« ジャーン退団 | トップページ | 12.2の晩ご飯 »

2006/12/03

2006 J1 最終節 大分トリニータ vs. FC東京

ジャーンコール、めいっぱいして来ましたよ。
いつの間にか「九石ド」になっていたビッグアイ。ジャーンの最後の試合だから全部目に焼き付けておこうという気持ちだったんだけどねー。いや勝った時だからいうぞ。何あの松尾主審。吹き過ぎだし、その上はっきりしないし、詰め寄られて判定覆すし、正当なショルダーチャージがファウルだし、大して触ってなくても倒れたらファウルですって。呆れました。その上あのノリオの一枚目。どこがどう遅延ですか。どちらの選手もすっかり信頼なくしちゃって、判定で揉めてる時間の方が多いじゃないか。副審も敵だったな。今ちゃんも、あと石川もイライラしてるんで、ゴール裏からはなだめるコールが数回。東京の選手も、ノリオ退場後はあきらめて、はいはいファウルファウル、はいはいフリーキックフリーキック、みたいな感じでやってましたよ。大分くんだり(大分の人すまん)まで見に行ってるのに試合をつまらなくするなよ。やたら被フリーキックの多い試合であった。塩田が出来がよくてよかった。
塩田は本当によくて、思い切りのいい飛び出し、守備範囲が広いし、至近距離からのシュートも止めまくり。前半のあの1対1、セーブした後ジャーンと手を合わせて抱き合っていたのが涙出たわー。
梶山は前半ミスもあったけど、どこでスイッチ入ったか、切れ切れですばらしかった。ミドル惜しかったね。今日は枠に2点盗られた。ルーちゃんのゴールのシーンは、梶山の技ありパスに石川の技ありアシスト、ルーちゃんが突進してすごい迫力だった。セクシー東京でした。みんなでジャーンを中心に抱き合って、ああ、この試合はジャーンのための試合なんだなあ、と思わされた。
梶山って、アシストの一個前のプレーが多いね。ああいうのが「起点になった」というやつだ。
今ちゃんはボールを股間に直撃して悶絶していたのに、大分サポーターから盛大にブーイングを受けて気の毒でした。あのー、みなさん、他の選手はともかくとして、今ちゃんが痛い時は本当に痛いから。相当痛くても我慢する子だから。
栗はねえ、ちょっと位置が低いかと思ったけど、梶山や今野とポジション換えながらバランス取りながら、よくがんばっていた。あの体格なので、潰されないようにするには動き回るしかないわけだけど、よくできていた。でも、もっともっと判断のスピードを早くしないといけないなあ。
みんな、ジャーンのためにという気持ちで、1人減っても心のこもった守備をして、何とか逃げ切り。
ジャーンがゴール裏にやってきて、ユニフォームを脱いで丁寧に足元に置き、挨拶してからサポーターに投げ込んだ。ああ、最後なんだなあ、本当に最後なんだなあと思いました。ジャーン…。
それにしても、こういう言い方はあれ(どれ?)だけど、フミさんのためにとかジャーンのためにとか優勝の邪魔とか、そういう特殊なモチベーションないとがんばれないチームというのも、どうよ。たまには、何もなくても普通にがんばる東京が見たいぞ。

|

« ジャーン退団 | トップページ | 12.2の晩ご飯 »

コメント

私も家族3人で行ってきました。今年最初で最後の宿泊アウェーでした。ジャーンの退団には胸が痛みます。本当にありがとうといいたいです。こんなに東京を愛してくれているのにつらい思いをさせてごめんね、ジャーン。
昨年も今年もやっと調子が上がってきたらリーグ戦終了ですよ・・・。これだけやれる力があるんだからあとはホントにメンタルだと思うのですが。

投稿: OBAKA母 | 2006/12/03 22:02

おお、ご家族で遠征お疲れさまでした。
まあ、優勝も降格もないとなると、モチベーションを保つのは大変なんだろうとは思いますけどねー。

今、録画見てますが、このルーちゃんゴールすごいですね。梶山とナオとルーのプレーのそれぞれが、瞬間芸術のようです。
ナオは最近中に入ってトップ下のようなプレーもするようになりましたね。

投稿: おがん | 2006/12/03 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/12920608

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 J1 最終節 大分トリニータ vs. FC東京:

« ジャーン退団 | トップページ | 12.2の晩ご飯 »