« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/29

3.29の晩ご飯

今日も営業車で千葉、埼玉方面を巡礼。どこも桜が綺麗でしたよ。

晩ご飯は、ひやむぎ。あたしはひやむぎには何をしてもいいと思っていて、甜面醤と豆板醤とネギのひき肉味噌、フルーツトマトの角切り、アボカドの角切り、納豆をのせ、おだしをまわしかけて嬉しく喰っていたのだが、相方は普通のつけ麺にして喰い、具は別に喰っていた。麺至上主義者だから、麺によけいなものを載せるのはイヤだそうだ。
あと、六甲のおいしい水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/28

3.28の晩ご飯と北京五輪アジア二次予選・シリア戦

仕事で一日常磐道方面をうろうろし、まあ大半は営業の運転する車に乗っていて、何をしたわけでもないのに異様に疲れた。暑かったしね。

暑かったので、晩ご飯は今年初そうめん。冷ややっこ。納豆。六甲のおいしい水。

晩ご飯を食べながら、相方が録画していてくれてたシリア戦を観る。シリアが、このグループでは最大の敵ではあろうけれど、前評判ほど強くないので拍子抜け。守備がゆるく、攻撃の精度もあまりなく、カウンターのパターンもなかったので、これは日本は好き放題できるはずである。日本もセットプレーの守備はどうよと思う。家長が先発で、ボールを持てるし賢い子なので、いい攻撃パターンがたくさんできたのはよかったし、全体的にコンビネーションができて来てるかな、という感じだったけど、正直これは参考にならんなあ。Jリーグで平山をあれだけフリーにするチームがあるか?ありません。平山にはいつも、左門豊作の弟妹のように2、3人タイトなマークがぶら下がるのが普通なのだ。あんなにフリーならもう2点くらいは取れなくちゃ。
個人的には、後半、梶山が一旦ボールを失いかけたのを取り戻し、無理やり繋いで平山の2点目の起点になったところが、よしよし、いいよいいよ、という感じか。
シリア的には、平山をナメていたらまんまと点を取られ、かなりホーム寄りの笛でリズムを崩し、カウンターも普段大してやってないから逆襲できず、エースの10番も削られて、さんざんでしたよね。何か、他人事のような気がしないわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/27

3.27の晩ご飯

晩ご飯は、牛肉とキャベツとシソのオイスターソース炒め。納豆。ごはん。味噌汁。おーいお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訃報:植木等

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 「日本一の無責任男」植木等さんが死去
すごいショック。昭和が本当に終わってしまった感じ。いや、終わってるんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/26

3.26の晩ご飯

晩ご飯は豚肩ローススライスのソテー、トマトとホウレンソウソテー添え。納豆。味噌汁。ごはん。おーいお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.25の晩ご飯

飛田給某所で、山菜の天ぷらやカレイの煮つけ、さつまあげ、豚の角煮、焼き鳥、明太入り玉子焼きなど。芋焼酎お湯割り。サッカー以外の話題で盛り上がり、呑み過ぎた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007 Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選Cグループ第2節 FC東京 vs. 大分トリニータ

うーん、90分見てるのが辛い試合。こんなことがあってはいけない。

まあ、あれだ、宮沢に会えた。宮沢は試合後、コールに応えてこちら側に走って来たけれど、ハーフウェイラインを過ぎたあたりで、東京の選手がゴール裏の方に向かっているのに気を遣ったかしてスローダウンし、結局そこでおじぎをして去っていった。古巣のサポーターがこれほど拍手をする選手もあまりないのではないか。
あと、えーと、池上デビュー。なかなか頑張っていた。攻め上がりの回数は少なかったけど、池上らしく慎重で、バランスをよく取ってたように思う。
それから、塩田のPKストップには萌えたね。塩田はこんなに頑張ってるのに、まだ勝ちがなくて残念だよ。
あと、えーとえーと、チョペさんの娘が可愛かった。ブルーのリボン。チョペ子はお父さん似だね。
…。

