« 3.17の晩ご飯 | トップページ | 3.18の晩ご飯 »

2007/03/19

2007 J1 第3節 FC東京 vs. ジュビロ磐田

なんか、たまに(よく?)ある「頭の悪い」試合。ばっかじゃねーの?な試合。
福西先生のサッカー教室、でもうちの子たちついていけず、みたいな感じ。
前半から、ああ、福たん、お願いします、うちの子頭悪いからさ、あんまり難しいこといっぺんにいろいろ言わないでよ、みたいな気持ちでハラハラしながら見てましたよ。授業参観の母親かよ。
よかれ悪しかれ、東京は勝つときは「イキオイ」で勝つチームだったし、緩急でいえば急ばっかりだった、そこに福西が入ってそこで一旦落ち着くようになったんだけど、その後いつ行けばいいのか周囲がわからずに後手を踏んでた。福西自身も、周囲が指示通り動かないのでイライラしてた。これはちょっと劇薬かも知れんね。
福西の絶対勝ちたい気持ちがアダになったか、東京は慎重に行き過ぎた。何をそんなにバランス取るのに腐心してるんだろうと思った。磐田のファブリシオが退場になって、まあファブリシオ自体はあまり効いてなかったし、相方がいうにはボールの獲りどころ、東京の攻撃の起点になってたらしいので、そこがなくなってむしろ東京はちょっと狙いがばらけてしまった、10人になった磐田はやることが徹底してやり易くなったという印象です。まあ、10人相手にいつものことか。しかし、パワープレーは相変わらず下手くそだねー。

古巣相手に絶対勝ちたかった福西が、試合後、先頭を切ってスタンドに挨拶に来て、目を押えながら頭を下げ、決然と頭を上げた、いつものクールな顔に悔しさオーラを全面に滲ませながら。あれはもう悲しいほど怖くて、綺麗だった。般若顔だね。あれ見ただけであたしはごはん3杯喰えます。喰うなよ。
そしてワンチョペ。ご覧になりましたか、あの一瞬の抜け出し。あの、ディフェンダーを背負ったまま高いボールを足先で吸い付かせるようにトラップ、そしてシュートまでの一連の動作。あの一瞬の速さ、あれがワンチョペ、あれが全てなので、後のことはどうでもいい、あれをもっと見たかった。あのトラップだけであたしはごはん3杯。いったい何杯喰うねや。
ナビスコではチョペさんと、あとエバね。この辺もっと試して欲しいね。あと、チョペさんには憂太をつけてね。どうもヒロミがワンチョペを信頼し切れていないのが、交代の順番から感じられて(あたし的には、憂太をもっと早く入れ、リズムを作ったところでワンチョペだと思った)、悲しいけど、ヒロミ、次はお願いしますよ。

|

« 3.17の晩ご飯 | トップページ | 3.18の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/14313049

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 J1 第3節 FC東京 vs. ジュビロ磐田:

« 3.17の晩ご飯 | トップページ | 3.18の晩ご飯 »