« 4.20の晩ご飯 | トップページ | 4.21の晩ご飯 »

2007/04/21

2007 J1 第7節 FC東京 vs. 横浜FC

カズ様も味スタでは滑ってましたね。

勝ってよかった。勝ったことが本当によかった。そういう試合。ルーちゃんですら、お立ち台で「正直内容はあまりいい試合じゃなかったけど」なんていってた。この横浜FC相手にこの内容かよ、と言い出す人もいそうだ。でも勝ってよかった。そういや味スタで勝ったのって、去年の天皇杯のバンディオンセ戦以来ですよ。知ってた?(すいません、リーグのフロンターレ戦奥谷劇場の方が後だった。天皇杯はリーグより後だろうという勘違い)
今シーズンは開幕前に茂庭が怪我、エバも怪我なんだか何なんだか調子が上がらず、センターバックが2枚とも昨シーズンと別の選手、しかも本職じゃない徳永、今野、藤山でやりくりするという異常な状態が続いていて、失点が響いてなかなか自分たちのサッカーができなかった。選手も監督もサポーターもしんどかったと思う。でも、ようやく安定して来たようだね。そろそろ茂庭も復帰して来るし、何だか明るい気持ちになって来ませんか?

横浜FCが序盤からどんどん来たので間延びさせられて結構しんどかった。前半凌ぐことができてよかったと思う。ホームで負けたくない気持ちが強過ぎたか、東京は全体に守備的。そんな中で、石川が周囲と合ってなくてイライラしていたのが気になったなあ(それはいつもか(をい))。福西ともワンチョペとも徳永とも合ってなかった。自分でイライラしてどんどんプレーの選択肢を狭めていっているようで、見ていて辛かった。長いパスを受ける時、スペースで受けたいものだから、一旦ボールから遠ざかる動きをする、その間にパスカットされたりするので、あれやられると出し手がイヤになるんじゃないかと思うんだよね。石川はイライラするとどんどん空回りしていって雰囲気が悪くなるので、こういうのはメンタルコントロールの問題だと思うけど、克服しないといけないよね。
ワンチョペがフィットしてきて、本当に面白い選手。アシストは頭でぴたりと落とした形だったけど、チョペさんは視野が広くてパスがいいので、何と言うか点を取ってくれなくとも攻撃のすばらしいアクセントになってて面白い。栗澤と石川、あと福西の出来があまりよくなく、中盤がきちんと作れない中で、浅利のロングフィードがうまくいって点が取れたのもよかったな。チョペさんが落とし、ルーちゃんが潰れて今ちゃんがどフリー、理想的な形である。ルーちゃんがまずチョペさんを祝福し、その後チョペさんとルーちゃんで今ちゃんを祝福したのがすごくよかった。ルーちゃんいい人だ。今ちゃんも、最終ラインを落ち着かせつつ、思い切りよく出ていって点を決める、こういうところ、すごい選手だとあらためて思う。
チョペをもっと見たかったし、憂太とチョペを同時に見たかったし、チョペさん本人も交代が不満そうだったけど、あまりフォアチェックに行かなくなってたからかなあ。次はもっと長く見たいと思います。
横浜FCは、試合開始直後のカズさんのあれが入っていたらどうだったかわからないけど、怪我人が多いせいもあり、あまりに攻撃の手が少なかった。最後、奥ちゃんが入った時はちょっとイヤな気がしたけど、結局ボールが奥ちゃんの頭の上を飛び交っていたしな。これで内田とかいたらまた違ったんだろうなあ。あと、難波ってハードワークをするいい選手だね。

負けが込むのはそれ自体辛いし、いろんな人が沸いてきていろんな下らないことを言い出す、それも辛いけど、こういう時期は一生懸命チームのことを考えるので、そういうのも、楽しみ、とはいわないけど、愛するチームを持っていることの醍醐味なんだろうと思う。自分はどんだけチームが好きで、自分に何ができて、チームにとって何が一番いいのか、自分はチームに何を期待しているのか、負けてると結構いろいろ考える。
勝ったら、そりゃもう喜ぶだけですよ。

|

« 4.20の晩ご飯 | トップページ | 4.21の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/14801422

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 J1 第7節 FC東京 vs. 横浜FC:

« 4.20の晩ご飯 | トップページ | 4.21の晩ご飯 »