何といっていいかよくわからないが、何かちぐはぐだ。ヒロミがやりたいサッカーと選手のタイプに齟齬があるんだろうか。ヒロミがやろうとしていることと、ピッチ上の監督である福西の方針に齟齬があるんだろうか。
確かに茂庭が怪我をし、エバが膝がよくならないし、五輪代表が抜けてて大変なのはあるけど、点が取れないのはそのせいじゃないよなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/03/24

3.24の花見

恒例の花見をしてきました。花はないけど。今年は、前にも書いた通りチーズ・フォンデュをしたんですが、あたしが用意したのとは別の、ゴルゴンゾーラ入りのやつとか、よつ葉のやつとか、持ってきて下さった方々がいたので、チーズが大変盛りだくさんになり、フォンデュでお腹いっぱいに。カロリー計算したくないわ。しばらく体重計にも乗りたくない。でもおいしかった。ゴルゴンゾーラ入りのやつ、よかったですよ。しかも、チーズをからめる具もさまざまなものが飛び出し、楽しかったね。ソーセージはおろか、海老とか蛸とか。ごぼうに勝てるのはゴルゴンゾーラ入りだけだとか、そういう発見もあった。
お子さんたちでチョコレートフォンデュをしたのも可愛かった。
泡盛『白百合』が、香木の香りのようだと思ったのは大きな間違いで、あれは土の匂いでした。水割りやロックではわかりにくかったんだけど、ストレートで飲んだらはっきりわかりましたよ。すごく癖があるんだけど、これに慣れたら他の泡盛が物足りなくなるんじゃないか、という感じです。瓶に半分くらい残ったのをもらってきたよ。
まあ、花はなくともよい花見ということで。
今日はもう晩ご飯は食べてはいけない状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.23に買った本

待っていたよ!のジョージ・R・R・マーティン『王狼たちの戦旗 I』(ハヤカワ文庫)、久々の新刊ロバート・ゴダード『眩惑されて(上)(下)』(講談社文庫)、忘れていた頃に次が出る岡野玲子『妖魅変成夜話 4』(平凡社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/23

3.23の晩ご飯

帰宅する頃ちょっと頭が重い感じ。風邪の引きはなかも知れない。磐田バスツアーは結構身体に来るんだよね。できれば次は19時キックオフとかじゃないといいなあ。
明日は某所の花見(花があるかどうかはともかくとして)なので、風邪を引くこと厳禁。アミノバイタルプロを飲んで寝るぞ。
晩ご飯は、相方にごはん炊いてもらってレトルトカレーあっためてもらって、カレーライス。六甲のおいしい水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.22の晩ご飯

晩ご飯は、ジャガイモとホウレンソウの卵とじ。鶏肉とプチトマトとしそのエスニックスープ。納豆。ごはん。おーいお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.21の晩ご飯

って、喰ってないよ。磐田で華麗パンを喰ってビール飲んだな。セットだと50円お徳だっていうから。で、行きのバスが牧の原SAに泊まった時に買ったチーズかまぼこを、帰りのバスで喰い尽して、んで夜中過ぎに帰宅して寝ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007 Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選Cグループ第1節 ジュビロ磐田 vs. FC東京

