« 6.7の晩ご飯 | トップページ | 6.8の晩ご飯 »

2007/06/07

2007 フレンチオープンテニス

フレンチオープンが開幕すると、ああ、夏だなあ、と思う。特にテニスファンというわけではないのだけど、深夜、WOWOWでボーっと流し見るのが好きだ。
昨夜はモヤとナダルの準々決勝を見た。スペイン対決、お互いクレーが得意、その上子供の頃から一緒にやっていて手の内がわかっている同士というわけで、どちらもやりにくそうにやっていた。フレンチオープン三連覇を狙うナダルがものすごくよかったというわけでもない、どちらかというとモヤの自滅のような試合。
今日はエナンとヤンコビッチ、女子の準決勝を見ている。テニスが面白いのは、試合が長く、淡々とポイントを積み重ねていく大きなうねりの中にも、時おり、ゲームによって全く違う選手がやってるみたいなプレーがきらめくところで、この試合も、数字だけ見るとエナンが押しているように見えても、ヤンコビッチが圧倒的にゲームを支配するシーンもあり、エナンも決して楽にテニスをさせてもらえない、この辺が面白い。ゲームを重ねて行くにつれ、エナンがヤンコビッチにじわじわとアジャストしてくる、ヤンコビッチが焦る、しかし、セットの間の少々の時間に気を取り直す。でもそれも長くは続かない。心の弾みや焦り、冷静さと開き直り、そういったものが手に取るように味わえる、その辺が好きかも。

|

« 6.7の晩ご飯 | トップページ | 6.8の晩ご飯 »

コメント

中学生の娘がテニスをやっています。試合になるとものすごく緊張するタイプで力が出せずに終わって親がっかり、みたいな試合が多いです。
試合中の精神面の揺れなんかは中学生の試合でもよくわかりますね。どんなに幼くても試合では長時間(1セットマッチですが)一人で臨まなくてはいけないので、なかなか厳しいスポーツかも、と思います。

投稿: OBAKA母 | 2007/06/09 14:07

遅くなりましたがコメントありがとうございます。
あー、なるほど。テニスはセルフ・ジャッジで、小さい子でも自分でカウントを申告したり、フォルトやアウトを主張したりしないといけないのですよね。あと、大人のアドバイスは禁止だとか。自立心が養われそう。
サッカーのようなチームスポーツとはまた違う世界ですね。

投稿: おがん | 2007/06/14 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/15350369

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 フレンチオープンテニス:

« 6.7の晩ご飯 | トップページ | 6.8の晩ご飯 »