« 5.11の晩ご飯 | トップページ | 5.12の晩ご飯 »

2007/05/13

2007 J1 第11節 FC東京 vs. ジェフユナイテッド千葉

やっぱこれだよ。これ。ヒロミはこれでいいんだよ。無い袖は振れないってやつ。ヒロミを呼び戻した時点でこれはもう当然のことだ。前からプレスを掛けて、ボールを取ったらサイドから。

ルーカスの一点目がゴラッソだった。疲れもピークだろうに、抑えてよく打った。先制して、やり易くなった。よく走れていた。後の点は、ほとんど、千葉の中島と池田昇平、キーパー立石の連携の悪さからの得点で、千葉の自滅。点差ほど差はないというか、千葉のあの守備がなかったら、1-1の引き分けか、2-1でどっちが勝ってもおかしくない、みたいな。水野が当たってなくてよかったな。
このチームでゲームを作るのはやっぱり梶山なので、その梶山がよかったからボールがよく回っていた。伊野波もまあまあだったけど、あたし的には梶山・今野のドイスボランチが、やはりこのチームでは最高の組み合わせであろうと思う。伊野波はボランチもセンターバックもサイドバックもまだまだだ。ポリバレントもいいけど、精進しなくてはね。そういや今日は、今野の攻め上がりがすげー、と思ったら浅利だったー、というのがあり、あれにはしびれた。年々、努力して、うまくなってる。凄いね。
いや、みんな今日よく走ってただけでなく、楽しそうにサッカーしてたよ。あれが一番嬉しいね。

石川抜き、福西抜きで勝ったことで、今後この二人をどう入れていくか、その辺が悩ましいことです。ここのところ石川ナオは空回りが過ぎ、他の選手の信頼を無くしかけてたように見えたので、ちょっと、メンタルを休ませた方がいいかも知れない。でもヒロミはナオが治ったらすぐ使いそうだなあ。福西は、ヒロミのサッカーにフィットできず、どちらかというとヒロミが福西に要求し切れてないようだったので、どうなんだろう。賢い選手だから、今日上から見てて、どんなことを思ったか、その辺聞いてみたいようなところ。

試合後、ヒロミがいろんなスタッフと握手し、抱き合い、ちょっと泣いてるようにも見えた。期するものがあったのだろうし、進退掛けてたかも知れない。思わず泣けた。監督とは因果な商売だ。

ワンチョペがマッチデープログラムでさ、Jリーグはプレミアほど前からプレスかけないねってゆってるんだよね。えっ。そうなの?そういや今季はあまり前から行ってないかも知れないけどさ。

試合後、今ちゃんがサポーターに「浮かれ過ぎるな」だそうです。笑った。今ちゃん、サポが勝った時に浮かれずいつ浮かれるんだよ。自分に厳しく他人にも厳しい今ちゃんらしいメッセージでした。確かに、負けが込んだ分まだ全然取り返してない。浮かれ加減も中くらいにしておくよ。

|

« 5.11の晩ご飯 | トップページ | 5.12の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/15049630

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 J1 第11節 FC東京 vs. ジェフユナイテッド千葉:

« 5.11の晩ご飯 | トップページ | 5.12の晩ご飯 »