むちゃくちゃ面白かった。特に前半面白かった。それだけに、勝てなかったのが悔しいくてならない。勝てる試合を落とした気持ち。
ヤマスタ寒かったっすよ。それでもヨシカツは半袖だ。タイツで半袖。「ヨシカツ東京」コールは毅然と無視していたヨシカツも、「ヨシカツ半袖」コールにはこっち見てつい苦笑いしてた。ヨシカツあいかわらずいい人だー。大好き。
でも、チョペさんも実は半袖だったですよ。チョペさん、試合前のウォーミングアップから大張り切りでさあ、もう目の輝きが今までと全然違うの。こういう人はやっぱりプライドなんでしょうか。
試合では、前線で大きなストライドでゆったりと回遊。雑魚を尻目に、ジンベエザメみたい。悠然と落ち着いていて、何も問題はないという風情である。ボールすら見てないという指摘もあった。でもボールが来ると、磁石のようにボールを吸い付け、低い位置では簡単に捌き、タイミングが悪いパスはすぐ返し、ゴール前では一瞬にしてギュン、とトップギア、スルスルとドリブルしたり、ぴたりと落としたり、瞬間移動してたりね。こういう人が前線にいると、ポゼッションするのがどんなに楽か。ほええ。なるほどねえ。まあ、その周りではルーカスと栗澤が献身的に鬼のように動き回ってるんだけど。それに優しくて紳士。ジュビロの太田が倒れてたらすぐボール出して、心配して、ハグハグしてあげてた。うちの子たちがまだチョペさんの動きに慣れていないので、チョペさんが相手ディフェンダーにぶら下がられて体勢を崩しながらもボールを落として止める、チョペさんの倒れた後にボールだけぴたりと止まっていて誰も行かない、なんてこともあったけどね。それにしてもすばらしい。秀人の本気を久々に見たな。次は、もっとチョペチョペいいたいですね。
あと、今ちゃんだ。3節まで、どうも福西に遠慮してるのかまた悩みモードに入っていて、やりづらそうにやっていたのが、吹っ切れたごようす。切れ切れで、声も出しまくっていた。後ろを向いて凄い形相で怒鳴ってるシーンもあった。何ていってるのかわかんなかったけど、知人によると「ずるずるライン下げてんじゃねーよ!」だったそうです。どんな怖い。代表落ち効果?(をい)。
福西は、ヤマスタでいいことをしたい気持ちがちょっと空回りか。普段無表情な人が、こういうことがあるから面白いね。秀人に倒されながら肘打ちした上に、イエロー出された秀人が激昂したのをなだめに行って逆にイエローカードを喰らう、のあたりは圧巻。圧巻て。いや、福西のためにも勝ち切りたかった。
栗澤はボールを獲るのがうまくなったと思う。確かにパスセンスやシュート意識は物足りなさもあるけど、トップ下でもサイドに入っても、豊富な運動量と守備力、つなぎの機転の良さ、これは替えがきかないところ。だから、栗澤を交代した後でバランスが崩れてしまって。下げるの早過ぎだろうヒロミ、と思ったけど、ニッカンによるとアキレス腱傷めたらしいので、この交代はしょうがない。問題は梶山をそのまま左サイドに入れたことで、あそこに、運動量の足りない梶山を途中からでは難しかった。良くも悪くも梶山はボールに触って触って調子を上げるタイプなので、サイドではスタートに時間がかかるのよ。無理な擁護してますか。してますね。憂太の方がよかったかも知れん。段々よくなったんだけどね。
石川は、ボールを受けるのをいろいろ工夫してうまくなっていて、そうそう石川のところではボールを失わなくなったので、努力してるなあ、偉いなあ、と思うけど、それにしても伊野波とのコンビネーションがよくない。去年の最後の方の徳永の方がまだいいくらいでした。あたしが未だに加地くんを惜しむのは、まず第一に、加地くんこそが第一級の石川使いであったと、そういうことなんだろうな。

ヒロミ采配にいいたいことがあるとすれば、どうせナビスコでエバを試さなくちゃいけなくなるんだから、最初っからエバを入れるべきだったんではないかなあ、ということと、憂太とチョペさんをセットで見たいよお、ということ、これをやると、もはやFC東京というよりは中央突破命の別の東京みたいになるけどね。あと、今回は、最後までワンチョペ残して平山とツインタワーでパワープレーでよかったんじゃないかなと。チョペさん前に置いておくだけで相手ディフェンダーは神経すり減らす。まあ、膝の状態見ながら使ってるのかも知れないけどね。1点が欲しい時にシュートを打たないで「シュート打て」コールされる平山は反省しないと。赤嶺だっているわけだし。
栗澤のアキレス腱と、石川の頭打ったのがなければ、守り切れた試合かも知れないし、その辺はわからん。それにしてもちょっと後半引き過ぎた。

