、できず。逆に、この日切れ切れの水野が決めて、ジェフが元気になっちゃって。セットプレーからもう1点だめ押し。完勝。
鹿島、ファビオ・サントスの左サイドバックは、この日の水野には楽勝過ぎましたね。鹿島は総じてあまり元気がなかった。パスもジェフに寸断され、サイド攻撃もあまり奏功しなかった。
こないだエル・ゴラッソでヒロミが、アウトゥオリ監督のことを、「リーグ戦がダメと見るやカップ戦狙いに切り替えた、あの割り切りが凄い。リーグ戦何戦かをカップ戦のテストに使った」と感心していたけど、あたしは、それは監督としては凄いかも知れないけど、選手はどうだろう、と思ったりした。リーグ戦だろうがナビスコだろうが天皇杯だろうが、負けは確実に心に悪いイメージを残す。日本の選手はそんなに割り切れて戦えるものじゃないんじゃないかなと。まあ、今となっては後づけですが。

増田誓志が、試合後、挨拶に行かずにゴール前に立ち尽くし、悔し泣きしていたのが印象的。
この試合、あたし的には、水本とか水野とか、増田とか、両チームのU-21代表候補中心に見てたのですが、ジェフ側バックスタンドにいたにも関らず、増田誓志がペナルティーエリア近くでボールを持った時、「自分で打っちゃえ!」とか叫んでしまって、ジェフサポの皆さんすいません。いや、自分の応援するチームじゃないと気楽なことだ。
260037409_208
ただ、連覇に喜ぶジェフ選手が監督を胴上げ(去年はイビチャが固辞したのでできなかったが、今年はアマルで若いからね)しているのを見たら、やっぱ悔しいよね。ナビスコカップ予選最下位で敗退したチームのサポーターがいうのもかっこ悪いが。

この日、ヴェルディグラウンドでは、サハラカップの東京ダービーが行われていて、ちょっと相当、そっちにも行きたかったなあ。

|

« 11.2の晩ご飯 | トップページ | 11.3の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/12547519

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 ヤマザキナビスコカップ決勝・鹿島アントラーズ vs. ジェフユナイテッド千葉:

« 11.2の晩ご飯 | トップページ | 11.3の晩ご飯 »