« 6.9の晩ご飯 | トップページ | 6.11の晩ご飯 »

2007/06/14

2007 J1 第14節 清水エスパルス vs. FC東京

今さらですが、FC東京サポーター的には大変楽しいアウェーとなった。
雨だというのでポンチョ持って傘持って着替え持ってゴミ袋持って行ったのに、かんかん照り。帽子と日焼け止めがカバンに入っていたのは僥倖である。
駅前でおいしいマグロ(あたしはづけ丼、相方はネギトロ丼)を頂き、スタジアムで富士宮焼きそばもゲットし、パルちゃんショーはタイムリーなブートキャンプネタ。大笑い。
すっかり満足して幸せで、これだけでもお腹いっぱいなのに、その上ノリオの2発。ああもう、ノリオの得点というのはどうしてこう爽快感が高いんでしょう。最高。
伊野波と梶山、福西の真ん中での関係がなかなかよく、梶山は特に鬼のようにぶりぶり走った。最後までボールを追い、自陣ゴールラインまで戻って守備をしていた。最近の梶山は運動量も素晴らしいとはいえ、かつてあれほど、走らないの守備がアリバイ守備だの最後までボールを追わないのいわれていた人が、この数試合はどうですか。別人じゃないですか。見違えるようじゃないですか。男子三日会わざれば刮目して見よと、あいや、こればっかだな。五輪効果?いや、もう数試合様子を見よう。
そういうわけで、中盤でいい形でボールを持てるからこそ、サイド攻撃も効くってわけですよ。
快勝の上、試合後の茂庭のクールダウンまで見て、おれらすっかり長ッ尻だったね。清水サポごめんね。そういや2005年、連敗して雰囲気も悪くなってた時も、日本平で勝ってみんなで泣いたよね。あの時もずいぶん長ッ尻をして迷惑を掛けた。すいませんね。へっへっ(反省していないもよう)。
帰りの新幹線で、顔見知りの誰かれに会ったけど、みんなもう大にこにこで大満足でしたよ。東京はやめられない。
もっと強い相手、前からがしがし来る相手に対してはどうだろうとか、いろいろ考えるけどね。取りあえず今日のところは、これで。

|

« 6.9の晩ご飯 | トップページ | 6.11の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/15435904

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 J1 第14節 清水エスパルス vs. FC東京:

« 6.9の晩ご飯 | トップページ | 6.11の晩ご飯 »