ところで、あたしはジュビロの船谷が結構好きなんですが、今回あのポジションでは圧敗していて前半のうちに替えられたのが残念でした。取り合えずアジウソン監督の修正能力は、この二戦見た限りでは素晴らしいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/21

TIMEDOMAIN

製品案内― TIMEDOMAIN (心のオーディオ ~世界一自然な音のスピーカー )
相方が、TIMEDOMAIN Lightというスピーカを買って来た。『我らクレイジー☆エンジニア主義』という本で製作者の由井啓之さんを知り、店頭で音を聴いてびっくり、ということらしい。
音がくっきりしていて、ライブ盤なんか聴くとノイズのひとつひとつ、観客のしわぶきひとつまで定位でき、大変な臨場感である。テレビのサッカーの試合をこのスピーカーで聴くと、ボールを蹴る音、バーに当たる音もはっきりと立ち上がる。
小さくて可愛い、目玉親父が2人いるようなスピーカなのに凄い。
ギターを弾く指が弦の上をすべるきゅきゅきゅきゅや、オーボエのキーのかちゃかちゃまで目の前に立ち上がって来てしまうので、これは結構怖いスピーカーであるな。iPodが音源でこれだからなあ。画期的。
いや物理は苦手なんで、音響理論なんか全然知らないんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.20の晩ご飯

明日は祝日だしアウェー遠征なのに会社でハマり、休日もやばいことに。しかし何とか脱出。
晩ご飯は、ゴーヤとトマトと豚肉の炒めたの。納豆。ごはん。味噌汁。おーいお茶。

ROCK FUJIYAMAは来週で最終回か。寂しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/19

3.19の晩ご飯

晩ご飯は、相方用にトマトの卵炒め、あたしはトマト納豆。挽肉とホウレンソウのエスニックスープ。ごはん。おーいお茶。
食後に、頂き物の大分のプリンを食す。うまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.18の晩ご飯

飛田給某所で、海鮮鍋、キムチ、海鮮サラダ、明太子入り出し巻き玉子、鍋は最後に雑炊で。芋焼酎お湯割り。話題はトーチュウの松岡某が、東京愛がなく、紋切り型で、ワンチョペに対する書き方も、高みから見下ろすようで何様感満載であることについてなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007 J1 第3節 FC東京 vs. ジュビロ磐田

なんか、たまに(よく?)ある「頭の悪い」試合。ばっかじゃねーの?な試合。
福西先生のサッカー教室、でもうちの子たちついていけず、みたいな感じ。
前半から、ああ、福たん、お願いします、うちの子頭悪いからさ、あんまり難しいこといっぺんにいろいろ言わないでよ、みたいな気持ちでハラハラしながら見てましたよ。授業参観の母親かよ。
よかれ悪しかれ、東京は勝つときは「イキオイ」で勝つチームだったし、緩急でいえば急ばっかりだった、そこに福西が入ってそこで一旦落ち着くようになったんだけど、その後いつ行けばいいのか周囲がわからずに後手を踏んでた。福西自身も、周囲が指示通り動かないのでイライラしてた。これはちょっと劇薬かも知れんね。
福西の絶対勝ちたい気持ちがアダになったか、東京は慎重に行き過ぎた。何をそんなにバランス取るのに腐心してるんだろうと思った。磐田のファブリシオが退場になって、まあファブリシオ自体はあまり効いてなかったし、相方がいうにはボールの獲りどころ、東京の攻撃の起点になってたらしいので、そこがなくなってむしろ東京はちょっと狙いがばらけてしまった、10人になった磐田はやることが徹底してやり易くなったという印象です。まあ、10人相手にいつものことか。しかし、パワープレーは相変わらず下手くそだねー。

古巣相手に絶対勝ちたかった福西が、試合後、先頭を切ってスタンドに挨拶に来て、目を押えながら頭を下げ、決然と頭を上げた、いつものクールな顔に悔しさオーラを全面に滲ませながら。あれはもう悲しいほど怖くて、綺麗だった。般若顔だね。あれ見ただけであたしはごはん3杯喰えます。喰うなよ。
そしてワンチョペ。ご覧になりましたか、あの一瞬の抜け出し。あの、ディフェンダーを背負ったまま高いボールを足先で吸い付かせるようにトラップ、そしてシュートまでの一連の動作。あの一瞬の速さ、あれがワンチョペ、あれが全てなので、後のことはどうでもいい、あれをもっと見たかった。あのトラップだけであたしはごはん3杯。いったい何杯喰うねや。
ナビスコではチョペさんと、あとエバね。この辺もっと試して欲しいね。あと、チョペさんには憂太をつけてね。どうもヒロミがワンチョペを信頼し切れていないのが、交代の順番から感じられて(あたし的には、憂太をもっと早く入れ、リズムを作ったところでワンチョペだと思った)、悲しいけど、ヒロミ、次はお願いしますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/17

3.17の晩ご飯

フォンデュ実験その3。輸入ものではメジャーなこのフォンデュセット。
200703172319
具は、ジャガイモ、パン、ズッキーニ。成城石井のダッチフランスうまいです。飲み物は白ワイン。
結局この『シャレー』というブランドが一番おいしいかな。こくがあるけど癖がなくてマイルド。さすがスイス製。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.16の晩ご飯とPASMO

申し込んでいたPASMOが配達証明郵便で着たのが、自宅で受け取れなかったので、会社の帰りに郵便局(本局)に寄る。その途中、偶然新宿に出ていた相方と合流し、郵便局に付き合ってもらい、普段乗らないバスに乗って京王線の駅まで出て、ファミレスで晩飯を喰った。
グラスワイン、ハーフポーションのトマトスパゲチとスープ、鶏のソテー、パン、コーヒー。

ところで、今使っている定期券、PASMOに移せるんだろうか?京王線+JRの定期券、京王の駅で買ったやつなんだけど。4月までだから、ちょっと待てばいいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.15の晩ご飯

晩ご飯は、前日の大根と鶏の煮物の残り。ポークソテー、サラダ菜とフルーツトマト添え。味噌汁。ごはん。おーいお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シャンナ・スウェンドソン『赤い靴の誘惑』

名古屋方面に出張に行く道中、シャンナ・スウェンドソン『赤い靴の誘惑』(創元推理文庫)を読了。『ニューヨークの魔法使い』(創元推理文庫)の続編、『(株)魔法製作所シリーズ』二作目になる。
現代ニューヨークを舞台にしたファンタジーで、特にひねりはないのだけど、ロマンチックで可愛いラブコメディーなのでつい読まされてしまった。主人公が気立てがよくて頑張り屋さんなのが、感情移入し易いというか、まあ、これも少女マンガ的なんだろうな。主人公がランチタイムにアレをナニされたシーン(ネタバレに配慮しました)は涙が出たわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/14

北京五輪アジア2次予選 U-22マレーシア代表 vs U-22日本代表

いやこのゲテゲテのピッチ。高温多湿。イライラする試合展開。微妙に眠気を誘う太鼓。梶山はユニが身体にひっつくのをすごいイヤそうにしてるし。濡れた猫みたい。
マレーシアは戦術も横溢していたし、浮き球をしっかりコントロールしてた。主審は、手を使ったりするとしっかり取るけど、基本は流してたので、あたしはうちの子たちが怪我しないかハラハラしてましたよ。梶山がちょっとイヤな倒れ方をしたしね。それにしても、東京の3人は、この週末は使いものにならないだろうなあ。困ったものだなあ。でもヒロミは平山を使うだろうけどね。ソリソリは上田やカレンをもっと使えよ。ぷんすか。
取り合えず、アウェーでひどいピッチで、勝ったのはいいことだ。
忠成初ゴールおめでとう。何か面構えもよくなったし、自信持っちゃったみたいなんで、柏戦はガクブルです。
解説が、ダメ出しばっかりで、まあ正しいんだろうけど、イライラが倍増しちゃったよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3.14の晩ご飯

晩ご飯は、大根と鶏の煮物。大根が大きかったので二日続けて大根です。味噌汁。ごはん。おーいお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.13の晩ご飯

晩ご飯は、大根と豚肉の煮物。ごはん。味噌汁。おーいお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サカマガ梶山とサカダイノリオ

ノリオのインタビューが載っているというのでサカダイを買い、サカマガを立ち読みしようとしたら梶山のどアップを見てしまい、びっくりした。しょうがないからサカマガも買う。
ノリオのインタビューはジェフのジュニアユースから八千代高校への進学を選択した頃の話。梶山のインタビューは五輪代表の話。いつも思うけど、サカマガの井上さんという人はインタビュー記事がうまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/12

タニス・リー『銀色の恋人』が復刊決定

銀色の恋人 タニス・リー  復刊リクエスト投票
タニス・リーの『銀色の恋人』が復刊決定だそうで。あたしは文庫持ってるけど、この素敵な作品が長いこと絶版状態だったのは不当な気がしていたので、嬉しいです。ちょっと少女マンガ入ってて甘めだけどね。
最近のタニス・リーは、『バイティング・ザ・サン』『鏡の森』『ウルフ・タワー』と、いまいち心惹かれるものがなくて残念だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3.12の晩ご飯

実験くんその2。
371748553_85
輸入もののフォンデュセットを使ってみました。昨日のはワインは別だったけど、今日のはワインも一緒になってレトルトになっている。チーズがさすがに香りも味も強烈で、チーズ好きの相方は、今日のがうまいといってたけど、これは好き嫌いがありそうだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.11の晩ご飯

070311_195601

某所の花見でチーズフォンデュをしようというリクエストがあったので、「カセットコンロでチーズフォンデュ」という実験くんをしました。 「よつ葉 チーズフォンデュ」、チーズ、小麦粉、スパイスがセットになってます。
フォンデュ鍋がないので、土鍋(小)でやってみたけど、火を点けたり消したりして何とかなった。 具は、フランスパン、ジャガイモ、芽キャベツ、グリーンアスパラ、ブロッコリ。チーズの味を楽しむには、やはりパンとジャガイモだなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.10の晩ご飯

知り合いが車で送ってくれたので、早く帰れた。
弁当屋で弁当を買い、録画を見ながら簡単に晩ご飯。しかし相方は前半で沈没。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/11

2007 J1 第2節 大宮アルディージャ vs. FC東京

危なげなく、という勝ち方ではもちろん全然なかった。もっとセカンドボール拾えてもよかったし、パスミスも多かったと思う。それでもまあ、今年は時間がかかると思っていたから。とりあえずは久々の勝ちを喜びたい。勝ち点3取れたし、ワンチョペも試せたしね。

今日は福西祭り。見ましたか?あの福西が、ゴールライン際で相手選手の顔面にボールぶつけておいて、にやりと笑ったあの顔を。おいら実はゴール裏の一番前の方にいたので、ほぼ目の前で見ました。周囲のギャルやオヤジも一緒になって「きゃーっ。見た?今の見た?」状態でした。もう一点、もう一点が欲しいというところで、クリアミスを見逃さず、難しい角度を振り抜いた、あのゴールも素晴らしかったね。もう、ギャルやオヤジたちとハイタッチしまくり。すげーよ福タン。足が痛いのに頑張ってくれて、最後ちゃんと挨拶しに来てくれた。もううちの子だ。もうどこにも行かないでね。
福西が真ん中に君臨して、ほら、頭使えよもっと、と要求し、周りが一生懸命がんばってフォローしようとしている、ただ、うちの子はなかなか頭使いながら走るのが得手ではないので、えーと、えーと、みたいな感じ。でも、雰囲気は悪くない。いいよ、なかなか。もっとよくなるよ。
石川ナオがもうキュンキュンだった。強かったねえ。ちょっと守備で伊野波と石川でマークが混乱した危ないシーンもあったけど、概ね切れ切れで、1対1も強くなった。仕掛けるし、倒れないし。ただ、どうしてか平山と合わないんだよねえ。残念なことに。
今ちゃんは、いまいち悩みながらプレーしているなあと思ったんだけど、福西との役割分担もはっきりして来て、セットプレーでは点も取ったし、徐々にではあるけど、上向いてますね。
そして土肥ちゃんは、正直前節は微妙な感じだったし、塩田の方がいいんじゃない?なんてゆってたけど、ごめんなさい、今日は神でした。土肥ちゃんじゃなかったら3-2で負けてたと思います。
あと、不思議中年藤山は、前節と同様すばらしかったし。
ワンチョペさんのデビューです。うーん、いまいちボールに執着しない人なのな。クロスにも合わないし。憂太の小悪魔パスが合うんじゃないかと期待してるんですが、なかなか実現しないね。ポストはやってくれてるんだけど、まあ、今日、寒かったしね。そういう問題か。何か、不思議な雰囲気の人です。
梶山がダメだったり、相太がまだまだツメが甘かったり、チョペさんがどうもまだ溶け込んでなかったり、心配ごとはなくはないんだけど、まあ、いいよ、勝ったし。勝ちって素晴らしい。

今、録画見直してるけど、相手の監督がうるさいなーと思ってたら、うちの監督さんも結構うるさかった。ノリオノリオ、戻れノリオ。ヨーヘー、もう一回。ソータ、ノーファールノーファール。もう時間ないぞ。何か、こう書くと大熊さんみたいですね。
ヒロミ、復帰後初勝利おめでとう。ここでまた、あなたと共にあって、歌うべき歌があるのはすばらしい。久々の『眠らない街』は、『ハラトーキョー』コールは、気持ちよかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

3.9の晩ご飯

晩ご飯は、ホウレンソウと牛肉の炒め煮。味噌汁。ごはん。六甲のおいしい水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/08

3.8の晩ご飯

一日、都内某所でアテンド。足が痛い。
晩ご飯は、レタス、生ハム、プチトマトのサラダ、ピエトロドレッシング。ごはん。味噌汁卵入り。おーいお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.7の晩ご飯

晩ご飯は、ゴーヤチャンプルーと香菜の味噌汁。納豆。ごはん。シークワサージュース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/07

3.6の晩ご飯

晩ご飯は、カリフラワーと鶏ささみの蒸し煮、マヨネーズとマスタードとクレイジーソルト添え。味噌汁。ごはん。おーお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/05

3.5の晩ご飯

こないだ友人から沖縄みやげにもらったタコライスを食す。ひき肉をスパイシーに煮たのがレトルトになってて、それを温めてごはんにかけ、チーズ、レタスの刻んだの、トマトの切ったのを上にのっけ、好みでホットスパイスをかけるだけである。おいしかった。ごちそうさま。あと、シークワサージュース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.4の晩ご飯

だらだらと過ごす。
夕方、買い物に出かけついでに行きつけの台湾料理屋で晩飯をしたのだが、久々に行ったら中の人も店のコンセプトも変わっていた。台湾小皿料理だったのが、普通の中華になってて、メニュー数も絞込み、一皿のポーションも普通。2人ではあまり品数豊富に頼めない量になってしまった。味も何となく濃いめだし。鶏カシューナッツ炒め、麻婆豆腐、かに玉、五目炒飯で、あたしは青島ビール、相方はウーロン茶。まずいわけではないが、ちょっとがっかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.3の晩ご飯

飛田給某所で宴会。開幕を祝してというお店のひとの心遣りで、ブリの刺身がどーんと出てきたのだが、それを前にしょぼくれるおれら。でもブリはうまかった。あと、キムチ、チヂミ、海鮮サラダ、焼き鳥など。生ビール。ウーロン茶。早めに辞去。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/04

2007 J1 開幕戦 FC東京 vs. サンフレッチェ広島

「ひろしまにぃ~、負けた~」「いいえ、ヒサトに、負けた~」なんて歌いながら帰ってまいりましたよ。いやもう、ユース出の新人センターバック吉本に対するは、裏を取らせたら今日本一の佐藤寿人ですよ。これ、止めれたら吉本は日本代表ですよ。つわけで、ヒロミも3点までは我慢したけど、ちょっとそれ以上は無理でしたね。センターディフェンダーのデビューというのは大変です。本人もチームもね。吉本は、悔しいでしょう。ここから立ち直って這い上がって来て欲しいよねえ。ゴール裏も吉本コールしていたね。ヒロミならちゃんとフォローしてくれると信じているよ。
今年はディフェンスライン全部メンツが変わってるからね。金沢もお久しぶりなわけだし。時間がかかるとは思っていたの。その初戦の相手が広島だったのは不運ではあった。あのー。広島とは、あたしが初めてFC東京の試合を生で見た2002年7月14日、戸田(広島のじゃなく、うちから清水に移籍した戸田な)のハットトリックと宮沢(ああ、二人とももういないのね)のフリーキック直接で大勝したあの試合以来、何と勝ってないんだよね。まあ2003年は広島はJ2だったけど。引き分けはあっても勝ってないんだよねえ。なるほどねえ。相性悪い相手ではあるのね。
まあ、しょうがない失点よりも、5点取れなかったことを反省すべきではあろう。まずは五輪代表が3人ともお疲れのせいか精彩を欠いていた。特に梶山がダメ梶山だった。中二日の梶山はあんなものではあるけど、あんな梶山なら憂太の方がよかったと思う。けど、憂太も、じゃあ90分持つかというと持たないんだろうなあ。それでも、今年は、五輪代表は大体あんなものだと思わないといけないんだろうなあ。
総じて、まだ攻撃の意図がはっきりしていなくて、恐る恐るやってる印象です。今ちゃんが、福西に遠慮してるというか、やりにくそうにやってるのがあれ(どれ?)でしたね。そういや今ちゃんがうちの子になった時、宮沢と今ちゃんの2ボランチはどんなに素敵だろうとわくわくしたことを思い出しますよ。何とこれが全然機能しなかったからね。相性ってのはやってみないとわからないものだね。いつもそうだけど、今ちゃんが新しいシステムに馴染むのを待ってないと新しいチームができあがらない感じが、もちろんあたしは今ちゃんは大好きだし、素晴らしい選手なのは間違いないけど、たまにイーってなるわね。
まあ、シーズンが始まった、こうしてまた、愛するチームの勝敗に一喜一憂する日々が始まったんだなあ。

※追記
福西選手について書きそびれましたが、中坊コラムのこれ、まさにその通りでした。タッチライン際で普通に相手選手をぶっ飛ばしてるのを見て、「ああ、福西が味方にいるとは、こういうことなんだ」と思いましたね。あと、意外というと失礼だな、予想以上にクレバーな選手であるな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/03/03

3.2の晩ご飯

朝、ホテルでたっぷり朝ご飯を食べてから、公園を横切り仕事場へ。フラワーロードにはためくえんじ色。361584284_8
ああ、新しいシーズンの始まりだね。と、ひとんちのチームカラーを見ながらしみじみと思う。東京を見始めてから6年目、ソシオになって5年目の春。愛するチームがある素晴らしさよ。

晩ご飯は、さぼてんの特ヒレかつ弁当。そりゃもう、勝ってもらわないとね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/02

3.1の晩ご飯

神戸出張。なぜか粉ものが喰いたくなり、神戸の上司など数人で三宮のお好み焼き屋へ。
えび、豚、すじなど、自分の好きなお好み焼きをそれぞれと、ミックスのモダン焼きを1つとって分け合う。あと、生ビール。喰った喰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »